現代中国拠点連携シンポジウム(12月7日 京都大学)のご案内


 人間文化研究機構(NIHU)による現代中国地域研究プログラムでは、これまで
も年に1度、拠点合同のシンポジウムを開催して参りましたが、本年は12月7日に
京都大学で下記の要領で第6回シンポジウム「人民共和国史――今どこまで解明さ
れるのか」を開催する運びとなりました。ここにご案内申し上げます。

 60年を超える中華人民共和国の歩みは、多くの謎をはらみながらも、「当代
史」としてすでに歴史研究の対象になっています。このたび、日中双方の第一線
の現代史研究者によるシンポジウムを下記のとおり開催することとなりました。
中国側の代表は、官製の歴史観からの自立を目指す華東師範大学(上海)の中国
当代史研究センターです。精力的な史料発掘と独自の研究視点に支えられた同セ
ンターの研究者とともに、激動の人民共和国の歴史が今どこまで解明されている
のか、その最先端の成果を示すとともに、残された課題解明への展望を探りま
す。講演、質疑応答には、日本語・中国語の同時通訳がつきます。

           記

タイトル:「人民共和国史――今どこまで解明されるのか」
日時:2013年12月7日(土)13:30 - 17:30
場所:京都大学 時計台記念館百周年記念ホール
公開講演:
 (1) 久保 亨 (信州大学教授)「1950年代の中国経済と日中関係」
 (2) 楊 奎松 (華東師範大学教授)「20世紀中国知識人の政治選択」
パネル・ディスカッション(司会:石川禎浩〔京都大学教授〕)
 コメント(服部龍二〔中央大学教授〕、江田憲治〔京都大学教授〕ほか)

言語:日本語・中国語(日中同時通訳あり)
参加費無料、事前申込み不要

主催:人間文化研究機構(NIHU)現代中国地域研究拠点連携プログラム
共催:京都大学人文科学研究所

問合せ先:京都大学人文科学研究所附属現代中国研究センター
   tel. 075-753-7091
mail: genchu[@]zinbun.kyoto-u.ac.jp)

講演者情報や場所(地図)などはhttp://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~rcmcc
/20131207sympo.pdfをご覧ください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2013-11-10 18:15 | 学術交流
<< 11月例会のご案内 第6回 韓日両地域中国近現代史... >>