<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

中国現代史研究会例会

報告者:湯川真樹江氏(慶応大学大学院生)

題目:「満鉄農事試験場の稲開発からみる満洲の米作」(仮)

日時:10月10日(金)18時~21時

場所:明治大学駿河台キャンパス・リバティタワー20階 120M
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-09-30 10:02 | 学術交流

10月例会のご案内

日時:10月4日(土)14:00~17:00

会場:大阪商業大学 4号館 4F 4410

報告:
前田輝人会員(大阪大学DC)
 「1936年~1943年,上海日本人社会の「牽引車」たち」

(要旨)
 1936年,39年,そして太平洋戦争2年目の1943年に,それぞれ出版された3冊の『上海在留邦人人名録』掲載データをパソコンに取り入れた結果,8年間における上海日本人社会のさまざまな変貌を,数字で読みとる作業が可能になった。この報告では,『人名録』3冊中の何れか2冊に「データ数5件」以上が掲載されている33名を3版通期の上海地域社会の「牽引車」として,彼らの果たした役割を分析してみたい。

 コメンテータ:西村成雄会員


 渡辺直土会員(大阪外大DC修了) 「胡錦濤政権の政治思想」

(要旨)
本報告は現代中国政治を思想的課題としてとらえなおすことで、現代中国研究あるいは政治学研究に新たな知見を加えることをねらいとしている。ここでの考察対象は現代中国政治における「正統性」あるいは「正当性」概念にある。第一に現代中国政治に関する先行研究における「正統性」「正当性」概念の相違について分析し、第二に政治学において構築されてきた「正統性」「正当性」概念について、紹介したい。第三に、これと関連して中国における「正統性」をめぐる論説について、内容を考察したい。第四に、胡錦濤政権が提起した「科学発展観」および「和諧社会」論について、とりあげて分析したい。最後に、現代中国政治における支配の「正統性」は何かについて、さらに中国における「正統性」に関する議論を考察し、今後を展望したい。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-09-24 14:28 | 月例会・総会案内

「非文字資料としてのポスターの保存と活用」

神奈川大学非文字資料研究センター・第1回公開研究会
「非文字資料としてのポスターの保存と活用」

日時:2008年10月25日(土) 午後1時~6時
場所:みなとみらいKUポートスクエア

司会:大里浩秋(神奈川大学外国語学部)

報告者(所属)および報告題目

1.田島奈都子(姫路市立美術館)
  「総論:ポスター研究の現状と課題」

2.広田元(高島屋史料館)
  「企業史料館としての立場から:所蔵ポスターの保存・修復・公開」

3.奥野進(函館市中央図書館)
  「公共図書館としての立場から:所蔵ポスターのデジタル・アーカイブ化の試み」

4.貴志俊彦(神奈川大学経営学部)
  「教育研究機関として立場から:満洲(国)ポスターの学術利用の事例」

*セミナー終了後、ランドマークタワーあたりで懇親会を開催します。出席を希望さ
れる方は、貴志までご連絡ください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-09-18 17:42 | 学術交流

連続セミナー「1931年蒋介石日記を読む」のご案内

大阪大学中国文化フォーラムは,その研究活動の一環として「20世紀中国政治史アーカイヴズ研究会」を組織し,手書き資料や未公刊史料の解読と研究をすすめたいと思います。

とくにここ10年来,質量ともに飛躍的に拡大しつつある原史料公開のもとで,どのように正確に解読しうる能力を向上させるのか,またそれらの史料の歴史的価値の研究は,現代中国研究にとってますます重要な課題となっています。

「20世紀中国政治史アーカイヴズ研究会」最初の企画:「1931年蒋介石日記を読む」は,領蒋介石日記の手書き史料について,参加者の分担解読を基礎とし関連史料もふくめ分析したいと思います。

学生・院生をはじめ,関心をおもちのみなさまの積極的なご参加をよびかけます。なお参加は無料ですが,配布資料を準備する必要がございますのでご希望の方は事前に中国文化フォーラム事務局までお知らせください(下記詳細をご参照ください)。



