<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

11月例会のご案内

日時:11月15日(土)14:00~17:00

会場:大阪大学豊中キャンパス,文系総合研究棟 5階 セミナー室1
(8)と(38)DonDon(レストラン)の間のピンクの建物
(文型総合研究棟は新しい建物で地図にはのっていません)

報告1:
三品英憲会員(和歌山大学)
  「近代華北農村における社会関係と村落」

【要旨】
1940年代に行われた華北農村に対する満鉄調査部の調査結果から、どのような村落社会像を描き出すかということについては、村落共同体的性格を否定した戒能通孝の主張を旗田巍が批判して以来、「ではいかなる共同体だったのか」という形で問題が立てられ考察されてきた。しかしそれゆえに、これらの研究では「共同体」と呼びうるような結合を探し出すことに重点が置かれ、資料(農民の応答)を解釈する際にしばしば論理の飛躍を生じている。本報告では、改めて『中国農村慣行調査』の農民の応答から当該社会の人間関係のあり方を再構成し、そうした結合が村落という枠組みとどのような関係にあったのか考察する。

報告2:張兵会員(立命館大学)
   中国における「総合改革試験区」設立の動きと意義

【要旨】
中国においては,2005年上海浦東新区,2006年天津濱海新区,2007年6月成都・重慶,2007年12月武漢都市圏,長(沙)株(洲)(湘)潭都市群という具合で最近,「総合改革試験区」の設立が相次いで許可され,大いに注目されています。この報告では,その歩みと現状を紹介する上で,地域経済と地域政策の視点から「総合改革試験区」設立の意義を見てみたいと思います。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-10-31 18:04 | 月例会・総会案内

福建地域史に関する研究会のお知らせ

福建の民間信仰研究で著名な福建師範大学の林国平教授を招聘して下記の要領で研究会を開催いたします。

日時:2008年11月22日(土)、14時―17時

場所:筑波大学東京大塚キャンパスG207教室
報告者:林国平氏(福建師範大学教授)

タイトル:「境・境廟・境主神与福建東南民間社会」

コメンテーター:丸山宏氏(筑波大学教授:中国宗教史)

主催:科学研究費補助金「1930~40年代、中国福建省における国家権力の浸透と社会構造に関する研究」研究代表山本真 

報告は中国語ですが、報告ペーパーが用意されます。また質疑応答には通訳があります。
福建村落における民間信仰と空間・領域概念との相関関係、さらに福建地域社会における社会結合に関して広く議論を行いたいと考えています。

多くのみなさまのご参加をお待ちしています。

世話人:山本真(筑波大学)shin(あっとまーく)histanth.tsukuba.ac.jp
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-10-27 12:14 | 学術交流

第6回 研究者と実務者による国際協力勉強会

第6回 研究者と実務者による国際協力勉強会

(JICA大阪・民博・GLOCOLセミナー)



日 時:2008年10月31日(金) 18:30~20:30

場 所:JICA大阪(茨木市)

主 催:JICA大阪

国立民族学博物館(みんぱく)

大阪大学グローバルコラボレーションセンター(GLOCOL)

参 加:無料(定員:50名、先着順)、事前申込み要

参照URL: http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/research/081031.html
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-10-17 07:38 | 学術交流

神奈川大学非文字資料研究センター第1回公開研究会

日時

  2008年10月25日(土)  13:00~18:00

会場

 横浜みなとみらいKUポートスクエア  (TEL 045-682-5553)

 〒 220-6014 横浜市西区みなとみらい2-3-1クイーンズタワーA 14階



司会:大里浩秋(神奈川大学外国語学部)

1. 「総論:ポスター研究の現状と課題」

田島奈都子(姫路市立美術館)

2. 「企業史料館としての立場から:所蔵ポスターの保存・修復・公開」

廣田元(高島屋史料館)

3. 「公共図書館としての立場から:所蔵ポスターのデジタル・アーカイブ化の試み」

奥野進(函館市中央図書館)

4. 「教育研究機関として立場から:満洲(国)ポスターの学術利用の事例」

貴志俊彦(神奈川大学経営学部)

詳細は http://www.kanagawa-u.ac.jp/06/kouenkai/081002b/index.html
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-10-15 16:23 | 学術交流

中国現代史研究会例会

報告者:中村元哉氏(南山大学准教授)

日時:10月24日(金)18時~21時

場所:明治大学駿河台キャンパス・リバティタワー20階 120M

題目:「中華民国憲法制定史の再考」(仮)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-10-13 11:25 | 学術交流

「近代東アジアにおける制度化の諸相:統治・衛生・言語」

日本大学文理学部では、以下のプログラムによる公開シンポジウム「近代東アジアにおける制度化の諸相:統治・衛生・言語」(参加費無料)を開催いたします。多くの方の参加をお待ちしてます。

プログラム】

1.開催日時:2008年10月18日(土)10時~18時

2.会   場:日本大学文理学部 百周年記念館国際会議場
3.報告・討論:

 [午前の部](10時~12時)

(1)開会の挨拶

(2)SESSION1「近代中国における政治理念と国家統治」

 ①金子肇(下関市立大学教授)
「立法権の強化、それとも執行権の強化?:民国期の憲法抗争と統治形態」

 ②黄克武(中央研究院近代史研究所)
「20世紀前半期における中国政治理念の諸相:自由主義を中心として」

○コメンテーター:土屋好古(日本大学文理学部)・粕谷元(日本大学文理学部)
○コーディネーター・司会:松重充浩(日本大学文理学部)

 [午後の部](13時~18時)

(1)SESSION2「近現代中国におけるジェンダーと身体観の形成」

①張寧(中央研究院近代史研究所)
「脳は全身の主:清末の『申報』広告に見る金大中号における身体観の変化」

②姚毅(フェリス女学院大学)「産科医の専門職化とジェンダー」

○コメンテーター:
加藤茂生(早稲田大学人間科学学術院)、
梁其姿(中央研究院歴史語言研究所・香港中文大学)

○コーディネーター・司会:小浜正子(日本大学文理学部)

(2)SESSION3「『戦後』日台における日本語をめぐる問題意識」

①陳培豊(中央研究院台湾史研究所)
「郷土文学運動と近代台湾文学の模索:翻訳・文体・台湾語文をめぐる考察」

②紅野謙介(日本大学文理学部)
  「『日本語』と『国語』の抗争:言語・文学・文化の概念布置をめぐって」

○コメンテーター:
  安田敏朗(一橋大学大学院言語社会研究科)、
  山口守(日本大学文理学部)

○コーディネーター・司会:三澤真美恵(日本大学文理学部)

  (3)全体討論

報告の要旨はこちら http://www.chs.nihon-u.ac.jp/event/2008/09/post_6.html


※シンポジウム終了後(18:30~20:30)、懇親会(有料)を予定しております。こちらも、是非ご参加ください。

このシンポは、日本大学人文科学研究所共同研究「近代東アジアの文化的多元性の諸
相」(代表;金子明雄)、同「20世紀の『革命』に対する各地域の対応とその相互影響に関する研究」(代表;小浜正子)の共同開催によるものです。

(お問い合わせ先)
日本大学文理学部史学科 松重充浩 matusige(あっとまーく)chs.nihon-u.ac.jp
 
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-10-09 19:14 | 学術交流