<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

シンポジウム「神戸華僑の口述記録を残すためにーその意味と方法」の御案内

シンポジウム
神戸華僑の口述記録を残すためにーその意味と方法

 今、神戸華僑1世が生きてきた証しを体系的、継続的に残すことがとても重要だと思います。神戸華僑歴史博物館の活動の一環として聞き書きプロジェクトを起こし、そのためのシンポジウムを開催することになりました。多様な分野の研究者の参加を募り、今後どのような体制及び方法で神戸華僑の聞き書きを行うかを考える機会となることを願っております。対象は1世を中心に行いますが、2~4世等の聞き書きを同時に行い、また新華僑の聞き書きも視野に入れることを考えております。

主催:神戸華僑歴史博物館
後援:(社)中華会舘
協賛:(財)福建会館・(社)兵庫県台湾同郷会・神戸華僑華人研究会

1 テーマ : 「神戸華僑の口述記録を残すためにーその意味と方法」
2 開催日時: 2007年1月27日(土)13:00-17:00
3 場所  : 中華会舘 7階(東亜ホール)神戸トアロード
        〒650-0004 神戸市中央区中山手通2-13-9 Tel. 078-392-27ll
        (阪急三宮駅西口、JR三ノ宮駅西口下車)
中華会舘ホームページ:http://www.zhonghua-huiguan.com    
4 プログラム
 1) 挨拶: 林正茂(神戸華僑歴史博物館 副館長)13:00-13:10
 2) 神戸華僑へのインタービュー 13:10-14:10
      インタビュアー:陳來幸(兵庫県立大学経済学部教授)
司会:呉宏明(京都精華大学教授)
    ① 藍 璞(神戸華僑歴史博物館 館長)   
  ② 王柏林(孫文記念館名誉館長)                 
    質疑応答:14:10-14:20
3)休憩 14:20-14:30
4)発表:(14:30-16:10) 司会:呉宏明        
   許雪姫(台湾・中央研究院台湾史研究所所長)
「異郷における体験―海外台湾人の口述記録(1895-1945)」
【通訳:蒋海波(兵庫県立大学非常勤講師)】
   高橋晋一(徳島大学総合科学部助教授)文化人類学の立場から:口述記録の手引き」
   張玉玲(南山大学外国語学部非常勤講師)「私の居場所はどこか、そしてあるべき姿はなにか― 二世と三世華僑が語る一生から」
成瀬千枝子(関西学院大学非常勤講師)「大阪華僑のライフヒストリ~出会いとその実践の中で思うこと
5.質疑応答:16:15―16:45
6.終わりの挨拶:安井三吉(神戸華僑歴史博物館研究室長)16:45-17:00

(5)懇親会:17:30―19:30 場所:「老房」
〒650-0001神戸市中央区下山手通2-12-9 Tel. 078-331-7050
       会費: 一般:5000円 学生:3000円
   
(6) 問い合わせ先: 神戸華僑歴史博物館
              〒650-0024 神戸市中央区海岸通3-1-1 KCCビル2F
℡ 078-331-3855
Fax  078-331-9530
メール:kobe-ochm.2f@circus.ocn.ne.jp
              http://www16.ocn.ne.jp/~ochm1979/index1.html
    シンポジュウムおよび懇親会の申し込みはファックスでお願いいたします。電話    
   での申し込みはご遠慮ください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-12-29 20:45 | 学術交流

第七回中国近代外交史研究会

報告者
  早丸一真(東京大学大学院総合文化研究科修士課程)
     「出使欽差大臣の洋務-郭嵩助サと曾紀澤-」
  谷渕茂樹(広島大学大学院文学研究科博士課程後期)
     「日清戦争講和にいたる清朝対日外交」

日時: 12月23日(土)10時より12時半
場所: 東京大学駒場キャンパス 二号館3階306室

参加希望者は下記まで事前にご連絡ください。
連絡先:川島真研究室 03-5454-6451
e-mail: kawashima(アットマーク)waka.c.u-tokyo.ac.jp
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-12-19 20:32 | 学術交流

『中華民国史』(南京大学出版社)合評読書会

 張憲文主編『中華民国史鋼』(河南人民出版社、1985年)から20年を経て、南京大学の張憲文教授を中心に編集された『中華民国史』(全四冊、南京大学出版社、2006年)が公刊された。1980年代は民国史研究が提唱され、アメリカや日本でも、張憲文氏の立場とは必ずしも一致しないものの、民国史を推進するという方向性は共有されてきた。日本では、1980年から民国史研究会が国際政治学会の東アジア国際政治史分科会を基礎に組織され、10年間活動した。また『近きに在りて』、Republican Chinaといった学術誌が公刊され、南京大学や華中師範大学を中心とした国際交流が活発に展開されてきた。それだけに、民国史研究の蓄積は目を見張るものがあった。
 しかしながら昨今、1940年代後半や戦後への研究関心の移動などにより、民国史の意義付けや議論の枠組みは変容してきている。そうした中で今回の四冊本が公刊された。これは、1980年代以来の成果をいかに踏まえ、そして現在の研究動向をいかに認識し、そして今後にどのような展望を示しているのか。中国における民国史研究の現状はどのように認識されているのだろうか。
 台湾では、2006年11月4日に「如何看『南京観点』的中華民国史学術座談会」が開催され(中央研究院近代史研究所・中国近代史学会共催)、議論をおこなっている。
 日本の学会においても、本書の内容を受け止め、議論をする機会が必要ではないかと考えた。だが、いずれにしても議論の前に、この四冊を読み込む作業が求められる。そこで、合評読書会という形式で会合をもつこととした。
 今回、報告者の中心をなすのは、民国史研究という潮流を当然のものとして、あるいは過去のものとして受け止めてきた1970年代後半、あるいは80年代生まれの若き研究者たちである。
当日は、多くの方にお越しいただき、分野のみならず、世代を超えた参加者による、さまざまな討論がなされるものと期待したい。(川島 真)

