<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

現代中国学会・関東部会研究会

報告者: 朱瀛泉教授(Prof. Zhu Yingquan)
        南京大学国際関係研究院院長

報告テーマ: 「経済全球化与国際関係
            Economic Globalization and International Relations」
    
     (講演は、英語で行われ、中国語でも説明がなされる予定です)

朱教授は、国際関係史の専門家で、中国国際関係学会副会長であり、『近東危機とベルリン会議』『国際関係史1871-1918年』などの著書・編著があります。現在、中国のCOEともいえる985工程の南京大学での拠点研究(国際関係研究)を進めておられます。

日時:11月15日(水)18:30~20:00
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーション・ルーム3

主催:東アジア・リベラルアーツ・イニシアティブ・現代中国学会
問合せ先:関東部会研究担当幹事 坂元ひろ子・趙宏偉・川島真
         kawashima#waka.c.u-tokyo.ac.jp
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-10-31 17:32 | 学術交流

中国現代史研究会例会

日時:2006年11月17日(金) 18:00~21:00
場所:明治大学リバティータワー20階 120Y教室 
 東京都千代田区神田駿河台1-1 TEL 03-3296-4545

題目::「1930~40年代,福建省龍巖県における国家権力の浸透と地域社会
―社会構造と村落空間構造からみた土地整理事業・保甲制度」
報告者:山本真氏(筑波大学)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-10-31 17:30 | 学術交流

ワークショップ 「世界政治の中の中国」

中国現代史研究会ワークショップ2006

「世界政治の中の中国」

近年来の日中関係は経済面で緊密化しながらも、靖国問題を含む歴史認識問題や「反日デモ」、資源開発問題など多くの緊張要因を孕み、双方の国民感情に齟齬を生じている。同時に、日本国内においても「中国とは何か」「中国をどう見るか」という現代中国認識論に対する関心も高まってきている。本研究会ではこのような時代の要請に応えるべく、「世界政治の中の中国」をテーマにワークショップを開催し、より広い歴史的視野から活発な議論を展開し、中国認識の形成に貢献したいと考えている。

本ワークショップではパネラーとして清末期から現代にいたるまでの第一線の研究者をお招きし、19世紀の帝国主義列強の東アジア進出から20世紀の両大戦期を経て、急速な市場経済化と情報化によるグローバル化の進展という21世紀の世界的潮流の中で中国政治をとらえ、その変容と不変の部分を抽出したい。世界史的な構造変動の中で各時代の政府はどのように対応したのか、歴史研究と現状分析の双方の研究者が一堂に会する本研究会の特徴を活かして、中国政治の「質」をめぐる議論を深化させ、中国再認識の契機にできればと考えている。

■ パネラー
岡本隆司(京都府立大学) 「「洋務」、外交、李鴻章」
土田哲夫(中央大学)  「国際世論と日中戦争」
佐々木智弘(アジア経済研究所)
   「中国共産党の一党支配の変容--市場経済、グローバル化、冷戦崩壊」

■ ディスカッサント
谷渕茂樹 (広島大学大学院)
石黒亜維 (大阪商業大学)
渡辺直土 (近畿大学中央図書館)

■ 司会:安井三吉

■ 日時:2006年12月2日(土)14時~18時

■ 場所:大阪経済大学B32教室

■ 資料代:300円
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-10-10 14:21 | ワークショップ案内

中国現代史研究会例会

日時:2006年10月20日(金) 18:00~20:00

場所:明治大学研究棟(リバティータワー横)4階 第2会議室
   東京都千代田区神田駿河台1-1
   (TEL 03-3296-4545)

題目:「顧頡剛と「辺疆」研究-日中戦争期を中心に-」

報告者:島田美和氏(大阪大学大学院言語文化研究科 博士後期課程)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-10-08 16:22 | 学術交流

3月総会・シンポジューム、自由論題報告者募集

中国現代史研究会では、3月に開催される総会・シンポジュームの自由論題報告者を下記の要領で募集しております。奮ってご応募下さい。

              記

日時:3月23、24日(金、土) (自由論題報告は2日目になります)

場所:KKRびわこ
(会場の詳細は後日お送りする総会・シンポジュームの案内をご覧下さい。)

報告:お一人当たり1時間半程度(質疑応答・討論を含む)

募集締切:10月31日(火)

連絡:上田貴子 uedanota#kindai.ac.jp 
        〒577-8502 東大阪市小若江3-4-1 近畿大学文芸学部
   高屋和子 ka10taka#ec.ritsumei.ac.jp 
        〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1 立命館大学経済学部

*連絡はできるだけE-mailでお願いいたします。
  その他ご存知の事務局員にご連絡頂いても結構です。
*応募者が多数の場合はご報告頂けない場合もございます。ご了承下さい。

以上
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-10-03 13:06 | 月例会案内

会場変更のお知らせ

各位

次回、10月14日の研究会開催の場所を、愛知学院大学栄サテライトセンターとご連絡致しましたが、当日は愛知学院大学の創立記念日のために、愛知学院大学全体の業務がお休みとなり、栄サテライトセンターを使用することが不可能であることが判明しました。

そこで、急遽、馬場毅先生にお願いして、「愛知大学車道校舎一階会議室」で研究会
を開催することになりました。
以上は、私こと愛知学院大学教員の柴田の不手際によるものであり、皆様には深くお
詫び申し上げる次第です。
その他の時間、発表者、発表テーマに関しては従来通りです。
何卒宜しくお願い申し上げます。


2006年度第2回東海地区特別例会のご案内

以下の要領で第四回東海地区特別例会を開催いたします。奮ってご参加ください。

日時:10月14日(土)13:00~16:00

場所:愛知大学車道校舎一階会議室

報告者:
服部隆行氏(愛知学院大学文学部非常勤講師 本会会員)
「『人民日報』からみた建国初期の展覧会―抗米援朝運動と都市部の戦争宣伝展覧会の動向―」
張玉玲氏(南山大学外国語学部非常勤講師 本会会員(予定))
「エスニックチャイニーズと『地域文化』の形成ー観光地『横浜中華街』と『神戸南京町』の比較を通して 」
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-10-03 12:23 | 東海地区例会案内