<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【国際シンポジウム】満洲における日本人移民、朝鮮人移民

1. 日時  1月31日(土)午後1時~5時
2. 会場  「京大会館」102号室
3.プログラム
 第1報告:偽満洲国期における日本「満洲移民」の分析               
  高楽才(東北師範大学教授)
 第2報告:朝鮮人の満洲移住と歴史認識               
  田中隆一(学習院大学研究員)
 コメンテータ:松野周治(立命館大学)・花井みわ(明治大学非常勤)
 総括コメント:西村成雄(放送大学)

進行:上田貴子(近畿大学)蘭信三(上智大学)
通訳:小都晶子(大阪大学非常勤)・青柳伸子(慶應義塾大学大学院)

4.報告要旨
①第1報告要旨偽満洲国期,日本は中国東北に対して「国策」の「満洲移民」計画を推進し,1945年の日本投降までにその数は約30万人に達した。目的は,「国防追求と治安の確立」,日本統治秩序の樹立,日本の「人口過剰」の解決,国内矛盾の緩和,さらに「満洲」における「大和民族」の「発展的基礎」を確立し,「新国家の真の核心にさせる」ことにあった。日本は移民を関東軍の治安維持に利用して,抗日武装勢力を鎮圧し,資源を略奪した。これは中国人にとって重い災難となったが,同時に日本人にも大きな苦痛をもたらした。

②第2報告要旨19世紀半ば以降本格化した朝鮮人の満洲(中国東北)移住は、日本植民地時期には急増し、1945年以後、朝鮮半島への帰還と現地定着を経て現在にいたっている。本報告ではこうした朝鮮人の満洲移住とそれをめぐる歴史認識について検討する。

5.主催・共催蘭科研「帝国崩壊と人口移動」班+「中国現代史研究会」
【連絡先】上智大学外国語学部国際関係副専攻 蘭研究室
〒102-8554東京都千代田区紀尾井町7-1
Fax: 03-3238-3592 E-mail: araragi[at]sophia.ac.jp
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-12-28 13:36 | 学術交流

「戦後東アジア国際政治史の研究展望」

□戦後東アジア国際政治研究会主催ワークショップ・シンポジウムin熊本
「戦後東アジア国際政治史の研究展望」

■日 時:2009年1月31日(土)・2月1日(日)
■場 所:熊本学園大学11号館ワークショップ:11号館2階(1123LL教室・円形教室)
シンポジウム:11号館3階(1131教室)

■企画案:

第1セッション(参加事前登録制)
「戦後東アジアの政治発展、経済発展におけるアメリカ要因の再検討」

日   時:1月31日(土)午後3時~6時
司会・討論:佐橋 亮  氏(東京大学特任助教)
報 告 者:松田 春香 氏(韓国)(東京大学大学院)
石川 誠人 氏(台湾)(立教大学助教)
高木 祐輔 氏(フィリピン)(慶應義塾大学大学院)
玉置 敦彦 氏(日本)(東京大学大学院)
討 論 者:松村 史紀 氏(早稲田大学アジア研究機構現代中国研究所客員研究員)

懇親会(熊本市中心部にて) 参加費有料となります(5000円~)

第2セッション(参加事前登録制)
「戦後日中関係史の再検討(1945年~1972年)
―― 一次史料の活用による通史へのチャレンジ」

日   時:2月1日(日)午前9時30分~12時30分
司会・討論:横山 宏章 氏(北九州市立大学大学院教授)
報 告 者:大澤 武司 氏(熊本学園大学専任講師)
杉浦 康之 氏(慶應義塾大学大学院)
井上 正也 氏(神戸大学大学院)
神田 豊隆 氏(東京大学大学院)

第3セッション(公開セッション・自由参加)
「台頭する中国の源流を求めて― 鄧小平の決断」

日   時:2月1日(日)午後1時30分~4時
司   会:大澤 武司 氏(熊本学園大学専任講師)
報 告 者:下野 寿子 氏(北九州市立大学准教授)
「鄧小平の対外開放―経済発展と国際化への歩み」
磯部 靖 氏(長崎外国語大学准教授)
「改革・開放政策の展開と鄧小平のリーダーシップ―中央・地方関係を事例として(仮)」
益尾 知佐子 氏(九州大学大学院准教授)
「鄧小平にとっての『日本』―反覇権闘争、現代化、愛国主義」
討 論 者:横澤 泰夫 氏(熊本学園大学特任教授)
川島 真  氏(東京大学大学院准教授)
加茂 具樹 氏(慶応義塾大学准教授)

後援:
科学研究費<基盤研究B>
「東アジアにおける「冊封・朝貢」の終焉とその記憶の形成過程」(研究代表者:川島真)
科学研究費<特別研究促進費>
「中国における対日歴史認識および歴史研究動向に関する緊急調査」(研究代表者:加茂具樹)
科学研究費<若手研究スタートアップ>
「建国初期中国の冷戦外交と日本―『戦後日中民間人道外交』における理念と戦略」(研究代表者:大澤武司)

#参加希望の方は、大澤武司(osawa[at]kumagaku.ac.jp)まで、年内にご連絡ください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-12-21 14:26 | 学術交流

公開シンポジウム「中国政治体制100年:歴史学と政治学の対話」

公開シンポジウム「中国政治体制100年:歴史学と政治学の対話」

日時:2009年2月1日(日)13:00~17:00
会場:東京ガーデンパレス3階「平安」
(文京区湯島1-7-5 電話:03-3813-6211御茶ノ水駅より徒歩5分)

主催:中央大学政策文化総合研究所プロジェクト「学際的中国研究の探求」

第一部           13:00
趣旨説明…………………………深町英夫(中央大学)
清朝末期の体制変革……………李暁東(島根県立大学)
民国前期における体制の模索…金子肇(下関市立大学)

第二部           14:00
国民党の大陸統治体制…………中村元哉(南山大学)
人民共和国体制の60年………唐亮(法政大学)
討論………………………………高橋伸夫(慶應義塾大学)

第三部           15:00
全体討論
総括発言…………………………齋藤道彦(中央大学)

会場準備の関係上、ご来場いただける方は、なるべく12月末までに、中央大学政策文化総合研究所(担当:宮澤 E-mail: ipcs[at]tamajs.chuo-u.ac.jp,FAX: 042-674-3278)にお申し込みください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-12-21 14:13 | 学術交流

中国現代史研究会例会( 12 月 5 日/ 12 月 12 日)

○中国現代史研究会例会(12月5日)

報告者:齊藤理恵氏(明治大学修士課程)
題目:「児童と新生活運動―1934年、南昌市における縄金塔小学での実践を一例として―」(仮)
日時:12月5日(金)18時~21時
場所:明治大学駿河台キャンパス 研究棟4階 第2会議室 



○中国現代史研究会例会(12月12日)

報告者:矢久保典良氏(慶応大学博士課程)
題目:「日中戦争期中国ムスリムの宗教活動-重慶におけるムスリム団体の祭りの事例を中心に」(仮)
日時:12月12日(金)18時~21時
場所:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー20階 120M
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-12-03 19:35 | 学術交流