神戸華僑歴史博物館創設30周年記念ワークショップのご案内

神戸華僑歴史博物館創設30周年記念ワークショップ
「日本華僑華人関係資料の収集・整理・保存・公開」
 神戸華僑歴史博物館は1979年10月、神戸中華総商会の事業の一環として、同会ビル(KCCビル)竣工とあわせてオープンしました。以来、多くの方々の力に支えられて今年30年周年を迎えます。創設者陳徳仁先生の、ご自身もその一人である神戸華僑の歩みを再現し、後世に伝えて行こうという熱い思いは、この博物館をここまで持続、発展させてきた原動力でした。
 さて、神戸だけでなく、日本華僑華人の歩みをつづる資料は日々大量に作られ、同時に大量に消去されています。日本の華僑華人に関して、どのような資料があるのか、どのように収集され、整理され、保存されているのか、あるいはいないのか、公開はどうなっているのか、そして今日、どのような課題に直面しているのか、一度集まって考えてみようではありませんか。陳徳仁先生の点した灯を受け継ぎ、すこしでも大きくしていきたいという思いが強くあります。
 沢山の方々のご参加と熱い意見交換を期待しています。

日時 10月3日(土)、1時―5時 *会終了後、懇親会
会場 福建会館8階会議室(神戸:JR元町駅西口 山側徒歩5分)
司会 陳來幸(兵庫県立大学)
開会 藍 璞(神戸華僑歴史博物館館長)
問題提起 安井三吉(神戸華僑歴史博物館)
「陳徳仁先生からのメッセージ」
 ◇ゲストスピーチ:濵田英彦・大沢武彦(アジア歴史資料センター)
「アジア歴史資料センターと華僑華人資料データ」
パネルディスカッション  
 パネラー  
伊藤泉美(横浜開港資料館)           
石嘉成 (神戸華僑総会)
陳東華 (長崎華僑総会・「泰益号」子孫)           
  安井三吉(神戸華僑歴史博物館)
  コメンテーター 
   貴志俊彦(神奈川大学)     
 閉会 佐々木衛(神戸華僑華人研究会代表)
 主催 神戸華僑歴史博物館・神戸華僑華人研究会
 共催 日本学術振興会科学研究費基盤C
「アジア・ネットワークの研究」(籠谷代表) 福建会館 (078)341-0736
 協賛 (財)福建会館

問い合わせ先神戸華僑歴史博物館  TEL:(078)331-3855
申し込み先 神戸華僑歴史博物館  FAX:(078)331-9530
[PR]
by yukiko_sakaida | 2009-09-23 00:54 | 学術交流
<< シンポジウム「両大戦間期・第二... 東海地区例会案内 >>