【日時】2007年2月3日(土)10:00~17:30

【場所】東京大学駒場キャンパス18号館4階・コラボ4

【公刊】当日の報告内容は『中国研究月報』に掲載。

問合せ先:
東京大学大学院総合文化研究科・川島真研究室 kawashima(アットマーク)waka.c.u-tokyo.ac.jp
中村元哉 motoya(アットマーク)ba3.so-net.ne.jp 
(参加希望の方は、会場設営がございますので、事前にご連絡をいただければ幸いですが、飛び入り参加ももちろん歓迎します)


<プログラム>
『中華民国史』(南京大学出版社、2006年)合評読書会

 10:00-10:10 川島真「企画趣旨説明」

第一セッション 経済発展とナショナリズム
 10:10-10:30 吉田建一郎(駒澤大学・非)「民国期対外貿易の視点から」
 10:30-10:50 加島潤(東京大学・院)「人民共和国の視点から」
 10:50-11:20 討論

休憩 11:20-11:30

第二セッション 国家と社会
 11:30-11:50 竹元規人(東京大学・院)「学術・思想史の視点から」
 11:50-12:20 吉見崇(東京大学・院)「法制の視点から」
12:20-12:50 討論

昼休み 12:50-14:00

第三セッション 近代中国と国際関係
 14:00-14:20 小林義之(日本財団)「民国前期外交史の視点から」
 14:20-14:50 石黒亜維(大阪商業大学)「民国後期外交史の視点から」
 14:50-15:20 討論

休憩 15:20-15:30

第四セッション 民国史と中国近現代史―連続と非連続―
 15:30-15:50 宮原佳昭(京都大学・院)「辛亥革命と民国史の視点から」
 15:50-16:10 中村元哉(学振特別研究員)・柳亮輔(北海道大学・院)
「民国史と中国革命の視点から」
 16:10-16:30 討論

総合討論 16:30-17:30

*研究会終了後、懇親会を予定しています。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-12-19 20:23 | 学術交流

南京江南近現代史研究会

日時:2006年12月22日(金)

場所:明治大学駿河台校舎大学会館5階第二会議室

15:00~17:00:飯塚靖氏による小島淑男著『近代中国の農村経済と地主制』書評

17:00~19:00:小川唯氏研究報告「1907-1926年浙江省教育会と地域社会」

19:00~:懇親会
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-12-12 10:29 | 学術交流

2006年度第3回東海地区特別例会のご案内

以下の要領で第3回東海地区特別例会を開催いたします。奮ってご参加ください。

日時:12月23日(土)13:00~16:00

場所:愛知大学車道校舎

報告者:

坂本健人氏(愛知学院大学大学院文学研究科 大学院生 本会会員)
「淮軍将領聶士成と東三省辺防問題 -『東游紀程』の検討-」

佐藤一樹氏(愛知大学大学院中国研究科 大学院生 本会会員)
「日中戦争と胡適(仮題)」
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-12-04 23:27 | 東海地区例会案内

第16回近現代東北アジア地域史研究会大会」

*日 時   2006年12月9日(土)10時~18時
*場 所   日本大学文理学部図書館3階オーバルホール
*参加費   非会員の方は資料代として1000円頂戴いたします。

【午前の部】(10時~12時10分)
  1.加藤 直人 氏(日本大学文理学部教授)「開会の辞」       
  2.十河 孝雄 氏(一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程)
      「日中戦争期における満洲と自動車工業: 満洲自動車製造株式会社を中心に」
  3.麻田 雅文 氏(北海道大学大学院文学研究科歴史地域文化学専攻スラブ社会文化論専修博士課程)
      「ダーリニー(大連)の勃興と地域への影響: 中東鉄道の統計資料などを用いて」
※〔以上司会: 広川 佐保 氏(新潟大学人文学部助教授)〕

【午後の部】 (13時20分~18時)
  1. 事務局  「総会」                    
  2.シンポジウム(14時開始)
   【共通テーマ:冷戦期の東北アジア 】
  (1)丸山 鋼二 氏(文教大学国際学部助教授 ※兼司会) 「趣旨説明」
  (2)[報告者・題名]
    ○松村 史紀 氏(早稲田大学現代政治経済研究所助手)
      「東北アジアにおける冷戦の形成: 戦後中国をめぐる国際関係」
    ○松田 春香 氏(東京大学大学院総合文化研究科博士課程・Seoul大学大学院国史学科博士課程)
      「朝鮮半島問題をめぐる冷戦史の研究状況について」(仮)
    ○石川 誠人 氏(立教大学大学院法学研究科博士後期課程)
      「米華関係における『大陸反攻』(一九五八-六二)」
    ○佐橋 亮 氏(東京大学大学院法学政治学研究科博士課程・日本学術振興会特別研究員)
      「『強く、独り立ちした中国』に向かい合うアメリカ:
                     中ソ対立、中国核開発、ベトナム戦争、そして米中和解へ」
  3.山本 有造 氏(中部大学人文学部教授) 「閉会の辞」
※大会終了後懇親会(18時30分~20時30分)を予定しています。
  [会場]日本大学文理学部本館会議室B・C
    [会費]一般 5000円、院生・学部生 3000円
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-12-04 23:23 | 学術交流