日中関係を考える講演会

日中国交回復40 周年の本年、日本と中国の関係は40 年来最悪の状態になっています。
なぜこのような事態に立ち至ったのか、今後の日中関係はどうあるべきか、日本現代中国
学会関西部会はこの問題を考える講演会を企画しました。
会員以外の方の参加も歓迎いたします。

■講師 毛里和子氏(早稲田大学名誉教授 日本現代中国学会顧問)

■演題 2012 日中衝突を考える

■日時 12月15日(土)午後4時より6時まで(質疑応答時間含む)

■会場 龍谷大学大阪梅田キャンパス研修室(電話:06-6344-0218 )
〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14 階
http://www.ryukoku.ac.jp/osaka_office/access/index.html
・JR「大阪駅」桜橋出口より徒歩4 分
・大阪市営地下鉄四つ橋線「西梅田駅」3 番出口すぐ、地下通路で直結
・阪神電車「梅田駅」より徒歩すぐ

■入場無料

■主催日本現代中国学会関西部会

■講師紹介
中国政治研究。著書『現代中国政治第三版』(名古屋大学出版会2012 年)、『日中関係』(岩波新書2006 年、石橋湛山賞受賞)ほか多数。2006 年福岡アジア文化賞受賞。2011 年文化功労者。2004 年- 2006 年日本現代中国学会理事長、2012 年より同顧問。

■主催団体紹介
1951 年創立。略称は現中学会。会員約700 人。日本における最古、最大の現代中国研究団体の一つ。年一回の全国学術大会開催、研究年報『現代中国』発行のほか、関東、関西、東海、西日本に地域部会を置き、活発な研究活動をおこなっている。

■連絡先
〒166-8532 東京都杉並区和田3 - 30 - 22 大学生協学会支援センター内
日本現代中国学会事務局
TEL 03-5307-1175 genchu#univcoop.or.jp
[PR]
by yukiko_sakaida | 2012-12-09 02:43 | 学術交流
<< 第4回 中国世論研究会 公開研... 東海地区例会のお知らせ >>