文革とは何だったのか 文化大革命50周年シンポジウム

とき:2016年10月16日(日)10:00-17:00
場所:明治大学駿河台校舎 グローバルフロント1階 グローバルホール
主催:明治大学現代中国研究所
(入場無料、事前予約不要)

開会の挨拶:石井知章氏

基調講演 :徐友漁氏(10:00〜11:30)
 演題:文革とは何だったのか
              
講演2  :矢吹晋氏(11:30〜12:30)
 演題:中国現代史のなかの文革

昼食(12:30〜13:30)

講演3  :宋永毅氏(13:30〜14:30)
演題:広西チワン族自治区極秘檔案に見る文革大虐殺と性犯罪

総括コメント(14:30〜15:00) 土屋昌明氏

休憩(15:00〜15:20)

総論   :徐友漁氏(15:20〜15:50)     

質疑応答(15:50〜16:50)

閉会の言葉:鈴木賢氏

<登壇者プロフィール>
徐友漁氏 :米国ニュースクール大学客員研究員、元中国社会科学院哲学研究所研究員
矢吹晋氏 :横浜市立大学名誉教授、21世紀中国総研ディレクター
宋永毅氏 :カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校教授
土屋昌明氏:専修大学経済学部教授
鈴木賢氏 :明治大学法学部教授、現代中国研究所所長、北海道大学名誉教授
石井知章氏:明治大学商学部教授、現代中国研究所

<通訳> 徐行氏  :東京大学東洋文化研究所助教
<司会> 及川淳子氏:桜美林大学グローバル・コミュニケーション学群専任講師
連絡先: 明治大学現代中国研究所: china[a]meiji.ac.jp

以上
[PR]
by yukiko_sakaida | 2016-09-11 10:50 | 学術交流
<< 「第12回東京-北京フォーラム... 特別例会開催のお知らせ >>