「非文字資料としてのポスターの保存と活用」

神奈川大学非文字資料研究センター・第1回公開研究会
「非文字資料としてのポスターの保存と活用」

日時:2008年10月25日(土) 午後1時~6時
場所:みなとみらいKUポートスクエア

司会:大里浩秋(神奈川大学外国語学部)

報告者(所属)および報告題目

1.田島奈都子(姫路市立美術館)
  「総論:ポスター研究の現状と課題」

2.広田元(高島屋史料館)
  「企業史料館としての立場から:所蔵ポスターの保存・修復・公開」

3.奥野進(函館市中央図書館)
  「公共図書館としての立場から:所蔵ポスターのデジタル・アーカイブ化の試み」

4.貴志俊彦(神奈川大学経営学部)
  「教育研究機関として立場から:満洲(国)ポスターの学術利用の事例」

*セミナー終了後、ランドマークタワーあたりで懇親会を開催します。出席を希望さ
れる方は、貴志までご連絡ください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-09-18 17:42 | 学術交流
<< 10月例会のご案内 連続セミナー「1931年蒋介石... >>