国際シンポジウム「歴史の越え方―『怨讐の彼方』を目指して―」

日時:2018年2月24日(土)10:00~17:30(9:30開場)
会場:キャンパスプラザ京都 4階 第二講義室

使用言語:日本語(一部逐次訳)
入場無料・事前申込不要・来聴歓迎《詳細はこちら

《プログラム》
10:00 開会挨拶・趣旨説明 山崎有恒(立命館大学文学部教授)
10:10〜11:45 基調講演「台湾史研究の最前線」
  講演  李福鐘(国立政治大学台湾史研究所長)
  講演  李為楨(国立政治大学台湾史研究所副教授)

11:45~13:00  昼休憩

13:00〜15:00 シンポジウム1「留学を通じて歴史認識かく変わりき」
  司会  山崎有恒
  報告  鐘淑敏(中央研究院台湾史研究所副研究員)
  報告  趙明哲(高麗大学校日本研究センター所長)
  報告  劉傑(早稲田大学東アジア国際関係研究所長)
15:00~15:30 コーヒーブレイク

15:30〜17:30 シンポジウム2 「我ら新世代と史料研究」 
  司会  奈良勝司(立命館大学文学部助教)
  報告  陳家豪(中央研究院台湾史研究所博士後研究員)
  報告  李炯植(高麗大学校亜細亜問題研究所教授)
  報告  島田大輔(立命館大学アジア日本研究機構研究員)
17:30 閉会挨拶 山崎有恒



[PR]
by yukiko_sakaida | 2018-02-03 14:20 | 学術交流
<< 第6回アジア・中国学術交流会 東海地区1月例会のお知らせ >>