特別例会:グローバリゼーションと中国「新左派」

中国現代史研究会では、京都民科歴史部会との共催で「特別例会」として
下記のシンポジウムを企画しました。皆さま奮ってご参加ください。

*********************************
《テーマ》グローバリゼーションと中国「新左派」

 グローバリゼーションが進行する世界においてますます存在感を強めている中国では、文革も含めた毛沢東期の歴史をまるごと肯定する「新左派」が台頭しつつあります。この中国版「歴史修正主義」は、何を背景として成立し、何を目指し、社会にどのように受け止められているのでしょうか。
本シンポジウムでは、グローバリゼーション・歴史・思想・現状分析といった多角的な視点から、中国の「いま」を捉えたいと思います。 皆さま奮ってご参加ください。

●日時:2013年4月27日(土) 13:30~17:30
●場所:京都府立大学 合同講義棟2階 第2講義室
(京都市営地下鉄烏丸線「北山」駅下車、南へ600m)
 

●報告者
 緒形康「グローバル中国のイデオロギー装置」
 石井知章「中国現代政治思想の再検討:新左派とリベラル派の論争を中心に」
 梶谷懐「グローバリゼーションと『中国モデル』」
 山下範久「『リオリエント』以後の世界システム論と中国」

●コメンテーター:小林啓治


《問い合わせ先》
三品英憲(mishina[a]center.wakayama-u.ac.jp)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2013-03-28 08:21 | 月例会・総会案内
<< 東海地区例会のお知らせ 「友人の皆様へ──日中両国の領... >>