<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

勉強会のお知らせ

来る3月27日、大津で開催される中国現代史研究会総会・シンポジウムにおいて、「近現代中国における『中央―地方』再考――『統合』と『分節化』」というテーマのもと、東京大学から3人の若手研究者を招いて報告していただくことになっております。
http://modernchina.rwx.jp/2006soukai.doc

報告者ならびに報告テーマは、次の通りです。

(1)田原史起(東京大学)
 「中国農村政治の構図─―『農民問題』をめぐる中央,地方,農村リーダー(仮題)」

(2)吉澤誠一郎(東京大学)  「南京国民政府と西北建設」

(3)平野聡(東京大学)
 「中国民族問題の近代的起源――多様性の維持と後発国型国家建設の相克(仮題)」

そのシンポジウムに向けて、今週末の2月25日(土)、「事前勉強会」の開催をすることになりました。

 時間:14:00~17:00 

 会場:京都大学経済学研究所会議室

当日の報告担当者及び参考著書・論文は次の通りです。

(1)田原史起氏の研究に関して(渡辺直土)
 ・『中国農村の権力構造 -建国初期のエリート再編』(2004年 御茶の水書房)
・「村落統治と村民自治 -伝統的権力構造からのアプローチ」
  (天児慧、菱田雅晴編『深層の中国社会』勁草書房、2000年)
・「村落自治の構造分析」(『中国研究月報』639)

(2)吉澤誠一郎氏の研究に関して(石黒亜維)
 ・「西北建設政策の始動―南京国民政府における開発の問題―」
  (『東洋文化研究所紀要 第148冊、2005年12月』)

(3)平野聡氏の研究に関して(寺阪誠記、島田美和)
 ・『清帝国とチベット問題』(名古屋大学出版会、2004年)
 ・「『公正な帝国』から『近代中華帝国』へ―清帝国の統治構造変動と民族問題」
  (『帝国への新たな視座』青木書店、2005年/『歴史学研究』776号、2003年6月)

3月のシンポジウムへの参加・不参加に関わらず、みなさまお誘い合わせのうえ、
どうぞご参加下さいますよう、よろしくお願いいたします。

                   中国現代史研究会有志一同
                     2006年2月20日
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-02-22 23:46 | 月例会・総会案内

セミナー:ユン・チアン『マオ』を読む

このたび、現在話題の『マオ』を読んで、意見交換の機会をもうけることになりました。大阪外大の学内プロジェクトとして実施しますが、オープンセミナーです。興味のある方は皆さんお誘い合わせの上、ご参加ください。パネラー以外にも参加者からの積極的な発言をお待ちしております。



セミナー: ユン・チアン『マオ』を読む

パネラー:西村成雄・安井三吉・田中仁

日時:2006年3月10日(金),14:00-17:00

場所:大阪外国語大学・学術交流室(B棟2階)
      http://www.osaka-gaidai.ac.jp/map1.html

文献:ユン・チアン、J.ハリディ『マオ―誰も知らなかった毛沢東』上下、講談社、2005年

主催:2005年度大阪外国語大学・特別研究2プロジェクト

「現代”中国”の社会変容と東アジアの新環境」(代表者:田中仁)


以上
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-02-12 15:24 | 学術交流

ドイツ中国学術交流

ベルリン自由大学東アジア研究所のクラウス・ミュールハーン氏(現在はフィンランドのTurku大学東アジア研究センター長に就任)を囲む研究会が下記のように予定されています。日本側参加者は主に第一次世界大戦期及びその直後の日本占領下の山東を研究しているメンバーが中心ですが、とくに制限は設けておりません。

 中国-ドイツ関係史の研究状況、史料編纂事業等についてお話いただき、自由に意見交換を行うことになっておりますので、関心のある方はふるって御参加下さい(会場準備の都合がありますので、参加される方は、事前に久保 (tkmst#tcn-catv.ne.jp)(#を@に変えて送信) まで御一報いただければ幸いです)。


日時;2月13日(月)午前10時~12時

場所:東京、駒込、東洋文庫 http://www.toyo-bunko.or.jp/

報告者;Turku大学(フィンランド)東アジア研究センター長のミュールハーン氏

演題;「ドイツ中国学術交流―― ベルリン自由大学東アジア研究所の
ドイツ中国関係史料集公刊事業(青島関連を含む)などを通して」(仮題)

(ベルリン自由大学東アジア研究所の中国学術交流、特に青島などのドイツ中国近現代関係史料集公刊事業などを通じてお話いただく予定です。)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-02-07 10:00 | 学術交流