<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

中国現代史研究会 例会

日時 7月6日(金) 午後18時~21時
場所 明治大学研究棟2階 第8会議室    東京都千代田区神田駿河台1-1
    TEL 03-3296-4545
   
報告者 章 清(復旦大学教授)
報告題目 「近代中国のリベラリズム思想」
問い合わせ 中村元哉(南山大学)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-06-24 10:27 | 学術交流

中国現代史研究会例会

日時:2007年6月22日(金) 18:00~
場所:明治大学研究棟2階 第8会議室
   

題目:
「国民政府期司法問題についての一試論-1930年代と40年代の比較を中心に-」

報告者:吉見 崇
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-06-16 11:36 | 学術交流

「未来志向の日中関係学」

中央大学共同研究(主催)、日中関係発展研究センター3周年(協力)
記念特別講演会「未来志向の日中関係を考える」


日時 6月23日(土曜日)午後1時開場・1時半開演(4時半まで)

場所 中央大学理工学部(後楽園校舎)5号館


開会の挨拶 酒井正三郎(中央大学商学部学部長)

講師 

入江昭(ハーバード大学教授)「過去の省察から現状を考える」

毛里和子(早稲田大学教授)「日本から見た日中関係の現状と課題」

李廷江 (中央大学教授)「中国から見た日中関係の現状と課題」
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-06-16 11:34 | 学術交流

7月例会

日時:7月7日(土)14:00~17:00

報告:
溝口歩会員(神戸華僑歴史博物館・研究員)
    「英領マラヤにおける華僑農園の形成と発展」

加藤弘之会員(神戸大学)
    「いま中国研究を問い直す」


会場:神戸学院大学ポートアイランドキャンパス
交通:各線「三宮」駅よりポートライナー「市民病院前」下車、西へ徒歩5分
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-06-16 11:33 | 月例会・総会案内

中国現代史研究会例会

日時:2007年6月8日(金) 18:00~
場所:明治大学研究棟4階 第2会議室 
東京都千代田区神田駿河台1-1  TEL 03-3296-4545
   
題目:「『自立』と『連関』
 ――1930年代から1950年代初期にかけてのキリスト教『自立教会』をめぐる宣教師と中国人教会指導者の活動の諸相について」

報告者:土肥歩氏(東京大学大学院)


*現在、中国現代史研究会では、お一人1000円の会費を徴収させていただいております。皆様から集めさせていただきました会費は、郵送費や会場費に使わせていただきます。なお、会費は2~3年に1回、徴収させていただいております。
次回以降の例会にてお納めいただければ、幸甚です。何卒宜しくお願い致します。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-06-03 17:04 | 学術交流

近世東アジアにおける多様な方向性

近世東アジアにおける多様な方向性――中国・日本・朝鮮と西洋との関係において――

The Diversity of Orientations in East Asia in the Early Modern Period
—Focus on the Relationship between Sino-Japan-Korea and the West

時 間:2007年6月29日(金曜日) 午後 1:00~6:30
場 所:弘前大学総合教育棟共用大会議室
主 催:弘前大学人文学部中国思想研究室
後 援:学術国際振興基金、弘前大学人文学部

第一部(Session Ⅰ)
1、井上徹(大阪市立大学大学院文学研究科教授) 
 「華と夷の境界ー明代広東珠江デルタ周辺の反乱情勢」
2、荷見守義(弘前大学人文学部准教授) 
 「明朝辺政における遼東と朝鮮」
3、劉 建輝(国際日本文化研究センター准教授)
 「近世中国の対外文化交渉ー広東十三行を中心にしてー」
4、佐々木力(東京大学大学院総合文化研究科教授)
 「クラヴイツ、デカルト、リッチと東アジアーイエズス会の世界戦略と数学教育」
5、李 天綱(中国復旦大学哲学系教授)                
 「十六、十七世紀東アジアにおける新知識体系ー徐光啓『海防迂説』及びイエズス会士ジョアン・ロドリゲスとの関係」

第二部(Session Ⅱ)
6、董 正華(中国北京大学歴史系教授)
 [近年中国史学研究における近代化パラダイムについての省察]
7、孫江(静岡文化芸術大学准教授)
 「近代知識のハイブリッド性ーー東洋・西洋概念についての一考察」
8、川尻 文彦(帝塚山学院大学准教授)
 「東アジア「近代」の人々は「近世」をどう見たのか」
9、 林少陽:(東京大学教養学部准教授)
 「章太炎の「文」解釈ー近代的な「文学」概念、「言文一致」との関係においてー」

第三部(Session Ⅲ)
10、潘 光哲(台湾中央研究院近代史研究所副研究員)
 「近代新聞雑誌刊行物の研究に関する若干思考」
11、李漢燮(韓国高麗大学校教授)
 「朝鮮における西学漢訳書の伝来についてー奎章閣所蔵西学書を中心に-」 
12、李 梁(弘前大学人文学部准教授)       
 「韓国所蔵漢訳西学書に関する書誌的考察」
13、陳継東(武藏野大学人間関系学部准教授) 
 「明治初期日本僧の北京体験」
14、陳力衛 (目白大学外国語学部教授)
 「明治初期日本人の記録した北京語」

どなたでもご自由にご参加できます。途中参加でも結構です。ただし、途中退席の場合、できればセッションの合間でなされるようお願いします。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-06-03 16:47 | 学術交流