中国現代史研究会例会(12月10日)

日時:12月10日(金)18:00~21:00

報告題目: 『近きに在りて』戦後満洲史研究特集号(第57号)書評

6時~:書評報告(簡単な質問含め各20分)
・湯川真樹江
『満洲国における「安全農村」の建設と朝鮮人農民--濱江省珠河県河東村を中心に』(朴敬玉)
・藤井元博
『アメリカの戦後「満洲」政策--「伝統的方針」の終焉へ』(松村史紀)
・関智英
『国共内戦期東北における中共メディアと宣伝』(梅村卓)
・加島潤
『新兵動員と土地改革--国共内戦期東北解放区を事例として』(角崎信也)
『内モンゴルにおける国営農牧場と「生産建設兵団」に関する考察--経済的統合の視点から』(仁欽)
(休憩10分)
7時50分~:全体討論

会場:明治大学駿河台研究棟4階第2会議室
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-12-01 14:18 | 学術交流
<< 日本台湾学会第8回関西部会研究... 司法の役割と市民社会の構築につ... >>