日中戦争に関する国際共同研究・台北会議 報告者募集のお知らせ

日中戦争に関する国際共同研究・台北会議 報告者募集のお知らせ

 日中戦争に関する国際共同研究・台北会議が2015年12月に開催されることになりました。この日・中・米等の各国研究者による日中戦争に関する国際共同研究は2000年に開始され、すでに5回の
国際会議を開催し、各国語による論文集を刊行しております(別記参照)。次回会議も若手の報告者を公募することといたしました。
 下記の応募要項を御参照の上、積極的に応募して下さることをお待ち申しあげます。

     2014年7月12日
                 日中戦争に関する国際共同研究日本組織委員会
                      (代表:久保亨・波多野澄雄・西村成雄)

                    記
1.会議日程・場所:2015年12月18~20日(予定)、中央研究院(台北)
2.会議テーマ:日中戦争終結前後のアジア情勢(地域的には日本、中国、朝鮮半島、ロシア、東南アジアを含みます)
3.募集人員:若干名
4.応募資格:応募時点で,以下のいずれかに相当する方。
(1) 国内の大学や研究機関に所属するPD研究員・非常勤講師等。
(2) 国内の大学や研究機関に在籍する博士課程大学院生。
5.経費負担:往復航空券(エコノミークラス)、会議期間中の諸経費を主催者が負担
6.使用言語:日本語・中国語・英語(通訳が用意される予定)。
7.応募期間:2014年7月20日~2014年9月30日(締切厳守)。
8.応募書類:
(1) 氏名、所属、連絡先(メールアドレス、住所、電話番号)
(2) 報告テーマと報告要旨(300字程度)
(3) 主要業績一覧(書式随意)
9.応募方法: 応募書類をメールにより事務局(久保亨kubot[a]shinshu-u.ac.jp)に送信。
10.選考方法:組織委員会による審査の上,決定。
11.結果発表:2014年10月末までにメールで通知。
12.準備報告:事前に研究会での準備報告をお願いする予定です。
13.報告論文:中国語換算2万字以内。2015年10月末日締切(予定)
14.問合せ先:台北会議組織委員会事務局(久保亨kubot[a]shinshu-u.ac.jp)。

別記:日本語による論文集は下記のとおり(いずれも慶應義塾大学出版会刊)
 姫田光義・山田辰雄編『中国の地域政権と日本の統治』2006年
 波多野澄雄・戸部良一編『日中戦争の軍事的展開』2006年
 E.ヴォーゲル・平野健一郎編『日中戦争期中国の社会と文化』2010年
 西村成雄・石島紀之・田嶋信雄編『国際関係の中の日中戦争』2011年
 久保亨・波多野澄雄・西村成雄編『戦時期中国の経済発展と社会変容』2014年
                                    以上
[PR]
by yukiko_sakaida | 2014-07-18 10:08 | 学術交流
<< 日本上海史研究会主催、中日文化... 台湾史研究会 7月例会会場 >>