<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

国際シンポジウム「移動する中国ムスリム――ヒトと知識と経済を結ぶネットワーク」

皆様

錦秋の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は大変お世話になっております。

科研プロジェクト「中国ムスリムの宗教的・商業的ネットワークとイスラーム復興に関する学際的共同研究」では、来る11月25日(日)に、早稲田大学国際会議場におきまして、下記のとおり国際シンポジウムを開催いたします。お忙しいなかとは存じますが、是非ご参加ください。

---------【記】----------

国際シンポジウム

「移動する中国ムスリム――ヒトと知識と経済を結ぶネットワーク」

日時:2007年11月25日(日)
会場:早稲田大学国際会議場第3会議室(早稲田大学西早稲田キャンパス)
(詳しくは下記のホームページをご覧ください)
○早稲田大学へのアクセス
http://www.waseda.jp/jp/campus/index.html
○西早稲田キャンパスへのアクセス
http://www.waseda.jp/jp/campus/nishiwaseda.html

(シンポジウムの参加に関しましては、事前予約は必要ございません。)
(シンポジウム終了後、高田馬場から徒歩5分のレストラン「ラージプート」にお
きまして懇親会を予定しております(お一人会費4000円)。懇親会につきまして
は人数を把握する必要がございますので、参加を希望されます方は下記の問い合
わせ先に、11月20日までにご連絡ください。)

-----【プログラム】-----

9:30~9:40   
開会の辞  松本光太郎(東京経済大学コミュニケーション学部)

■第一部:個別発表
司会:松本ますみ(敬和学園大学人文学部)
9:40~10:20
木村自(関西大学文化交渉学研究教育拠点)
  タイトル:中国ムスリムの移住と宗教実践の変容――台湾における雲南ムス
リム・コミュニティの事例から
  コメント:吉田世津子(四国学院大学社会学部)
10:20~11:00   
砂井紫里(早稲田大学文学学術院)
  タイトル:清真寺における共食と国内外ムスリムの交流
  コメント:吉松久美子(作家)
11:00~11:10 コーヒーブレイク
11:10~11:50
アブドゥル・カーディル(西北民族大学社会人類学民俗学学院)
  タイトル:村落の境界と都市在住ウイグル族の地縁ネットワーク
  コメント:王建新(中山大学人類学系)
11:50~12:30
澤井充生(首都大学東京都市教養学部)
  タイトル:清真寺のネットワーク型社会――中国におけるムスリム知識人の
事例
  コメント:高橋健太郎(駒澤大学文学部)
12:30~13:30 昼食
■第二部:パネルディスパッション
「移動する中国ムスリム――ヒトと知識と経済を結ぶネットワーク」
司会:新保敦子(早稲田大学教育学部)
13:30~15:00
パネリスト:
①馬平(寧夏社会科学院回族イスラーム教研究所)
  タイトル:中国回族ムスリムの社会的ネットワークの構造
②張中復(国立政治大学民族学系)
  タイトル:現代イスラーム改革主義の再流入と社会・宗教の復興――現代甘
粛臨夏を事例として
③馬利章(雲南大学外国語学院)
  タイトル:雲南ムスリムのマッカ巡礼記
④松本ますみ(敬和学園大学人文学部)
  タイトル:国境を超えたムスリム女性教育ネットワークとイスラーム・フェミニズムの誕生――中国とマレーシアを比較して
15:00~15:30 コーヒーブレイク
15:30~15:50 コメント  楊海英(静岡大学人文学部)
15:50~17:00 総合討論
17:00~17:10 閉会の辞  梅村坦(中央大学総合政策学部)

18:00頃より懇親会

【問い合わせ先】
シンポジウム実行委員会
muslimsinchina@gmail.com
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-10-31 01:51 | 学術交流

国際共同研究シンポジウム

「清末中華民国初期の日中関係史―協調と対立の時代1840―1931年」

会期:2009年11月3日・4日
会場:東京大学駒場キャンパス◇◇◇◇◇◇講堂

プ ロ グ ラ ム

第1日:11月3日(土)

