10月例会のご案内

日時:10月4日(土)14:00~17:00

会場:大阪商業大学 4号館 4F 4410

報告:
前田輝人会員(大阪大学DC)
 「1936年~1943年,上海日本人社会の「牽引車」たち」

(要旨)
 1936年,39年,そして太平洋戦争2年目の1943年に,それぞれ出版された3冊の『上海在留邦人人名録』掲載データをパソコンに取り入れた結果,8年間における上海日本人社会のさまざまな変貌を,数字で読みとる作業が可能になった。この報告では,『人名録』3冊中の何れか2冊に「データ数5件」以上が掲載されている33名を3版通期の上海地域社会の「牽引車」として,彼らの果たした役割を分析してみたい。

 コメンテータ:西村成雄会員


 渡辺直土会員(大阪外大DC修了) 「胡錦濤政権の政治思想」

(要旨)
本報告は現代中国政治を思想的課題としてとらえなおすことで、現代中国研究あるいは政治学研究に新たな知見を加えることをねらいとしている。ここでの考察対象は現代中国政治における「正統性」あるいは「正当性」概念にある。第一に現代中国政治に関する先行研究における「正統性」「正当性」概念の相違について分析し、第二に政治学において構築されてきた「正統性」「正当性」概念について、紹介したい。第三に、これと関連して中国における「正統性」をめぐる論説について、内容を考察したい。第四に、胡錦濤政権が提起した「科学発展観」および「和諧社会」論について、とりあげて分析したい。最後に、現代中国政治における支配の「正統性」は何かについて、さらに中国における「正統性」に関する議論を考察し、今後を展望したい。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-09-24 14:28 | 月例会・総会案内
<< 中国現代史研究会例会 「非文字資料としてのポスターの... >>