日中国際シンポジウム「21世紀東アジアにおける新たな日中関係―現状と課題」

趣旨
グローバル金融・経済危機は、世界経済における東アジア、とりわけ日本、中国の役割を一段と重くし、両国の連携・協力関係の強化を求めている。人民共和国建国60周年、鳩山政権成立などを経た新たな政治・社会状況も踏まえ、従来の経緯・発想にとらわれない歴史と現状認識に基づく課題の明確化、それに答える新たな日中関係構築について検討する。

日程:2010年1月29日(金)~30日(土)
場所:立命館大学衣笠キャンパス(京都市北区)
主催:立命館大学国際地域研究所・立命館大学人文科学研究所・立命館大学東北アジア地域研究センター


プログラム

第1日目:1月29日(金)創思館カンファレンスルーム


開会・特別講演 10:00-12:00  司会:松野周治(立命館大学国際地域研究所所長)

 挨拶 上田寛(学校法人立命館副総長)
李薇 (中国社会科学院日本研究所所長)

特別講演・発言

張蘊嶺 (中国社会科学院国際学部主任) 「アジア協力体制の推進」
外務省関係者「鳩山新政権の日中関係と東アジア地域協力」(仮) ※依頼中

第1部「東アジア新時代と日中関係」13:00-15:00 

司会:李薇(中国社会科学院日本研究所所長)

報告:
王暁峰(中国社会科学院日本研究所副所長)「東アジア共同体と日中関係」
天児慧(早稲田大学国際学術院教授)「東アジア共同体の新アプローチと日中関係」
王海峰(国家発展改革委員会対外経済研究所国際経済総合研究室主任)
 「東アジア統合における中日関係強化の意義:経済面から」
コメント:
朝海和夫(立命館大学国際地域研究所顧問)
李玉潭 (吉林大学東北アジア研究院教授)
中戸祐夫(立命館大学国際関係学部教授)


第2部「中国グローバル化の歴史的位置と課題」15:30-17:30 

司会:篠田武司(立命館大学人文科学研究所所長)

報告:
孫歌   (中国社会科学院文学研究所教授) 「冷戦イデオロギーと日中関係」
加藤弘之 (神戸大学大学院経済学研究科教授) 「歴史的視点から見た改革開放の30年」
山下範久 (立命館大学国際関係学部准教授)
「近代化、グローバル化、中国化:超長期的観点からみた世界のなかの日中関係」
 コメント:
林来梵  (清華大学法学院教授)
宇野木洋 (立命館大学法学部教授)
李文   (中国社会科学院アジア太平洋研究所政治研究室主任)

レセプション 18:30-20:00 立命館朱雀キャンパス「TAWAWA」


第2日目:1月30日(土)10:00-16:30 西園寺記念館カンファレンスルーム

第3部「グローバル経済危機下の東アジアと日中協力」10:00-12:30 

司会:松下冽(立命館大学国際関係学部教授)

報告:
李向陽(中国社会科学院アジア太平洋研究所所長)
 「グローバル・リバランスと東アジア経済統合:中国の視点」
丸屋豊二郎(ジェトロ・アジア経済研究所理事)「東アジア経済統合とERIAの役割」
張季風(中国社会科学院日本研究所経済研究室主任)
「ポスト金融危機の日本対中直接投資の課題と展望」
コメント:
張建平(中国国家発展改革委員会対外経済研究所国際合作研究室主任)
田中宏(立命館大学経済学部教授)
高屋和子(立命館大学経済学部准教授)


第4部「東アジア共同体構想と日中協力の意義」13:30-16:30

司会:西口清勝(立命館大学経済学部教授)

報告:
庄国土(厦門大学南洋研究院院長)「東アジア経済共同体形成の必然性について」
外務省中国・モンゴル課「日中戦略的互恵関係と東アジア共同体構想」(仮)※依頼中
西澤信善(近畿大学経済学部教授) 「メコン地域開発と日本の国際協力―強まる日中の競合―」
 コメント
劉暁民 (厦門大学南洋研究院教授)
高嶋正晴(立命館大学産業社会学部教授)
白如純(中国社会科学院日本研究所助理研究員)

討論、シンポジウムおよび専門家会議のまとめ

入場無料、通訳あり(日本語、中国語)
参加申込み・問合せ
立命館大学国際地域研究所事務局(担当:上田)
 Tel. 075-465-8244 Fax. 075-465-8245
 E-mail: kokuchi[a]st.ritsumei.ac.jp
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/ras/ras_index.htm
[PR]
by yukiko_sakaida | 2009-12-30 17:27 | 学術交流
<< 1月例会のご案内 2010年総会・研究集会について >>