「東アジア映画史研究へのあらたな視座」

「東アジア映画史研究へのあらたな視座
――三澤真美恵氏著『「帝国」と「祖国」のはざま――植民地期台湾映画人の交渉と越境』をめぐって――」
(関西大学東西学術研究所例会・科研基盤研究(C)[00340646]研究会、協賛:中国文芸研究会)

日時 2011年1月22日(土)13時00分~16時50分
場所 関西大学東西学術研究所(児島惟謙館)2階第2会議室
*阪急千里線「関大前」駅北改札口より徒歩約10分
*キャンパスマップ http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html(マップ14番の建物)

第Ⅰ部 三澤真美恵氏著『「帝国」と「祖国」のはざま―― 植民地期台湾映画人の交渉と越境』をめぐって

趣旨説明・問題提起  菅原慶乃(関西大学)
張新民(大阪市立大学)「劉吶鴎の上海」
韓燕麗(関西学院大学)「日中戦争期の重慶における台湾人の映画活動」

第Ⅱ部 東アジア映画史の問題と可能性――全体討論

*当日はご著者の三澤氏も参加されるご予定です。
*会員以外の方もご自由にご参加ください。
*参加費は無料です。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2011-01-12 08:44 | 学術交流
<< 辛亥革命百周年記念日本会議 分... 中国現代史研究会例会(1月28日) >>