総合司会:高木誠一郎

午前の部
山田辰雄「趣旨説明」(10:00~10:15)
衞藤瀋吉「基調講演」(10:15~11:30)

昼 食

午後の部Ⅰ
張海鵬<大陸地區的中日關係史研究>(13:00~13:40)
張玉法<臺灣地區的中日關係史研究>(13:40~14:20)
Joshua Fogel, “North American Historiography on Sino-Japanese Relations”(14:20~15:00)

休 憩(15:00~15:30)

午後の部Ⅱ
飯島渉「衛生・近代性・日中関係」(15:30~16:00)
蔡建國<蔡元培双重的日本認識:合作與對立>(16:00~16:30)
陳三井<敵乎?友乎?蔣介石對日本的愛恨情結>(16:30~17:00)
Wen-hsin Yeh, “Collectors, Scholars, Philanthropists, or Chinese and Japanese? Reflections on Chinese-Japanese Interactions in Republican Shanghai”(17:00~17:30)

レセプション(18:00~)


第2日:11月4日(日)

午前の部(10:00~12:00)

第1組「利権と外交」(座長:藤井昇三・高橋伸夫)
Joshua Fogel, “The Voyage of the Senzai-maru in International Perspective”
川島真「制度的に見た租界・租借地・勢力範囲と近代日中関係」
楊天宏〈清季中國“自開商埠”與日本〉
貴志俊彦「1920年代在華無線通信設備をめぐる日中米の相克」

第2組「清末改革と日本」(座長:中井英基・孫安石)
佐々木揚「戊戌変法期における康有為の日本観と「憲法」」
李廷江〈清末軍制改革與日本〉
李細珠〈清末兩次日本憲政考察與預備立憲的師日取向〉

第3組「中国知識人の海外経験」(座長:久保田文次、段瑞聰)
Douglas Reynolds, “In the Beginning: Chinese Literati Discover the Modern World in Meiji Japan,1877-1895” 
容應萸「米国留学派遣に見る19世紀の日米中関係」
深町英夫「留日経験と近代化政策:蒋介石と閻錫山の事例」

昼 食

午後の部Ⅰ(13:00~15:00)

第4組「日中民間接触」(座長:Wen-hsin Yeh, 久保亨)
陳慈玉〈近代中國日資煤礦中的華工〉
Daqing Yang, “The Limits of Business Diplomacy: Japan-China Business
Association (Nikka Jitsugyo Kyokai), 1920-1937

須藤瑞代「北伐期中国を旅した日本人女性――竹中繁と服部升子」

第5組「日本人の中国認識」(座長:小島淑男・趙軍)
孫安石「明治、大正期の外務省の中国への留学生派遣について」
鍾淑敏〈所謂的“漢學家”─日本殖民統治初期活躍於臺灣海峽兩岸的日本人〉
陶徳民「内藤湖南における「支那」論の変遷―対中「後見人」意識の形成をめぐって」

第6組「国民政府と日本」(座長:陳三井・家近亮子)
黄自進「北伐に対する日本政府の対応」
左双文〈北伐出師後蔣介石的對外方略〉
Larry Shyu, “Sino-Japanese Relations during the Early Years of the National Government in Nanjing,1927-1931: Reconciliation or Confrontation?”

休 憩(15:00~15:15)

午後の部Ⅱ(15: 15~17:15)

第7組「日中戦争」(座長:石井明、本庄比佐子)
陳鵬仁「高宗武の訪日について」
呂芳上〈中日戰爭衝擊下國民黨對中共態度的轉變──以蔣介石日記為中
心的研究(1936-1938)〉
服部龍二「広田弘毅と中国」

第8組「近代中国の学術と日本」(座長:Larry Shyu, 飯島渉)
黄克武〈新名詞之戰:清末嚴復譯語與日本詞匯的競賽〉
畢苑〈日譯教科書與中國近代新教育的建立 1890-1914〉
章清〈中國現代學科的形成:日本管道的意義──以教科書為中心〉
王奇生〈民国時期的日書中訳〉

