<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

戦後の日中「民間外交」と日中関係

2008年ワークショップ  戦後の日中「民間外交」と日中関係

中国現代史研究会主催
神戸華僑華人研究会・台湾史研究会・日本学術振興会 人文・社会科学振興プロジェクト
「帝国とネットワーク―アジア地域秩序の解明」(代表 籠谷直人)共催

■趣旨:
中国と日本は国交回復までの時期において、日本赤十字を中心とした民間諸団体による引揚げ事業や友好商社を通じた貿易などを行い、国際法上の「戦争状態」の中で活発な「民間交流」を行なった。
1972年に日中が国交を回復し、80年代から90年代にかけての友好期間を経た現在、日中の国民感情はやや複雑な関係にある。毛里和子はそれをそれぞれの国家の外交政治が国民感情によって動かされるようになったと指摘している。
本ワークショップでは、このような現在の状況に鑑み、国交回復以前に日中間で「民間交流」を振り返る企画を準備した。かつて大きな制約の中で行われた日中間の「民間交流」について経験をお話いただき、今後の日中交流のあり方について多角的に考える契機としていきたい。

■時期: 12月20日(土) 13:00~17:00

■会場: 神戸中華会館東亜ホール
■パネラー
金翬氏 (大阪華僑総会名誉会長)
吉澤宏始氏 (日中経済貿易センター元理事長)
土井英二氏 (兵庫県貿易監査役)

■コメンテータ
安井三吉氏 (孫文記念館館長)
森武麿氏 (一橋大学教授)
大澤武司氏 (熊本学園大学講師)

■連絡先
uedanota[at]kindai.ac.jp(近畿大学文芸学部・上田)

*終了後の懇親会(有料)に参加ご希望の方は上記連絡先までお知らせください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-11-25 20:20 | ワークショップ案内

近現代東北アジア地域史研究会の大会

日時:2008年12月6日(土)(10:00~17:30)
場所:新潟大学五十嵐キャンパス総合教育研究棟D301室

1. 開会の辞

2. 総会(事務局「会務報告」)(10:00~10:20)

3. 個別報告(10:20~12:00)
・ ウネンチ 氏(早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程)
   「内モンゴル東部地域における河川・湖の利権の変容─ジャライト旗の事例を中心に─」
・ 朴敬玉 氏(一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程)
   「1920~30年代〈北満洲〉を中心とする稲作農業の展開」

昼 食 12:00~13:30

・ 麻田雅文 氏(北海道大学大学院文学研究科博士後期課程)
   「中東鉄道の燃料資源をめぐる日中露の相克:1896-1935」

4. シンポジウム「満鉄研究の現在」(14:30~17:30)                   
・報告者:井村哲郎 氏(新潟大学人文学部)
  「満鉄研究の現在-調査活動を中心に-」

・パネラー
    ・柳澤 遊  氏(慶応大学経済学部)
   ・村上勝彦  氏(東京経済大学)
   ・麓 慎一  氏(新潟大学教育学部)

5. 閉会の辞

6. 懇親会(18:00~20:00)
   会場:新潟大学生協第一食堂(予定)
  
 共催:新潟大学Institute for the Study of the 19th Century Scholarship(19世紀学研究所)
 後援:新潟大学人文学部

〔事務局〕
〒186-8601 国立市中2-1 一橋大学経済学部 江夏由樹研究室
近現代東北アジア地域史研究会事務局、広川佐保(hiros[アットマーク]human.niigata-u.ac.jp)
懇親会に参加を希望される方は広川まで御連絡下さい。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-11-24 21:01 | 学術交流

民国史研究会

日時:11月19日(水)午後6時

場所:中央大学多摩キャンパス

2号館4階研究所会議室2

報告者:光田剛氏(成蹊大学)

報告題目:訓政体制の開始



*当研究会は、会員制をとっておらず、どなたでも自由にご参加いただけます。
幹事 深町英夫(中央大学)
hfukamac(あっとまーく)tamacc.chuo-u.ac.jp
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-11-16 10:29 | 学術交流

東海地区特別例会のお知らせ

日時:11月29日(土)13:00~16:00

会場:愛知学院大学サテライトセンター(中日ビル)

報告者および報告テーマ:

