第22回近現代東北アジア地域史研究会大会のお知らせ

日時:2012年12月8日(土) 10:00~18:00
場所:國学院大学渋谷キャンパス120周年記念1号館 1104教室[午前]/1103教室[午後]

【午前の部】10:00(受付開始9:30)~12:10
1.「開会の辞」
2.個別報告 報告者(所属)「報告タイトル」1104教室(10:00~12:10)

(1) 通堂 あゆみ氏(武蔵高等学校中学校教諭)
    「『帝大モデル』移植からみる植民地朝鮮の医界と学閥について」

(2) 梅村 卓  (明治学院大学非常勤講師)
   大沢 武彦(国立公文書館 公文書専門官)
   松村 史紀(宇都宮大学国際学部講師)
    「『戦後満州』という問題設定(仮)」

【午後の部】13:30~18:00
1.総会(事務局「会務報告」)(13:30~14:00)場所:1103教室
2.シンポジウム
(1)テーマ 満洲国史研究の現状と課題-研究史の総括と今後の展望
(2)報告タイトル:報告者(所属)
    経済史:平山 勉 (映画専門大学院大学准教授)
    外交史:鈴木仁麗(早稲田大学中央ユーラシア歴史文化研究所招聘研究員)
    政治史;樋口秀実(國學院大學文学部准教授)
(3)全体討論

3.「閉会の辞」
[PR]
by yukiko_sakaida | 2012-11-19 20:12 | 学術交流
<< 滋賀県立大学における国際シンポ... 日中関係を考える講演会 >>