第9組「中国観・日本観」(座長:蔡建國、村田雄二郎)
久保田善丈「近代日中関係における“まなざし”の応酬」
吉澤誠一郎「民国八年の国際関係論」
臧運祜〈王芸生對於“近代中日關係史”的研究與1930-40年代的中日關係—
以《六十年來中國與日本》為中心〉
黄東蘭「清末・民国期教科書の日本イメージ――地理教科書を中心に」

全体会議(17:30~18:30)
司会と総括:姫田光義
総括発言:黄自進、王奇生、Douglas Reynolds


≡国際共同シンポジウム「清末中華民国初期の日中関係史―協調と対立の時代・1840
―1931年」 
準備委員会 最高顧問  衞藤瀋吉 
      委員長   山田辰雄
      事務局長  姫田光義
      事務局次長 髙木誠一郎
      事務局主任 谷垣真理子
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-10-26 09:57 | 学術交流

民国史研究会

日時:10月24日(水)午後6時~

場所:中央大学多摩キャンパス 2号館4階 研究所会議室1

報告者:深町英夫(中央大学)

報告論題:孔子は痰を吐いたか?――国民党の新生活運動と中国の伝統思想
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-10-19 09:58 | 学術交流

中央大学政策文化総合研究所「近現代日中関係史」

共催:中央大学経済研究所「東アジア総合研究会」 
:中央大学人文科学研究所「国民党期中国の研究」         
:中央大学日中関係発展研究センター
:中央大学共同研究プロジェクト「未来志向の日中関係学」

・日時:2007年10月22日(月)16時~18時

・場所:中央大学多摩キャンパス2号館4階 会議室4

・報告者:張憲文氏
(南京大学教授,南京大学中華民国史研究センター主任,中国現代史学会名誉教授)

・報告テーマ「南京大虐殺史料の研究」
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-10-19 09:56 | 学術交流

アムネスティ・インターナショナル全国スピーキング・ツアー2007

アムネスティ・インターナショナル全国スピーキング・ツアー2007:
「反テロ」戦争と新疆ウイグルの人権

新疆ウイグル自治区出身のウイグル人人権活動家、ラビア・カーディル
女史が下記の日程で来日講演を行います。是非ともご参加ください。
主催はアムネスティ・インターナショナル日本です。

東京
11月10日(土)

14:30-17:00 立教大学(池袋キャンパス)5号館 5221教室
東京都豊島区西池袋3-34-1 「池袋駅」下車 西口より徒歩約7分
参加費:一般 1000円、学生 500円

―――――――
和歌山
11月11日(日)

19:00-21:00 田辺市民総合センター2階 青少年ホール
和歌山県田辺市湊1619-8 明光バス・龍神バス(栄町停留所・市民総合センター
前)から徒歩1分、紀伊田辺駅から徒歩15分
参加費:一般 500円 (高校生以下無料)

―――――――
神戸
11月14日(水)

16:45-18:15 神戸学院大学ポートアイランドキャンパスB号館1階 B106講義室
地図 参加費:無料
主催 : 神戸学院大学人権問題委員会 / 経済学部

―――――――
岡山
11月15日(木)

18:30-20:30 倉敷カトリック教会
倉敷市昭和2-1-62 JR山陽本線倉敷駅下車徒歩約5分または山陽自動車道倉敷ICよ
り倉敷駅方向へ駅から5番目の信号(昭和1丁目)を右折
参加費:無料

―――――――
島根
11月17日(土)

13:30-16:00 松江スティックビル 501号室
松江市白潟本町43番地
JR松江駅より徒歩10分 バス橋南方面からはバス停「天神町」下車、徒歩1分、橋
北方面からはバス停「大橋南詰め」下車、徒歩3分
参加費:700円 (高校生以下無料)

―――――――
山口
11月18日(日)

