日中歴史研究者フォーラムのご案内

秋も深まり、皆様におかれましては益々ご清祥のことと存じます。
この度、科学研究費(特別研究促進費)「中国における対日歴史認識および歴史研究動向に関する緊急調査-政府間共同研究・首脳交流を受けて-」は、故・小島朋之先生の遺志を受け継ぎ、国際シンポジウム「日中歴史研究者フォーラム」を下記の通り開催する運びとなりました。
本国際シンポジウムを開催するにあたり、単純な実証研究報告でも、また歴史認識問題を議論するだけのフォーラムでもなく、両者を結合させながら、歴史研究と歴史認識問題の双方をともに議論する場を形成することが一つの大きな目標となっております。
そのため、日中歴史共同研究の最前線にいらっしゃる方々、また日本・中国・台湾の近現代史研究を代表する研究者、そして記憶や歴史をめぐる国際政治を議論している研究者をパネリストとして招待し、議論を深めたいと考える次第です。
皆様におかれましても万障お繰り合わせの上、是非この機会に足をお運びいただけましたら幸いです。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。 

               記
日程:2008 年12月6日(土)・12月7日(日)
会場:慶應義塾大学三田キャンパス 東館6 階G-SEC Lab
※日中同時通訳付き
※詳細は本科研HPをご覧ください。 http://www.kojimatomoyuki.com/ 

参加申し込み: 以下をフォーラム事務局(08history.forum[at]gmail.com)までご返信ください
①お名前、ご所属、ご連絡先(メールアドレス又はお電話番号)
②懇親会(会費制)への出欠

********************************
文部科学省科学研究費(特別研究促進費)
「中国における対日歴史認識および歴史研究動向に関する緊急調査」
(研究代表者:加茂具樹、平成19-20年)
フォーラム事務局(福田)  E-mail:08history.forum[at]gmail.com
********************************
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-11-08 20:07 | 学術交流
<< 楊念群教授の講演会 11月例会のご案内 >>