「第Ⅶ回日韓両地域中国近現代史研究者交流会」事務局からのお知らせ(報告者の公募)

「第Ⅶ回日韓両地域中国近現代史研究者交流会」事務局からのお知らせ(報告者の公募)
                              2015.6.20



これまでに2年に一度開催されてきました日韓両地域中国近現代史研究者交流会の第Ⅶ回交流会が開催されることになりました。そこで日本側の報告者を公募いたします。詳細は以下に記載するとおりとなっています。募集期間が短くまことに恐縮ではありますが、是非ともご応募くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。また、お知り合いの方々にもお知らせくださいますよう、お願い申し上げます。



1.日時 2016年1月10日(日)
2.会場 釜慶大学(韓国 釜山広域市)
3.募集の分野 
  中華人民共和国初期史 2名
(1940年代末~1960年代を主たる対象とします) 
4.応募・報告に関するいくつかの条件
  a当日の報告は中国語で行っていただきます。時間は20分程度です。
  b事前に報告ペーパー(論文形式)を提出して頂きます。資料集に掲載致します。字数は中文で最大1万字程度です。
  c報告者の国籍は問いませんが、日本の研究情況をふまえた研究内容であることが望まれます。
  d応募の締め切りは7月31日です。
5.応募に必要な事項
 応募される方は、以下の事項を準備して、上田貴子(近畿大学)uedanota[a]kindai.ac.jpまで、メール添付にて送ってください。
 a氏名、所属、年齢、連絡先(住所、メールアドレス、電話、fax)
b発表題目
 c発表の要旨(日本語、400字程度)
d主要業績の目録(3点以内)
6.選考は準備事務局にて厳正に行い、結果をメールにてお知らせ致します。
7.何かご不明な点がありましたら上田貴子(近畿大学)uedanota[a]kindai.ac.jp までお問い合わせください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2015-06-25 00:25 | 学術交流
<< 新外交フォーラム 第10回セミ...  中国現代史研究会7月例会 >>