近現代東北アジア地域史研究会の大会

日時:2008年12月6日(土)(10:00~17:30)
場所:新潟大学五十嵐キャンパス総合教育研究棟D301室

1. 開会の辞

2. 総会(事務局「会務報告」)(10:00~10:20)

3. 個別報告(10:20~12:00)
・ ウネンチ 氏(早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程)
   「内モンゴル東部地域における河川・湖の利権の変容─ジャライト旗の事例を中心に─」
・ 朴敬玉 氏(一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程)
   「1920~30年代〈北満洲〉を中心とする稲作農業の展開」

昼 食 12:00~13:30

・ 麻田雅文 氏(北海道大学大学院文学研究科博士後期課程)
   「中東鉄道の燃料資源をめぐる日中露の相克:1896-1935」

4. シンポジウム「満鉄研究の現在」(14:30~17:30)                   
・報告者:井村哲郎 氏(新潟大学人文学部)
  「満鉄研究の現在-調査活動を中心に-」

・パネラー
    ・柳澤 遊  氏(慶応大学経済学部)
   ・村上勝彦  氏(東京経済大学)
   ・麓 慎一  氏(新潟大学教育学部)

5. 閉会の辞

6. 懇親会(18:00~20:00)
   会場:新潟大学生協第一食堂(予定)
  
 共催:新潟大学Institute for the Study of the 19th Century Scholarship(19世紀学研究所)
 後援:新潟大学人文学部

〔事務局〕
〒186-8601 国立市中2-1 一橋大学経済学部 江夏由樹研究室
近現代東北アジア地域史研究会事務局、広川佐保(hiros[アットマーク]human.niigata-u.ac.jp)
懇親会に参加を希望される方は広川まで御連絡下さい。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-11-24 21:01 | 学術交流
<< 戦後の日中「民間外交」と日中関係 民国史研究会 >>