【学部生・院生限定】国際シンポジウムへのご招待

中国現代史研究会会員の皆様

平素お世話になっております。言論NPOの吉崎と申します。
この度、弊団体が開催するシンポジウムへ学生様を無料でご招待させて頂きたく、ご連絡差し上げました。

言論NPOでは、3月20日(金)・21日(土)の2日間連続で、「戦後70年 東アジアの『平和』と『民主主義』を動かす」と題して公開の国際シンポジウムを開催します。アジアトップレベルの有識者が集まるこの議論の場へ、学生様をご招待させて頂きたいと考えております。

1日目の20日(金)は「アジアの民主主義をどう発展させるのか」をテーマに、東南アジアの民主主義大国であるインドネシアから、バリ民主主義フォーラムの主導者でもあるハッサン・ウィラユダ元外務大臣と、同国を代表するシンクタンクのトップらを招き、日本とインドネシア、さらにアジアにおける民主主義の発展と課題について考えます。

2日目の21日(土)のテーマは「北東アジアの平和は誰が構築できるのか」です。日本、中国、韓国、米国、さらにインドネシアの各国より外務大臣経験者やパブリック・ディプロマシーの専門家が参加し、戦後70年を迎えた北東アジアの現状に対する認識、各国の国民世論と外交の関係、さらに民間外交が果たす役割について、外交の現場経験を踏まえた最先端の議論が展開されます。

アジアの政府間関係や外交政策などにご関心のある学生様には有意義な場になると考えております。是非ともご参加いただければ幸いに存じます。

お申込み方法は、下記のURLよりお申込みいただけます。
http://www.genron-npo.net/32021-12.html

ご不明点などございましたら、下記の連絡先までご遠慮なくお尋ねください。
言論NPO事務局
電話:03-3548-0511/担当:佐藤・吉崎

===============================================
◇◆ 3/20・21開催「戦後70年 東アジアの『平和』と『民主主義』を考える」◇◆

【第1日】 「アジアの民主主義をどう発展させるのか -インドネシアとの対話」
◇日   時:2015年3月20日(金)14時30分~17時45分
◇場   所:ホテルオークラ東京 本館2階「エメラルド」
       東京都港区虎ノ門2-10-4 Tel:03-3582-0111
       (地図URL http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/information/access/ )
◇定   員:100名
◇言   語:日本語・英語の同時通訳あり
◇プログラム:
 第1セッション 「日本とインドネシア、二つの民主主義を再考する」
 第2セッション 「アジアの民主政治のための言論と民間の役割」
◇パネリスト:
 (インドネシア)
 ハッサン・ウィラユダ(元外務大臣)
 クトゥト・プトラ・エラワン(平和民主主義研究所エクゼクティブディレクター)
 ラヒマ・アブドゥラヒム(ハビビセンター・エクゼクティブディレクター)
 フィリップ・ベルモンテ(インドネシア国際戦略研究所 政治国際関係部長)
 明石康(国際文化会館理事長、元国連事務次長)
 工藤泰志(言論NPO代表)
  ※その他、日本側パネリスト調整中

【第2日】 「北東アジアの平和は誰が構築できるのか―日米中韓尼、5カ国対話」
◇日   時:2015年3月21日(土)13時30分~17時00分
◇場   所:ホテルオークラ東京 本館1階「曙の間」
       東京都港区虎ノ門2-10-4 Tel:03-3582-0111
       (地図URL http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/information/access/ )
◇定   員:300名
◇言   語:日本語・英語の同時通訳あり
◇プログラム:
 第1セッション 「戦後70年 北東アジアは平和へ動き出せるか」
 第2セッション 「言論外交はアジアの平和構築に寄与できるか」
◇パネリスト:
 韓国:柳 明桓(元外交通商部長官)
 中国:調整中
 米国:ナンシー・スノー(米国社会科学評議会 安倍フェロー)
 インドネシア:ハッサン・ウィラユダ(元外務大臣)
 日本:田中均(日本総合研究所国際戦略研究所理事長、元外務省政務担当外務審議官)
    工藤泰志(言論NPO代表)
  ※その他、日本側パネリスト調整中
[PR]
by yukiko_sakaida | 2015-03-03 21:37 | 学術交流
<< 台湾史研究会4月例会 中国現代史研究会 2015 年... >>