「香港・雨傘運動から東アジアを考える―香港・中国・台湾・そして日本―」

神奈川大学中国語学科 社会貢献シンポジウム
「香港・雨傘運動から東アジアを考える―香港・中国・台湾・そして日本」

日時:2015年1月15日(木)
会場:神奈川大学横浜キャンパス

第一部 
映像と講演
「香港・雨傘運動を撮って―香港出身の写真家ERICさんに聴く、激動の中の人々の素顔―」
時間: 10:30~12:00、 会場: 17号館215教室
講演:ERIC(写真家)
聞き手:和仁廉夫、村井寛志
※ERICプロフィール:1976年香港生まれ。97年に日本語を習得するため来日。
  「西村カメラ」で写真を学ぶ。
  ホームページ: http://ericolour.com/

第二部
シンポジウム「香港・雨傘運動から東アジアを考える―香港・中国・台湾・そして日本―」
時間: 14:30~17:30、  会場: 23号館304教室
開会の辞: 孫安石(神奈川大学中国語学科)
司会:鈴木陽一(神奈川大学中国語学科)

報告:
1.村井寛志(神奈川大学・中国・香港近現代史)
 「香港近現代史と香港アイデンティティ」 

2.塩沢英一(共同通信)
 「中国大陸側の視点から」

3.和仁廉夫(ジャーナリスト)
「香港の社会運動の視点から」

4.港千尋(多摩美術大学、写真家・著述家)
「対抗運動の視点から―台湾・ひまわり運動との比較―」

※ポスターの写真提供: ERIC

参加無料・予約不要。どなたでも参加できます。

http://www.kanagawa-u.ac.jp/lecture/details_11978.html
[PR]
by yukiko_sakaida | 2015-01-03 17:52 | 学術交流
<< 東洋文庫 研究会のお知らせ 日本アーカイブズ学会 2014... >>