関西日中関係学会 2013年度秋季研究例会のお知らせ

関西日中関係学会 2013年度秋季研究例会のお知らせ

下記の通り、2013年度秋季研究例会を開催いたしますのでふるってご参加下さい。
今回は、2部構成にしています。
第1部では、現在神戸大学で中国語を教えておられる史桂芳先生をお招きして、現在の中国の若者、学生たちが日本をどう見ているのかについてお話をしていただきます。      
第2部では、去る8月に逝去された竹内実先生の思い出やお仕事について会員の皆様からお話をしていただくことにしました。皆様のご参加とご発言を期待しております。

                      2013年8月29日
                    関西日中関係学会会長 安井三吉

日時:10月12日(土) 2時―5時
会場:神戸中華総商会会議室(中央区海岸通3-1-1、KCCビル10階)
   JR元町駅西口から南へ、南京町西門を横に南へ5分
会場費:未会員の方は500円

2時 開会
第1部報告
 史桂芳(北京・首都師範大学教授)
  「今日の中国の学生の対日観」
第2部「竹内実先生を語る」
 德田一彦「小さな出会い 大きな別れ」
 蔣海波 「就活する孔子さま―竹内先生の『さまよえる孔子 よみがえる論語』を読んで」
 劉燕子 「海内存知己―竹内先生を偲び」
 安井三吉「竹内先生と毛沢東」
   
終了後 懇親会(会費=4000円、予定)

問い合わせ先:神戸華僑歴史博物館(林)
       電話:(078)331-3855
       FAX:(078)331-9530
    ご返事(FAXにて、10月9日までにお願いします)

例会 :  参加・不参加
懇親会:  参加・不参加

お名前:              (会員・未会員)
電話 :(   )   ―
[PR]
by yukiko_sakaida | 2013-09-02 02:13 | 学術交流
<< 東海地区例会のお知らせ 【第7回国際セミナー「現代中国... >>