14:30-16:30 山口カトリックセンター
山口市亀山町4-3TEL083-922-4222 山口駅から徒歩15分
参加費: 500円

―――――――
大阪
11月21日(水)

18:30-20:30
大阪府立女性総合センター ドーンセンター 5Fセミナー室
地図
大阪市中央区大手前1-3-49
京阪・地下鉄「天満橋」駅下車、東へ350m
参加費:一般 1000円、学生 700円

―――――――
北海道
11月24日(土)

18:30-2 0:30 札幌エルプラザ 4階中研修室
札幌市北区北8条西3丁目
JR札幌駅、地下鉄さっぽろ駅下車、北口地下通路12番出口から建物の中まで直通)
参加費:無料

―――――――
新潟県
11月25日(日)

15:00-17:00 クロスパルにいがた
新潟市礎町3ノ町2086番地
JR新潟駅万代口より 徒歩 20分程度.バス 古町方面行き 礎町又は本町下車
徒歩3~5分
参加費:500円
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-10-16 09:13 | 学術交流

10月例会のお知らせ

日時:10月27日(土)14:00~17:00

場所 大阪商業大学  U-メディアセンター(図書館)4F ネットワーク・レクチャールーム
交通:近鉄奈良線河内小阪駅より徒歩5分


報告:
 鈴木昭吾会員(広島大学・院)
 「清末、新政期における士官養成制度改革」

 溝口歩会員(神戸華僑歴史博物館研究員)
「英領マラヤ華僑の栽培業の変遷」  
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-10-14 17:12 | 月例会・総会案内

中国進出の日本企業とその建築-戦前の紡績業を事例として-

日 時 2007年10月26日(金) 14:00~16:00
場 所 神奈川大学横浜キャンパス・1号館308室
主 催 神奈川大学・共同研究「戦前中国・朝鮮における日本租界の研究」

報告
司会:大里浩秋(神奈川大学)

(1) 「上海と青島の在華紡建築の調査報告」冨井正憲(神奈川大学)
(2) 「日本の紡績建築‐兵庫県を中心に」藤谷陽悦(日本大学)
(3) 「在華紡と中国」富澤芳亜(島根大学)
(4) 「近代日本の青島での紡績業及山東経済の変遷」庄維民(山東省社会科学院)


コメンテーター:貴志俊彦(神奈川大学)・孫安石(神奈川大学)

※ 参加自由、事前申し込みは必要ありません。直接会場にお越しください。
※ 当日の録音はご遠慮ください。
※ 問い合わせ先: 神奈川大学 外国語学部
TEL: 045-481-5661(代) 内線:4525
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-10-12 18:07 | 学術交流

中国社会科学院経済研究所の経済史研究者を囲む会

日時: 10月19日(金) 18:00~20:00
場所: 明治大学駿河台校舎 研究棟2階 第8会議室
(◇報告・質疑応答は中国語で行われます)


=================
この度、10月後半に訪日予定の中国社会科学院経済研究所の経済史研究者四名をお迎えして研究交流の機会を企画いたしました。

武力氏(中国社会科学院経済研究所研究員)
研究テーマ:中国現代経済史(詳細

林剛氏(中国社会科学院経済研究所研究員)
研究テーマ:長江下流域の近代化(詳細

徐建青氏(中国社会科学院経済研究所研究員)
研究テーマ:商業・流通・手工業史(詳細

封越健氏(中国社会科学院経済研究所研究員)
研究テーマ:明清商業・商人史(詳細

★当日は、各研究員のご研究に関する簡単な自己紹介
(各10分程度)の後、『中華人民共和国経済档案選編』、『中華人民共和国経済史』の編者として著名な武力氏に久保亨編著『1949年前後の中国』(汲古書院,2006)に関する所感(同氏は『近きに在りて』に同書の書評を執筆予定)、および中国国内での同時代に関する研究・資料状況についてのご報告をしていただき(約30分程度)、その後討論に移る予定です。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-10-12 18:06 | 学術交流