東海地区例会のお知らせ

日時:2012年2月18日(土)
 時間:13:30~16:30
 場所:愛知学院大学 楠元学舎 歯学部第一講義室
    (会場までの詳細は、http://www.aichi-gakuin.ac.jp/access3.html) 

報告者:
  ①林雪星氏(東呉大学日本語文学系教授)
   報告:近代日本と台湾―謝介石と鐘理和との対話から―
   *日本語で報告します。
  
  ②儞仲俊氏(開南大学観光与餐飲旅館学系助理教授)
   報告:日本の植民地体験の記録と台湾人のアイデンティティーの構築

  ③謝政諭氏(東呉大学政治系教授)
   報告:台湾人のアイデンティティーから出た「千層派」

報告者略歴
・林雪星氏:東呉大学東方語文学系文学士、広島大学日本地域研究所国際学修士、東呉大学日本語文学系博士班文学博士。現在東呉大学日本語学科主任。『日本文摘』の編集に携わり、シンガポール大学で教鞭を執った。台湾日語教育学会理事、考試院専門職業及技術人員普通考試導遊人員考試第二口委員を歴任。

・儞仲俊氏:ペンシルバニア大学歴史学博士。開南大学観光与餐飲旅館学系助理教授、中華民国人文科学研究会理事を務める。

・謝政諭氏:国立政治大学法学博士、シカゴ大学、プリンストン大学、香港事中文大学訪問学者。東呉大学発展処処長、中華民国民族主義学会理事長、中華民国ボーイスカウト総会秘書長を歴任。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2012-02-09 23:54 | 東海地区例会案内
<< 特別講演会「現代中国とアメリカ... 神奈川大学中国語学科主催シンポジウム >>