中国よ、どこへ行く? 『現代中国のリベラリズム思潮-1920年代から2015年まで』出版記念シンポジウム

現代中国のリベラリズムの多面的な全体像を伝える石井知章編『現代中国のリベラリズム思潮-1920年代から2015年まで』の出版記念シンポジウムが下記の要領で開催されます。ご関心のある方はぜひご参加ください。

         記

タイトル:中国よ、どこへ行く? 『現代中国のリベラリズム思潮-1920年代から2015年まで』出版記念シンポジウム

(明治大学現代中国研究所主催、藤原書店共催)

日時:12月6日(日)、午前9時半~午後5時半
場所:明治大学グローバルフロント1階、多目的ホール(190人)

海外招聘者:張博樹氏(コロンビア大学教授)
記念講演:子安宣邦氏(大阪大学名誉教授)
司会:鈴木賢氏(明治大学法学部教授、明治大学現代中国研究所所長)
通訳:徐行氏(北海道大学アイヌ・先住民研究センター博士研究員)

午前9時半~
シンポジウムの趣旨説明:石井知章(明治大学教授)
記念講演:子安宣邦「公的自由と人間的幸福」
第1部:現代中国のリベラリズム思潮(10:15~12:30)
報告:張博樹(コロンビア大学教授)「天安門事件以降の中国政治思潮」
質疑応答11:40~12:20
昼休み 12:30~13:30

第2部:現代日本における中国リベラリズムの言説空間(13:30~14:50)

及川淳子(法政大学客員研究員)「劉暁波と中国のリベラリズム」
梶谷 懐(神戸大学教授)「『民意』のゆくえと政府のアカウンタビリティ」
質疑応答
(休憩:14:30~14:40)

第3部:現代日本における中国リベラリズムの歴史と思想(14:40~17:00)
王前(東京大学准教授)「西洋思想と現代中国のリベラリズム」
水羽信男(広島大学教授)「一九三〇~四〇年代中国のリベラリズム」
質疑応答
(休憩:15:50-16:00)

緒形 康(神戸大学教授)「『秘教的な儒教』への道」
福本勝清 (明治大学教授)「現代中国における封建論とアジア的生産様式」
質疑応答

第4部:総括討論:張博樹「総括コメント」、および質疑応答(17:00~17:30)
石井知章(明治大学教授)「閉会のあいさつ」(17:30)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2015-11-10 15:25 | 学術交流
<< 《 国際シンポジウム 》抵抗と... 11月例会のお知らせ >>