①広中一成氏(愛知大学大学院博士後期課程)
 「冀東防共自治政府の対日満外交-冀東政府解消問題の対応をめぐって-」

②青山治世氏(愛知学院大学大学院研究員)   
「義和団事件後の清朝対日謝罪使の派遣決定過程について」
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-11-13 09:31 | 東海地区例会案内

ワークショップ「戦時下農村社会の比較研究」の御案内

時:12月13日(土)

所:慶応大学(三田)西校舎522教室

テーマ:「戦時下農村社会の比較研究」

スケジュール:
10:00~10:10 開会、趣旨説明          奥村哲氏
10:10~11:00 三品英憲氏の報告、討論      司会:鄭浩瀾・金野純両氏
11:00~12:00 荒武達朗・蒲豊彦・孫江3氏の報告
12:00~13:00 休憩
13:00~14:00 3報告に関する討論        司会:丸田孝志・天野祐子両氏
14:00~14:10 休憩
14:10~15:10 吉田裕・森武麿両氏の報告
15:10~16:10 吉田・森報告の討論        司会:大沢武彦氏・(未定)氏

16:10~16:55 全体討論             司会:山本真・三品英憲両氏

16:55~17:00 閉会の辞             石島紀之氏
17:30~19:30 懇親会(自由参加・夕食)

主催:中国基層社会史研究会

趣旨と各報告の概要:
中国基層社会史研究会は、日中戦争~中華人民共和国初期の、中国における体制の移行をともなう大きな構造的変動を、社会の基層に視点を据えて捉え直すことを目的として、2007年に発足した。2008年4月からは、学術振興会の科学研究費補助金を受けている(基本研究B、「日中戦争~人民共和国初期の中国における国家と基層社会の構造的変動に関する研究」、研究代表者:奥村哲)。
本研究会のメンバーである笹川裕史・奥村哲の両名は共著で『銃後の中国社会―日中戦争下の総動員と農村』(岩波書店、2007年)を、田原史起は『二十世紀中国の革命と農村』(世界史リブレット124、山川出版社、2008年)を、それぞれ発表した。前者は日中戦争期の総動員による基層社会の変容を四川省を中心に論じ、後者は「農村リーダー」に焦点を当てて近100年の国家・社会の変遷を辿っている。今回のワークショップは、田原著をもとに中国の農村社会の長期的な変遷過程を再構成するとともに、笹川・奥村著をもとに日中戦争が農村社会に導いた変容を比較史的に考察することを目的とする。まず三品氏に、田原著についてコメントしていただく。ついで、荒武・蒲・孫3氏に、田原著あるいは笹川・奥村著について、それぞれの立場からコメントしていただく。荒武氏は日本軍と共産党がせめぎあった山東省農村を、蒲氏は宗族が大きな力を持つ広東省農村を、孫氏は秘密結社の歴史を研究されている。そして日本史研究者の吉田氏は軍事政治史から、森氏は社会経済史から、笹川・奥村著についてコメントしていただく。
以上のように、今回のワークショップは、広大で多様な中国農村社会内の比較研究とともに、戦時総動員下の日本との比較研究も意図した、非常に欲張りな企画であるが、今後の分野を越えた広い研究交流のきっかけにしたいと考えている。


連絡先:奥村 哲
〒241-0801 横浜市旭区若葉台4-7-604(℡:045-922-2352)
〒192-0397 八王子市南大沢1-1、首都大学東京 大学院 人文科学研究科
(℡:042-677-2108)
E-mail:ZTD07435(あっとまーく)nifty.com
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-11-10 16:47 | 学術交流

中国現代史研究会例会

○中国現代史研究会例会(11月14日)

報告者:松村史穂氏(東京大学大学院)
題目:「中華人民共和国成立期の食糧供出:制度的運営の試みとその挫折」(仮)
日時:11月14日(金)18時~21時
場所:明治大学駿河台キャンパス研究棟2階第8会議室 


○中国現代史研究会例会(11月21日)

報告者:松本和久氏(早稲田大学大学院修士課程2年)
題目:「新疆統治における生産建設兵団の機能」(仮)
日時:11月21日(金)18時~21時
場所:明治大学駿河台キャンパス研究棟4階第2会議室
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-11-08 20:22 | 学術交流

