「第12回東京-北京フォーラム」のご案内




言論NPOは9月27日、28日の2日間の日程で、東京(於:ホテル
オークラ東京、虎ノ門ヒルズフォーラム)にて、今年12回目を迎え
る日中最大の民間対話「東京-北京フォーラム」を開催いたします。

この「東京-北京フォーラム」は、2005年に日中関係が最も厳しい
時に言論NPOが提唱して、北京で立ち上げたもので、両国の困難や
課題解決のための多くの関係者が集まり、本音の議論を行っており
ます。以来この11年間、政府外交が途絶える中でも、この対話は毎
年一度も中断せず続け、2013年の第9回フォーラムでは「不戦の誓
い」で合意するなど、今では両国間の最も有力な民間外交の舞台と
しても注目されています。
今年の「東京-北京フォーラム」は、9月初めに中国杭州で行われ
たG20サミットや、日本での日中韓サミット開催が予定されている
ことも重視し、世界やアジアの政治や経済の不安定化に視野を広げ
て、こうした歴史的な変化をどう考えればいいのか、さらに中国経
済の構造調整を始めとする世界経済の行方や現在、二国間の懸念材
料となっている尖閣諸島問題や、東アジアの平和構築に向けて、両
国の閣僚クラスの政治家や第一線の経営者、中国人民解放軍の関係
者や日本の安全保障の関係者、ジャーナリストなど約80氏が徹底的
に話し合います。

なお、このフォーラムは創設以来、幅広い寄付で運営されており、
参加費(5000円)をご負担いただいております。全額をフォーラム
運営経費に充当させていただきますが、参加いただいた方には、今
回の「第12回東京―北京フォーラム」の報告書を後日送付させてい
ただくほか、言論NPOが展開中の民間外交の様々なフォーラムに
も優先的に御案内させていただきます。是非とも私たちのアジアの
平和に向けたチャレンジにご理解いただければ幸いです。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。


◆お申し込み方法:
参加をご希望の方は、9月21日(水)までに、下記URLからお申込
みください。
http://www.genron-npo.net/12tbf-organization.html
※お申し込み後、言論NPOよりメールで参加費のお振込先をお知らせ
いたしますので、1週間以内に参加費をお振込みくださ


「第12回東京-北京フォーラム」開催概要

◆開催日:2016年9月27日(火)~9月28日(水)
◆会 場:ホテルオークラ東京、虎ノ門ヒルズフォーラム 
◆参加費:お一人5000円、この参加費は全額、今回の第12回東京-
北京フォーラムの運営のために使わせていただきます。
※事前振込制一般参加者の方には「第12回東京-北京フォーラム」
(共同世論調査の内容を含む)の報告書を贈呈させていただきます
(11月末を予定しております)


◆スケジュール
※一部時間は変更になる可能性がございますので予めご了承くださ
い。

9月27日(火)
9:00-12:00  全体会議(於 ホテルオークラ東京)
13:30-17:45   5分科会
「メディア分科会」、「特別分科会」(於 ホテルオークラ東京)
「政治・外交分科会」、「経済分科会」、「安全保障分科会」
(於 虎ノ門ヒルズフォーラム)
※分科会によって会場が異なりますのでご注意ください(分科会会
場は変更の可能性もございます)

9月28日(水)
9:00-12:00   全体会議(於 ホテルオークラ東京)


◆メインテーマ:「アジアや世界の平和と発展に向けた日中協力」

◆各分科会テーマ・パネリスト
-政治・外交分科会:[不安定化する世界や東アジアの平和秩序と
日中の役割]
  【前半】不安定化する世界と平和秩序に向けた大国の責任
  【後半】東アジアの平和で安定的秩序に向けた日中の役割
<日本側>
藤崎一郎(上智大学国際関係研究所代表、前駐米国大使)
石破茂 (衆議院議員、元防衛大臣)
福田達夫(衆議院議員)
高原明生(東京大学教授) ほか
<中国側>
楊伯江(中国社会科学院日本研究所副所長)
趙啓正(中国人民大学新聞学院院長、元国務院新聞弁公室主任)
陳健 (中国公共外交協会常務理事、元国連事務次長、元駐日大使)
周明偉(中国国際出版集団総裁、全国政治協商会議第12期委員)
黄仁偉(上海社会科学院副院長)
呉寄南(上海市日本学会会長、上海国際問題研究院諮詢委員会副主任)
劉江永(清華大学当代国際関係研究院副院長)
呂小慶(中国中日関係史学会副会長兼秘書長)  ほか

