『図像資料の研究を考える-戦争と生活』

『図像資料の研究を考える-戦争と生活』

日時:2014年12月6日(土)13:00~18:00

場所:神奈川大学横浜キャンパス 1号館301会議室

報告:
『イギリスの写真雑誌『ピクチャー・ポスト』に見る第二次世界大戦下の「ニッポン」』 杉村使乃(敬和学園大学)
『占領者日本の「支那」女性像と抗戦中国の女性像:『北支画刊』・『北支』と『良友』から考える』 松本ますみ(室蘭工業大学)
『雑誌『兵隊』(1939年~1944年)の図像資料について』 大里浩秋(神奈川大学)
『日本の家庭科教科書と台所の文化の変容』 須崎文代(非文字資料研究センター)

コメンテーター:加納実紀代(元敬和学園大学) 池川玲子(実践女子大学) 孫安石(神奈川大学) 内田青蔵(神奈川大学) 村井寛志(神奈川大 学) 


その他詳細は、当センターホームページをご参照ください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2014-11-12 17:13 | 学術交流
<< 台湾理解を見直すためのワークショップ 中国現代史研究会例会 >>