<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

例会報告者募集のお知らせ

中国現代史研究会では、2009年10月以降の例会報告希望者を募集しております。ご報告をお考えの方は、報告テーマ(仮題でも結構です)および何月ごろに報告を希望されるかということを明記の上、研究会事務局までご連絡ください。


連絡先:上田貴子 uedanota#kindai.ac.jp 
高屋和子 ka10taka#ec.ritsumei.ac.jp 

*連絡はE-mailにてお願いいたします(上記の#を@に代えてご送信ください)。
その他ご存知の事務局員にご連絡頂いても結構です。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2009-07-27 19:58 | 月例会・総会案内

研究会のご案内

福建省民間信仰の研究者である莆田学院の兪黎媛氏を迎え、下記の研究会を開催します。
兪さんは、福建師範大学で学位をとり、フィールドに基づく研究を精力的に行っている若手研究者です。

日時:2009年7月31日(金)、14時―17時

場所:筑波大学本部キャンパス、人文社会学系棟1F 、B113教室(中央図書館の向かいの建物、なお中央図書館側入り口は2F扱いになります)

つくばエクスプレスつくば駅より、バス筑波大学中央、筑波大学循環右回りの場合、第一エリア下車筑波大学循環左回りの場合、大学公園下車

バス乗車時間はいずれも10分弱
http://www.tsukuba.ac.jp/access/tsukuba_access.html
http://www.tsukuba.ac.jp/access/tsukuba_campus.html


報告者: 兪黎媛氏(莆田学院講師)

タイトル:「莆田民間宗教信仰」

主催:科学研究費補助金(若手研究(B))「1930~40年代、中国福建省における国家権力の浸透と社会構造に関する研究」研究代表:山本真 


報告は中国語です。

準備の都合上、ご参加いただける場合7月29日までに下記へご連絡ください。

世話人:山本真(筑波大学)dqe02001[a]nifty.ne.jp
[PR]
by yukiko_sakaida | 2009-07-19 16:53 | 学術交流

「第Ⅳ回日韓両地域中国近現代史研究者交流会」報告者の公募

これまでに2年に一度開催されてきました日韓両地域中国近現代史研究者交流会の第Ⅳ回交流会が開催されることになりました。そこで日本側の報告者を公募することになりました。詳細は以下に記載するとおりとなっています。募集期間が大変に短くてまことに恐縮ではありますが、是非ともご応募くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。また、お知り合いの方々にもお知らせくださいますよう、お願い申し上げます。

1.日時 2010年1月9日(土)
2.会場 東京学芸大学
3.募集の分野
中国近現代史の中の経済史、フィールド調査と歴史研究、ジェンダー史、各1名
4.応募・報告に関するいくつかの条件
a当日の報告は中国語で行っていただきます。時間は20分程度。
b事前に報告ペーパー(論文形式)を提出して頂きます。資料集に掲載致します。字数は中文で最大1万字程度です。
c報告者の国籍は問いませんが、日本の研究情況をふまえた研究内容であることが望ましい。
d応募の締め切りは7月31日です。
5.応募に必要な事項
応募される方は、以下の事項を準備して、田中比呂志(東京学芸大学)tanakah[a]u-gakugei.ac.jpまで、メール添付にて送ってください。

a a氏名、所属、年齢、連絡先(住所、メールアドレス、電話、fax)
b希望する分野と発表題目
c発表の要旨(日本語、400字程度)
d主要業績の目録(3点以内)
6.選考は準備事務局にて厳正に行い、結果をメールにてお知らせ致します。
7.何かご不明な点がありましたら田中比呂志までお問い合わせください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2009-07-19 16:51 | 学術交流

講演会のお知らせ

「GISと歴史研究 ─民国期上海の会計士事務所を例に─」
(日本語通訳あり)

講演者:林 美莉 (中央研究院近代史研究所副研究員)

日 時:2009年7月15日(水) 16:00-18:00

場 所:東京大学駒場キャンパス18号館

4階会議室(コラボレーションルーム1)

主 催:中国近現代リベラリズム研究会(CLS)
連絡先:村田 雄二郎 (murata[a]ask.c.u-tokyo.ac.jp)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2009-07-07 20:36 | 学術交流

中国現代史研究会7月例会

日時:7月24日(金) 18:00~21:00

報告者:今井貞夫

題目:自宅に遺された日記などの一次史料で見た日中戦争
   ―勃発時(盧溝橋事件)と終戦時の父 今井武夫

場所:明治大学駿河台キャンパス研究棟4階第2会議室
[PR]
by yukiko_sakaida | 2009-07-05 16:39 | 学術交流