ワークショップ「20世紀中国政治史像の再構築―学際的・史料学的探究と対話の試み」

ワークショップ「20世紀中国政治史像の再構築―学際的・史料学的探究と対話の試み」
主催:NIHU現代中国研究・東洋文庫拠点(政治史資料研究班)
共催:大阪大学政治史研究会/21世紀課題群と中国(大阪大学未来研究イニシアティブ)

西村成雄『20世紀中国政治史研究』(放送大学教育振興会2011),浅野亮・川井悟編『概説近現代中国政治史』(ミネルヴァ書房2012)の二著を素材に,20世紀中国政治史像の再構築に関わる視角と方法,およびそれを担保する史資料の意味を考える。

2014年3月8日(土)
大阪大学豊中キャンパス,豊中総合学館4階L5教室
12:30-13:30に入館ください(土曜日のため豊中総合学館玄関扉は電子制御されています)。

第一部
13:00趣旨説明 田中仁(大阪大学法学研究科教授)
13:20-13:40 報告Ⅰ 西村成雄(放送大学教養学部教授)
13:40-14:00 報告Ⅱ 浅野亮(同志社大学法学部教授)
14:00-14:20 報告Ⅲ 川井悟(プール学院大学国際文化学部教授)
報告ⅠⅡⅢ 著者が語る両著が描く20世紀中国政治史の視角と方法,政治史の叙述と研究における史資料の意味
14:30-14:45 ディスカッサントⅠ 瀧口剛(大阪大学法学研究科教授)
14:45:15:00 ディスカッサントⅡ 金子肇(広島大学文学研究科教授)
ディスカッサントⅠⅡ 両著を読み解きながら考えたこと
休憩(15:00-15:30)
第二部
15:30-17:30 討論 司会:土田哲夫(中央大学経済学部教授)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2014-03-05 01:56 | 学術交流
<< 「河野談話の維持・発展を求める... 愛知大学ICCS国際シンポジウ... >>