<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『現代中国研究』第27号 原稿募集のお知らせ

『現代中国研究』第27号 原稿募集のお知らせ

10月に刊行を予定しております『現代中国研究』第27号につきまして、
論文、研究ノートの投稿を受け付けております。どうぞふるってご応募下さい。

・原稿締切日: 2010年7月10日(土)
・枚数: 50枚程度

投稿いただく際は、プリントアウトした原稿2部と要約(1000字程度)1部、およびそれぞれの
電子ファイル(フロッピーディスク)を添えて、編集事務局宛に郵送いただきますようお願い
致します。電子ファイルは、別途e-mail添付にて送付いただいても差し支えありません。

詳細につきましては、投稿規定、執筆ガイドライン(『現代中国研究』末尾)をご参照下さい。

『現代中国研究』編集委員会

(原稿送付先)
〒577-8505 東大阪市御厨栄町4-1-10 
大阪商業大学 総合経営学部 石黒亜維
『現代中国研究』編集事務局
電話/FAX:06-6785-6207
e-mail:ishiguro@pure.ne.jp
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-05-04 11:04 | その他

5月例会のお知らせ(会場変更あり)

日時:5月15日(土) 14時~17時
会場:大阪商業大学u-メディアセンター(図書館)4Fネットワークレクチャールーム
交通、アクセス キャンパスマップ

報告者1:三品英憲会員(和歌山大学)
「【書評】金野純『中国社会と大衆動員-毛沢東時代の 政治権力と民衆-』」

報告者2:根岸智代会員(大阪大学院生)「1936年前半における「戦争不可避」言論に関する一考察」
コメンテーター:石黒亜維会員(大阪商業大学)

要旨1936年8月にアメリカで行われた第6回太平洋問題調査会の会議前、中国代表の胡適はアメリカの新聞社に「日本との戦争は不可避である」との発言を行った。本発表では戦争が不可避であると胡適が発言するに至った中国国内の言論を考察する。史料として『独立評論』を使用し、戦争不可避の発言へと中国国内世論が至った経緯を明らかにしたい。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-05-04 11:01 | 月例会・総会案内