第21回近現代東北アジア地域史研究会大会のお知らせ

日時:2011年12月17日(土) 10:00~17:30
場所:近畿大学本部キャンパスBLOSSOM CAFE3F 多目的ホール
※当日は非会員の方も参加可能です(但し、資料代1000円が必要です)。

【午前の部】
 1.「開会の辞」
 2.個別報告〔報告者名(所属)「報告タイトル」〕
 (1)蕭 建業 (Victor Seow)氏:(ハーバード大学東アジア言語文明研究科 博士課程)
    「大戦間の燃料不足と撫順オイルシェール企業」
 (2)日比野 利信氏:(北九州市立自然史・歴史博物館)
    「旅順博物館所蔵満鉄写真の可能性」
 【午後の部】
 1.総会
 2.個別報告
 (3)衣 保中氏:(吉林大学東北アジア研究院研究員・京都大学地域研究統合情報センター外国人研究員)
    「『図們江中韓界務条款』調印の経緯とその評価の研究」
 3.シンポジウム:
〈旧満洲ロシア系ディアスポラ社会の内部構造と対権力関係―境界の流動性とネットワーク〉
 (1)趣旨説明 上田 貴子氏:(近畿大学文芸学部)
 (2)個別報告
  ・生田 美智子氏:(大阪大学言語文化研究科)「ハルビンにおける二つのロシア」
  ・阪本 秀昭氏:(天理大学国際学部)「満洲から移住した正教古儀式派教徒礼拝堂派のネットワーク―ロシア・アメリカ・カナダ・南米―」
  ・藤原 克美氏:(大阪大学世界言語研究センター)「1930年代のチューリン商会」
 (3)コメント
  ・井村 哲郎氏:(国際日本文化研究センター)
  ・坂部 晶子氏:(島根県立大学総合政策学部)

 4.「閉会の辞」

詳細は本会ホームページをご覧ください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2011-11-16 15:09 | 学術交流
<< アジア政経学会 第7回定例研究... 研究会のご案内 >>