カテゴリ:ワークショップ案内( 4 )

中国現代史研究会ワークショップのお知らせ

中国現代史研究会ワークショップのお知らせ

「中国研究の方法論を問い直す-『制度』をどう捉えるか-」

今年邦訳が出版され、話題となったダロン・アセモグル、ジェイムズ・A・ロビンソンの著作『国家はなぜ衰退するのか』の中で、王朝時代から毛沢東時代にかけての中国は、絶対主義的な権力の下で、「包括的な制度」の形成が阻害され、うまく近代化=経済発展できなかった典型例として、一貫して否定的に描かれている。
また、現在の急速な経済成長についても、収奪的な政治制度の下で、部分的に包括的な経済制度が導入されたために生じている一時的な現象でしかない、とされる。
  このように長期的な経済発展における「制度」の役割に光が当てられる中で、近現代における中国経済と「制度」との関わりををどう考えればよいのか、改めて注目が集まっているといってよいだろう。今回の中国現代史研究会ワークショップでは、現代中国経済研究と近現代中国経済史の二つの視点から、中国研究にお
ける「制度」の位置づけについて考える。

日時: 2014年1月25日(土)13:30~17:30
場所: 神戸大学大学院経済学研究科会議室(本館二階)
交通: 阪急電車「六甲」駅、JR「六甲道」駅、阪神電車「御影」駅から、
神戸市バス36系統「鶴甲団地」行き乗車、「神大正門前」下車


第一部 13:30~15:00
「書評報告:加藤弘之著『曖昧な制度としての中国型資本主義』について」
報告:       木越 義則会員(大阪産業大学)
リプライコメント: 加藤 弘之会員(神戸大学)

休憩 15:00~15:20

第二部 15:20~16:50
「中国近代史研究と「制度」」
報告:   村上 衛 氏(京都大学)
コメント: 岡崎清宜会員(愛知県立大学非常勤講師)

第三部 16:50~17:30 全体討論

備考:六甲フォーラム共催
[PR]
by yukiko_sakaida | 2013-12-28 23:04 | ワークショップ案内

変動するグローバル資本主義とアジア工業化

世界金融危機以後、欧米および日本経済が低迷する中、中国や インドなど新興国の台頭が世界の注目を集めている。しかしこれらの 国々が世界経済において重要な役割を占めたのは、なにも近年に限ったことではない。
 たとえばポメランツらの提起したGreat Divergenceの議論は、19世紀 初頭にいたるまで世界GDPの過半は中国やインドをはじめとしたアジア経済圏が作り出していたと主張し、大きな論争を巻き起こした。
 これらのアジア経済圏において工業化を遂げた国々は、いずれも人口圧力を抱えた農業中心の経済から出発するという共通点を持ちながら、その工業化のパターンや、世界経済とのリンケージのあり方、あるいは比較優位を持つ産業などの点で、大きく異なる歩みを見せてきた。
このような現在に至るまでの中国とインド、およびその周辺国の経済発展の歩みを比較検討することは、そのまま近代以降のグローバル・ヒストリーにおける各国の発展パターンの多様性について認識することにもつながっていくはずである。
 以上のような問題意識を踏まえ、本ワークショップでは、現状分析と歴史研究、東アジアと南アジアという枠組みを超えた研究者間の対話を通じて、アジアを起点としたグローバルな経済秩序の形成と進化について詳しく検討する。


日 時: 2010年12月5日(日) 14:00-18:00
場 所: 神戸大学瀧川記念学術交流会館
参加費: 無料

報告者:
大原盛樹氏(龍谷大学)「中国とインドの企業成長と市場競争-東アジアの経験との比較」
杉原薫氏(京都大学)「グローバル・ヒストリーとアジアの経済発展径路」
中村哲氏(京都大学名誉教授)「小農社会と複線的工業化」(仮題)

コメンテーター:
秋田茂氏(大阪大学)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-10-16 20:27 | ワークショップ案内

戦後の日中「民間外交」と日中関係

2008年ワークショップ  戦後の日中「民間外交」と日中関係

中国現代史研究会主催
神戸華僑華人研究会・台湾史研究会・日本学術振興会 人文・社会科学振興プロジェクト
「帝国とネットワーク―アジア地域秩序の解明」(代表 籠谷直人)共催

■趣旨:
中国と日本は国交回復までの時期において、日本赤十字を中心とした民間諸団体による引揚げ事業や友好商社を通じた貿易などを行い、国際法上の「戦争状態」の中で活発な「民間交流」を行なった。
1972年に日中が国交を回復し、80年代から90年代にかけての友好期間を経た現在、日中の国民感情はやや複雑な関係にある。毛里和子はそれをそれぞれの国家の外交政治が国民感情によって動かされるようになったと指摘している。
本ワークショップでは、このような現在の状況に鑑み、国交回復以前に日中間で「民間交流」を振り返る企画を準備した。かつて大きな制約の中で行われた日中間の「民間交流」について経験をお話いただき、今後の日中交流のあり方について多角的に考える契機としていきたい。

■時期: 12月20日(土) 13:00~17:00

■会場: 神戸中華会館東亜ホール
■パネラー
金翬氏 (大阪華僑総会名誉会長)
吉澤宏始氏 (日中経済貿易センター元理事長)
土井英二氏 (兵庫県貿易監査役)

■コメンテータ
安井三吉氏 (孫文記念館館長)
森武麿氏 (一橋大学教授)
大澤武司氏 (熊本学園大学講師)

■連絡先
uedanota[at]kindai.ac.jp(近畿大学文芸学部・上田)

*終了後の懇親会(有料)に参加ご希望の方は上記連絡先までお知らせください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-11-25 20:20 | ワークショップ案内

ワークショップ 「世界政治の中の中国」

中国現代史研究会ワークショップ2006

「世界政治の中の中国」

近年来の日中関係は経済面で緊密化しながらも、靖国問題を含む歴史認識問題や「反日デモ」、資源開発問題など多くの緊張要因を孕み、双方の国民感情に齟齬を生じている。同時に、日本国内においても「中国とは何か」「中国をどう見るか」という現代中国認識論に対する関心も高まってきている。本研究会ではこのような時代の要請に応えるべく、「世界政治の中の中国」をテーマにワークショップを開催し、より広い歴史的視野から活発な議論を展開し、中国認識の形成に貢献したいと考えている。

本ワークショップではパネラーとして清末期から現代にいたるまでの第一線の研究者をお招きし、19世紀の帝国主義列強の東アジア進出から20世紀の両大戦期を経て、急速な市場経済化と情報化によるグローバル化の進展という21世紀の世界的潮流の中で中国政治をとらえ、その変容と不変の部分を抽出したい。世界史的な構造変動の中で各時代の政府はどのように対応したのか、歴史研究と現状分析の双方の研究者が一堂に会する本研究会の特徴を活かして、中国政治の「質」をめぐる議論を深化させ、中国再認識の契機にできればと考えている。

■ パネラー
岡本隆司(京都府立大学) 「「洋務」、外交、李鴻章」
土田哲夫(中央大学)  「国際世論と日中戦争」
佐々木智弘(アジア経済研究所)
   「中国共産党の一党支配の変容--市場経済、グローバル化、冷戦崩壊」

■ ディスカッサント
谷渕茂樹 (広島大学大学院)
石黒亜維 (大阪商業大学)
渡辺直土 (近畿大学中央図書館)

■ 司会:安井三吉

■ 日時:2006年12月2日(土)14時~18時

■ 場所:大阪経済大学B32教室

■ 資料代:300円
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-10-10 14:21 | ワークショップ案内