<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『戦争・ラジオ・記憶』 勉誠出版社

a0050962_6374211.jpg<新刊紹介>
貴志俊彦・川島真・孫安石編『戦争・ラジオ・記憶』(勉誠出版、2006年3月20日、
本体3,500円)
http://www.bensey.co.jp/book/1773.html

<目次>

序言 ――「音」を伝える装置としてのラジオ―― 貴志俊彦・川島真・孫安石

第Ⅰ部 戦争とラジオ
第一章 ラジオ文明とファシスト的公共性 佐藤卓己
第二章 天皇報道とラジオ――「玉音」から「天皇の声」へ 竹山昭子
第三章 東アジアにおける「電波戦争」の諸相 貴志俊彦
第四章 日中戦争と上海の日本語放送 孫 安 石
第五章 中国奥地の日本人捕虜と日本語放送 貴志俊彦
第六章 中華民国の「抗戦教育」とラジオ・映画 貴志俊彦

第Ⅱ部 ラジオと「帝国」
第一章 満洲国とラジオ 川島 真
第二章 ラジオ放送と植民地台湾の大衆文化 李 承 機
第三章 植民地時期朝鮮におけるラジオ放送の出現と聴取者 金 栄 熙
第四章 朝鮮でラジオは何を教えたのか
 ――ラジオを利用した「国語」教育 上田崇仁
第五章 戦後台湾の対外ラジオ放送政策 川島 真
第六章 ソ連軍占領期北朝鮮におけるラジオの成立
 ――一九四五~一九四八年 小林聡明

第Ⅲ部 ラジオ研究著作シリーズ――自著・他著を語る
『現代日本メディア史の研究』 津金澤聰廣
『ブラック・プロパガンダ――謀略のラジオ』 山本武利
『史料が語る太平洋戦争下の放送』 竹山昭子
『声の資本主義――電話・ラジオ・蓄音機の社会史』 吉見俊哉
『20世紀放送史――資料編』 太田昌宏
『ピース・トーク――日米電波戦争』 北山節郎
『もうひとつの昭和――NHK外国放送受信部の人々』 香取俊介
『声の祝祭――日本近代詩と戦争』 坪井秀人
『ラジオ体操の誕生』 黒田 勇
『英語講座の誕生――メディアと教育が出会う近代日本』 山口 誠
『中国広播電視通史』 村井寛志
『ラジオ黄金時代――アメリカのニュース解説者たち』 土屋由香
『戦争とラジオ――BBC時代』 須藤瑞代

第Ⅳ部 ラジオ研究のための資料紹介
NHK放送博物館 中田 薫
逓信総合博物館 石川 研
外務省外交史料館 孫 安 石
防衛庁防衛研究所史料室 孫 安 石
国史館・党史館(台湾) 川島 真
吉林省档案館 野村優夫
中国第二歴史档案館 貴志俊彦
上海市档案館 孫 安 石
北京市档案館 貴志俊彦

東アジア・ラジオ関連年表 佐藤 淳

文献リスト
図版一覧
あとがき
執筆者紹介
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-03-18 06:37 | 出版案内

第四回東海地区特別例会のご案内

以下の要領で第四回東海地区特別例会を開催いたします。奮ってご参加ください。

日時:3月19日(日)13:00~16:00

場所:愛知大学車道キャンパス
(http://www.aichi-u.ac.jp/asp_pub/ftpup/TOPIC261/access.htm)

報告者:
鬼頭今日子氏(本会会員)
(仮題)「日本の中等教育における中国語教育」

加治宏基氏(愛知大学大学院 本会非会員)
「中国の世界遺産政策にみる国連的理念の国内的意義」
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-03-14 06:13 | 東海地区例会案内

現代中国学部主催シンポジウム「日台相互イメージの錯綜」ご案内

愛知大学 現代中国学部主催シンポジウム「日台相互イメージの錯綜」が車道校舎コンベンションホールにて開催!

当日は、3つのパネルセッションと総合討論が行われます。パネラーには、台湾の漫画家・エッセイストの哈日杏子氏など専門家が一同に介し、日台イメージについて幅広く討論します。是非、ご参加下さい。

日時:3月18日(土)10時30分~
1.若者たちの日本/台湾
2.日台相互イメージの錯綜1
3.日台相互イメージの錯綜2
4.総合討論

聴講無料

問合せ先:現代中国学会
       TEL.0561-36-1314
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-03-13 22:14 | 学術交流

日本大学文理学部人文科学研究所共同研究B」班公開研究会

日本大学文理学部「人文科学研究所共同研究B」班(研究代表;松重充浩)では、潘 光哲先生(中央研究院近代史研究所助研究員)をお招きして、以下の要領で公開研究会を開催いたします。 皆様のご参加を心からお待ち申し上げております

連絡担当;松重充浩matusige#chs.nihon-u.ac.jp
             (#を@に変えて送信してください)


「日本大学文理学部人文科学研究所共同研究B」班 公開研究会要領

開催日
 2006年3月16日(木)・開催時間;  17時~19時(16時40分受付開始)

会場
  日本大学文理学部百周年記念館2階第1会議室

報 告 者
 潘 光哲 先生(中央研究院近代史研究所助研究員)

報告題目
 「華盛頓在中國」(通訳付)

参加費; 無料

※研究会終了後、潘先生を囲んでの懇親会(有料)も予定しております。併せてのご参加をお待ちしております。 (以上)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-03-10 22:56 | 学術交流

中国現代史研究会例会

日時: 2006年3月24日(金) 15:00-18:00

場所: 明治大学リバティータワー20階 120RS

 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
     (TEL 03-3296-4545)
   http://www.meiji.ac.jp/campus/suruga.html 

荘司博史氏(東京大学)
 「近代中国における地域企業の展開
       ―民国期山東省維県の企業類型と出資関係」(仮)

陳 謙平氏(南京大学)
 「南京大学民国史研究センターの近況紹介」(予)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-03-08 13:25 | 学術交流

南京大学陳謙平氏講演会のご案内

このたび、下記のように南京大学の陳謙平氏をお迎えして公開研究会(講演会)を開催いたします。ついては、お繰り合わせの上ぜひご出席くださるようお願い申し上げます。

 日 時:2006年3月17日(金)16時~18時

 場 所:中央大学多摩キャンパス研究所会議室2(2号館4階)

 テーマ:中華民国時期の日本の対中国投資について

 講演者:南京大学歴史系教授 陳謙平 氏

 主 催:中央大学共同研究プロジェクト「未来志向の日中関係学」・
         日中関係発展研究センター(責任者:姫田光義)

※中大多摩キャンパスへのアクセス:
 http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_tama_j.html
 多摩キャンパス地図:
 http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/campusmap/tama/index_j.html

 2006年3月7日
          
 連絡担当 土田哲夫
 tsuchy#tamacc.chuo-u.ac.jp
 (#を@に変えて送信してください)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-03-08 13:22 | 学術交流