韓日ワークショップ「東アジアにおける移住民問題と国籍」

日時:2009年5月2日(土) 午前10時~午後6時
場所:ソウル大学奎章閣韓国学研究室
主催:ソウル大学社会学科/日本学術振興会科学研究費補助金・基盤A「17-20世紀
の東アジアにおける「外国人」の法的地位に関する総合的研究(代表:貴志俊彦)

歓迎辞:鄭根埴(ソウル大学社会学科)
基調報告:貴志俊彦(神奈川大学)「東アジア『外国人プロジェクト』の成果と課題」


午前セッション
司会:金鳳珍(北九州市立大学)
発表:朴明圭(ソウル大学社会学科)「ディアスポラと民族正体性」
発表:松原孝俊(九州大学)「『敗戦国』ニッポンに帰りたくなかった日本人」

午後セッション
司会:孫安石(神奈川大学)
発表:李志英(ソウル大学東洋史学科)「19世紀末朝鮮人の間島移住とその地位-越墾朝鮮人に対する清朝の政策を中心に」
発表:朴径泰(聖公会大学社会学科)「韓国華僑の法的社会的地位:過去と現在」
発表:川島真(東京大学)「日本の台湾領有と在シャム華人の動向-誰が台湾人/日本人なのか」
発表:陳来幸(兵庫県立大学)「北東アジアにおける華僑・華人コミュニティ-錯綜する自己認識と相互認識」

討論:朴光鉉(東国大学国文科)、ヘレン李(延世大学国際学科)、李根寛(ソウル
大学法大)ほか2名
[PR]
by yukiko_sakaida | 2009-05-01 20:22 | 学術交流
<< 5月例会のご案内 中国現代史研究会例会(共催:南... >>