国際シンポジウム エイズ問題が語る中国の真実

[場所]
早稲田大学 小野梓記念講堂

[日時]
2008年11月16日(日) 9:40 - 18:10

[参加形式]
無料、事前登録なし

[使用言語]
中国語・日本語・英語(同時通訳*英語は午前中のみ)

[問い合わせ先]
学習院女子大学 阿古智子研究室

[主催]
「エイズ問題が語る中国の真実」シンポジウム実行委員会
(学習院女子大学・阿古智子研究室、惟謙エイズ法律センター、楊紹剛弁護士事務所)
私立大学学術研究高度化推進事業(オープン:2002−2008)

[共催]
AHC研究所
早稲田大学グローバルCOEアジア地域統合プログラム

[助成]
国際交流基金
東京HIV訴訟弁護団基金

詳細はこちら:http://www.waseda-giari.jp/jpn/events/117
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-11-08 20:18 | 学術交流

CLS ・楊念群教授講演会

講演者:楊念群(中国人民大学清史研究所教授)
題目:「章学誠的“経世”観与清初“大一統”意識形態的建構」
(日本語通訳あり)

日時:2008年11月24日(月・祝)16:00-18:00
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階会議室
(コラボレーションルーム3)


主 催:中国近現代リベラリズム研究会(CLS)
連絡先:村田 雄二郎 murata(あっとまーく)ask.c.u-tokyo.ac.jp
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-11-08 20:11 | 学術交流

楊念群教授の講演会

日時) 2008年11月25日(火曜日) 16:30 ~ 19:00
場所) 青山学院大学 ガウチャー・メモリアル・ホール 5F 第13会議室
演題) 楊念群教授(中国人民大学清史研究所)
「民国初年北京的生死控制技術與城市空間的変遷」
(民国初期北京における生死コントロール技術と都市空間の変遷)

言語)報告、質疑応答は中国語(簡単な通訳がつきます)

参考)ご講演の内容は、以下の既発表論文をもととされたもののようです。
楊念群「民国初年北京的生死控制度與空間転換」(楊年郡編『空間・記憶・社会展型―“新社会史”研究論文精選集』(上海:上海人民出版社、2001年)
楊念群「北京“衛生模範区”的建立與城市空間効能的転換」(『北京档案史料』2000年1月)

以上
問合せ先:
飯島 渉(青山学院大学)  wiijima(あっとまーく)jm.aoyama.ac.jp
福士由紀(日本学術振興会) fukushiyukiyuki(あっとまーく)hotmail.com
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-11-08 20:09 | 学術交流

日中歴史研究者フォーラムのご案内

秋も深まり、皆様におかれましては益々ご清祥のことと存じます。
この度、科学研究費(特別研究促進費)「中国における対日歴史認識および歴史研究動向に関する緊急調査-政府間共同研究・首脳交流を受けて-」は、故・小島朋之先生の遺志を受け継ぎ、国際シンポジウム「日中歴史研究者フォーラム」を下記の通り開催する運びとなりました。
本国際シンポジウムを開催するにあたり、単純な実証研究報告でも、また歴史認識問題を議論するだけのフォーラムでもなく、両者を結合させながら、歴史研究と歴史認識問題の双方をともに議論する場を形成することが一つの大きな目標となっております。
そのため、日中歴史共同研究の最前線にいらっしゃる方々、また日本・中国・台湾の近現代史研究を代表する研究者、そして記憶や歴史をめぐる国際政治を議論している研究者をパネリストとして招待し、議論を深めたいと考える次第です。
皆様におかれましても万障お繰り合わせの上、是非この機会に足をお運びいただけましたら幸いです。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。 

               記
日程:2008 年12月6日(土)・12月7日(日)
会場:慶應義塾大学三田キャンパス 東館6 階G-SEC Lab
※日中同時通訳付き
※詳細は本科研HPをご覧ください。 http://www.kojimatomoyuki.com/ 

参加申し込み: 以下をフォーラム事務局(08history.forum[at]gmail.com)までご返信ください
①お名前、ご所属、ご連絡先(メールアドレス又はお電話番号)
②懇親会(会費制)への出欠

********************************
文部科学省科学研究費(特別研究促進費)
「中国における対日歴史認識および歴史研究動向に関する緊急調査」
(研究代表者:加茂具樹、平成19-20年)
フォーラム事務局(福田)  E-mail:08history.forum[at]gmail.com
********************************
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-11-08 20:07 | 学術交流