アジア政経学会 第7回定例研究会開催のお知らせ

日時:2011年11月19日(土)13:00~15:00
場所:慶應義塾大学三田キャンパス「南館」4階「Meeting Room」 

報告1:
 報告者:松村史紀(宇都宮大学)
 題 目:「戦後」と「冷戦」の結節点―中ソ友好同盟相互援助条約の史的考察
 コメンテーター:高原明生(東京大学)

報告2:
 報告者:清田智子(拓殖大学国際協力学研究科博士後期課程)
 題 目:兵器開発における技術依存の再検討―インドの軍用機開発を事例に
 コメンテーター:竹中千春(立教大学)

 司 会:金子芳樹(獨協大学)

問い合わせ先:
 定例研究会運営委員会:金子芳樹:ykaneko[a]dokkyo.ac.jp

*なお、第8回定例研究会は2012年4月に開催予定です。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2011-11-17 00:09 | 学術交流
<< 2012年総会シンポジウムのご案内 第21回近現代東北アジア地域史... >>