[日時&担当]
11月 1日(土) 午後2~5時 [西村成雄・放送大学教授,大阪大学名誉教授]
12月13日(土) 午後2~5時 [安井三吉・孫文記念館館長,神戸大学名誉教授]
1月24日(土) 午後2~5時 [副島昭一・和歌山大学教授]
[場所]
大阪大学豊中キャンパス(変更しましたのでご注意ください)
[詳細]
http://www.law.osaka-u.ac.jp/~c-forum/box2/archives-kenkyukai.htm
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-09-17 15:22 | 学術交流

アジア政経学会2008年度全国大会

アジア政経学会2008年度全国大会では、以下の二つのシンポジウムを一般公開いたします。会員以外の方の参加も歓迎いたしますので、ぜひご参加下さい。


■国際シンポジウム『グローバル・チャイナ移動する人々の動かす中国』

日時: 2008年10月11日(日)14:30~17:45
会場: 神戸学院大学ポートアイランドキャンパス B号館2階 B203講義室

報告1: 園田茂人(早稲田大学)
「中国社会における流動性の高まりとその国内/国際的インパクト」

報告2: 周敏(カリフォルニア大学ロサンジェルス校)
「華人の国際移民についての歴史的回顧と社会学的分析」

報告3: 王春光(中国社会科学院社会学研究所)
「制度と”機会所有権”-中国の農村流動人口の都市への社会流動についての考察-」

報告4: 濱下武志(龍谷大学)
「Chineseの国際移動と国際秩序-歴史・現在・将来-」 

司会:竹中千春(立教大学)
討論者:毛里和子(早稲田大学)



■公開シンポジウム『アジアにおける自然災害と政治経済変動』

日時: 2008年10月12日(日) 10:00~13:00
会場: 神戸学院大学ポートアイランドキャンパス B号館2階 B203講義室

報告1: 西 芳実(東京大学)
「インドネシア・スマトラ沖地震津波-紛争下の人道支援と災害対応-」

報告2: 岡本郁子(アジア経済研究所)
「ミャンマー・サイクロン災害-政治化された災害と不信の連鎖-」

報告3: 田中 修(財務省財務総合政策研究所)
「中国・四川大震災-その政治・経済政策への影響-」

司会: 山本博之(京都大学)
討論者: 牧 紀男(京都大学)地主敏樹(神戸大学)


※学会員以外の方は事前に申し込みをお願いいたします。どちらのシンポジウムに参加をご希望か明記の上、梶谷懐(kaikaji1970*gmail.com *を@に代えて)までご連絡ください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-09-14 11:06 | 学術交流

東海地区特別例会の御案内


9月27日(土) 13:00~17:00

   会場:愛知大学車道校舎 706教室(7階)

   報告①:磯部美里氏 (愛知大学孔子学院非常勤講師)

    報告タイトル「西双版納タイ族の自宅出産からみる伝統的出産システムと男性産婆」


   報告②:湯原健一氏 (愛知大学大学院中国研究科博士後期課程)
 
     報告タイトル「大連居留民会の成立と「消滅」」
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-09-07 21:20 | 東海地区例会案内

張謇国際学術検討会のご案内

2008年8月25日
中国現代史研究会
会員各位

安井三吉

張謇国際学術検討会のご案内


 海門張謇研究会では、2009年4月に開催される標記シンポジウムに、日本からの参加を募集しておられます。詳細は、別紙予備通知の通りですが、論文の提出期日などは、臨機応変な対応が可能だと思います。
参加ご希望の方は、下記孫文記念館までご一報願います。同研究会では日本の研究者との積極的な交流を切望しておられることでもあり、本シンポジウムは日中学術交流発展のためにも有意義であると思われます。多数のお問い合わせをお待ちしております。



窓口:孫文記念館(担当:研究員、武上)
Tel:078-783-7172、Fax:078-785-3440
e-mail : sunwen20@aioros.ocn.ne.jp

以上
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-09-07 21:18 | 学術交流