日中関係を考える講演会

日中関係を考える講演会

 日中国交回復40周年の本年、日本と中国の関係は40年来最悪の状態になっています。なぜこのような事態に立ち至ったのか、今後の日中関係はどうあるべきか、日本現代中国学会関西部会はこの問題を考える講演会を企画しました。 会員以外の方の参加も歓迎いたします。

■講師 毛里和子氏(早稲田大学名誉教授 日本現代中国学会顧問)
■演題  2012日中衝突を考える

■日時 12月15日(土)午後4時より6時まで(質疑応答時間含む)
■会場 龍谷大学大阪梅田キャンパス研修室(電話:06-6344-0218 )
〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階

・JR「大阪駅」桜橋出口より徒歩4分
・大阪市営地下鉄四つ橋線「西梅田駅」3番出口すぐ、地下通路で直結
・阪神電車「梅田駅」より徒歩すぐ

■入場無料


■主催 日本現代中国学会関西部会


■連絡先
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22大学生協学会支援センター内
日本現代中国学会事務局
TEL 03-5307-1175
genchu[a]univcoop.or.jp
[PR]
by yukiko_sakaida | 2012-11-16 09:22 | 学術交流
<< 第22回近現代東北アジア地域史... 一橋大学国際交流セミナー 「満... >>