『近きに在りて』第51号発行のお知らせ

  本研究会が中心となって編集業務を行いました『近きに在りて』第51号(特集:現代中国への問い)がこのたび発行されました。同号の内容は以下の通りです。

特集にあたって 上原一慶
[特集] 現代中国への問い
中国社会主義とは何だったのか―市場経済化の現状から考える 上原一慶
「中国農村変革の試み」研究序説 川井 悟
中国文化大革命再考―研究史の側面から 山本恒人
[論文]
人民元改革と財政・金融政策:地域研究からの視点 梶谷 懐
中国民営企業の代金回収戦略 白石麻保
1930年代前半期東北人「流亡ナショナリズム」の形成―国民政
府「政治統合」と「東北要因」 西村成雄
抗日戦争時期における朝鮮華僑の動態と構造 菊池一隆
「抗戦建国記念日」に関する三大新聞「社論」言説分析 田中 仁
冀察政務委員会の対日交渉と現地日本軍
―「防共協定」締結問題と「冀東防共自治政府」解消問題を中心に 内田尚孝
チンギス・ハン祭祀と日中戦争 田中 剛
清末中国における「社会契約論」受容の諸相 川尻文彦
[特別寄稿]
二十年来の中国現代史研究に対する所感 魏宏運(上田貴子訳)
「党内の第一筆」、百科全書派的学者の真面目―『胡喬木書簡集』について 李良志(小都晶子訳)

[討論のひろば]
「新西山会議」を巡って 加藤弘之
孫文・華僑研究をめぐる神戸の施設と団体 安井三吉・久保純太郎
研究余滴:中国の日本人 副島昭一

[書評]
加茂具樹『現代中国政治と人民代表大会』 渡辺直土

以上
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-08-09 07:05 | 出版案内
<< 2007年度第2回東海地区特別... 台湾史研究会 7月例会 >>