シンポジウム<満洲研究のフロンティアをもとめて-『「満洲」の成立』を手がかりとして> 

安冨歩・深尾葉子編『「満洲」の成立』(名古屋大学出版会)が昨年刊行されました。この領域に関しては、これまでも様々な画期をなす研究がありましたが、本書はひときわ大きな波紋を投げかけたと思います。そこで、そのような思いを同じくするものたちが集まり、「満洲研究のフロンティアをもとめて-『「満洲」の成立』を手がかりとして」という本書の合評会的なシンポジウムを企画しました。本書は何を達成し、ここからどのような展開が可能かという問題意識でもって、各領域をリードする中堅の研究者の発題をもとに、本書、ひいては満洲研究に関する議論の場をもちたいと考えています。時間をかけてじっくりと討論しますので、刺激的な議論となることが期待されています。 学期末のお忙しい時期とは思いますが、皆様ふるってご参加ください。

日時 7月31日(土)午後1時~5時・ 会場 大阪大学 中ノ島センター10F 佐治敬三メモリアルホール 

<プログラム>
1.問題提起(午後1時~午後3時)
松重充浩(日本大学) 『満洲の成立』と新たな近現代中国東北地域政治史研究の課題
劉建輝(日文研) 清王朝以後、満州国以前――東北の大地で何が起こったのか  
松本俊郎(岡山大学) 中国東北近代史研究の分析射程  
西澤泰彦(名古屋大学) 近代空間を考える   
井上徹(大阪市立大学) 華南から考える

2.総合討論(午後3時15分~午後5時)フロアーからの質問・コメント執筆者からのレスポンス 

<問い合わせ先>蘭信三araragi[a]sophia.ac.jp
上田貴子uedanota[a]kindai.ac.jp
*シンポジウム、懇親会へ参加ご希望の方は7月25日までにお申し込みください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-07-01 06:29 | 学術交流
<< 中国現代史研究会例会(7月9日) 中国現代史研究会例会(6月25日) >>