-経済分科会:[問われる構造改革の新局面と日中の民間協力]
  【前半】不安定化する世界経済と日中の構造改革の新局面
  【後半】日中の民間協力とアジアの経済成長への貢献
<日本側>
山口廣秀(日興リサーチセンター株式会社理事長、元日本銀行副総裁
長谷川閑史(武田薬品工業株式会社取締役 取締役会長、前経済同友会代表幹事)
森浩生 (森ビル株式会社取締役副社長執行役員)
奥正之 (三井住友フィナンシャルグループ取締役会長)
山﨑達雄(前財務官)
河合正弘(東京大学公共政策大学院特任教授)
槍田松瑩(三井物産株式会社前会長)
守村卓 (三菱東京UFJ銀行顧問)
中曾宏 (日本銀行副総裁)
岡野進 (大和総研専務取締役) ほか
<中国側>
魏建国(中国国際経済交流センター副理事長、元商務部副部長)
常振明(中国中信集団有限公司董事長)
樊綱 (中国経済体制改革研究会副会長、中国(深セン)総合開発研究院院長)
傅成玉(中国石油化工業集団元董事長)
王文彪(億利資源集団董事長)
陳秋途(中国華信能源有限公司(China CEFC Energy Company Limited)董事長)
石東偉(アリババ集団副総裁)
欒日成(中紡集団公司(Chinatex Corporation)総裁)
程虹 (中国企業家倶楽部秘書長)
張燕生(国家発展改革委員会学術委員会秘書長)
江瑞平(外交学院副院長)
李暁 (吉林大学経済学院副院長、中国世界経済学会副会長)
黄暁勇(社会科学院大学院院長、全国日本経済学会副会長) ほか

-安全保障分科会:[北東アジアの紛争回避と平和秩序への道筋]
  【前半】北東アジアでの紛争の危険性と危機管理
  【後半】東アジアの平和秩序をどう実現するのか
<日本側>
宮本雄二(宮本アジア研究所代表、元駐中国大使)
香田洋二(ジャパンマリンユナイテッド株式会社艦船事業本部顧問、元自衛艦隊司令官(海将))
小野田治(ハーバード大学シニア・フェロー、元航空教育集団司令官(空将))
神保謙 (慶應義塾大学准教授)
徳地秀士(元防衛審議官)
東郷和彦(京都産業大学世界問題研究所所長、元外務省条約局長)
中谷元 (衆議院議員、前防衛大臣) ほか
<中国側>
陳小工(元空軍副司令官(中将)、第12期全人代外事委員会委員)
姚雲竹(軍事科学院中米防務関係研究センター元主任・研究員、中国軍事科学学会高級顧問(少将))
朱成虎(国防大学教授(少将))
朱鋒 (南京大学中国南海研究協同イノベーションセンター執行主任、南京大学国際関係研究院院長)
呉懐中(中国社会科学院日本研究所研究員) ほか

-メディア分科会:[問われる国民感情の改善と日中のメディア協力]
  【前半】日中の国民感情はなぜ改善できないのか
  【後半】メディアは日中の課題解決に力を合わせられるか
<日本側>
近藤誠一(近藤文化・外交研究所代表、元文化庁長官)
工藤泰志(言論NPO代表)
小倉和夫(国際交流基金顧問、元駐韓国大使)
大野博人(朝日新聞論説主幹)
杉田弘毅(共同通信論説委員長) ほか
<中国側>
王衆一(人民中国雑誌社総編集長)
孫尚武(中国日報社副総編集長)
王惠 (元北京市新聞弁公室主任)
王文 (中国人民大学重陽金融研究院執行院長、元「環球時報」時事評論員)
李茜 (雲南省政府新聞弁公室主任)
袁岳 (零点有数科学技術董事長)
金瑩 (中国社会科学院日本研究所研究員)
呉学蘭(新華社高級編集員、中国中央電視台(CCTV)特約評論員)
王暁輝(中国ネット総編集長) ほか

-特別分科会:日中の人的交流は両国関係の新風となれるか
    ~生活、就労、観光、留学-民間で進む日中大交流の課
題と展望~
  【前半】両国民間で進む人的移動と交流の実態と課題
  【後半】日中の人的移動を両国関係の追い風にするための何
が必要か
<日本側>
江川雅子(一橋大学教授)
山田啓二(京都府知事) ほか
<中国側>
 調整中


◆言論NPOは、独立の、非営利シンクタンクであり、幅広い寄付を
中心に運営されております。今回の「東京-北京フォーラム」など
言論NPOが実施する、様々なフォーラムや対話(会食を伴わないも
の)は、言論NPOの会員の皆様には原則として無料でご招待させて
いただいております。
これを機会に言論NPOの会員になっていただければ幸いです。是非
ともご検討ください。

言論NPO会員の申し込みはこちらからお願いします。
http://www.genron-npo.net/join/member.html

「第12回東京-北京フォーラム」について、ご不明な点がございま
したら、言論NPO事務局(電話:03-3548-0511/担当:徳永、亀
山)までお問い合せください。

------------------------------------------------------
認定特定非営利活動法人  言論NPO事務局
亀山 伸正 (KAMEYAMA Nobumasa)
forum@genron-npo.net
郵便番号103-0027
東京都中央区日本橋1-20-7
電話:03-3548-0511 FAX:03-3548-0512
------------------------------------------------------------
===============================
[PR]
by yukiko_sakaida | 2016-09-19 00:27 | 学術交流
<< 特別講演会 文革とは何だったのか 文化大革... >>