<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

司法の役割と市民社会の構築について考えるための日中共同プロジェクト

日時:12月1日(水)13:00-16:00(開場:12:40)
場所:早稲田大学大隈記念講堂 小講堂(最寄駅:東西線早稲田駅 徒歩5分)

言語:日本語・英語・中国語(同時通訳あり)
主催:早稲田大学現代中国研究所、国際学術院

基調講演:
「裁判員制度と日本の民主主義」 四宮啓(国学院大学教授)
「陪審制と中国の司法改革」   王建勛(中国政法大学副教授)
パネリスト:
王雲海(一橋大学教授)、姚中秋(北京天則経済研究所副主席)、劉暁原(弁護士)

尖閣漁船衝突事故やノーベル平和賞に対する中国政府の対応などをみて、中国は理解しにくい国だと感じている方が多いのではないでしょうか。日本と中国の関係は経済面において益々緊密化しているのに対し、社会や政治に関わる認識や価値観においては、依然、共有できるものが少ないのが現実です。
しかし、確かに日本と中国は、現状において社会構造、政治体制、経済活動の内容が大きく異なりますが、通時的には比較研究によって互いの経験や知識を相互に参照し、自己の社会に対する認識を深めるとともに、互いの社会をより深く理解し、協力・互恵関係を築き上げてゆくことが出来るはずです。また、国際的なビジネスが一般的になる中、政治や社会問題も一国の範囲でとらえることはもはや不可能であり、国境を越えた協力が必要不可欠となっています。
私たちは日本と中国がより前向きな協力・互恵関係を構築するためには、民間における知的活動を通じて相互理解を進めるべきであり、特に両国社会の草の根レベルにまで裾野を拡げた社会問題に取り組むさまざまな専門家や実務家同士の間の相互交流が重要であると考えています。そのような認識に基づき、「司法の役割と市民社会の構築について考えるための日中共同プロジェクト」を企画しました。
日本では昨今、裁判員制度や冤罪事件に注目が集まり、より透明性が高く、開かれた制度環境の下で司法が運営される必要性が叫ばれています。司法・行政・立法の分立が実現していない中国の司法制度は日本とはかなり異なりますが、国民の司法改革に対する関心は高まっており、インターネットを中心とするニューメディアが発達したことも影響し、制度面の制約を超えてさまざまな議論が活発に行われています。本シンポジウムでは、こうした情勢を踏まえながら、「国民の司法参加」をテーマに日本・中国の双方から問題を提起し議論を進めていきます。

*公開シンポジウムに参加を申し込まれる方は、本プロジェクト事務局アドレス(chinaforum.10[a]gmail.com)まで、(1)名前、(2)所属、(3)電話番号、(4)シンポジウム終了後の懇親会(18:00-20:00)の参加・不参加をお知らせください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-11-26 07:13 | 学術交流

早稲田大学孔子学院主催「中国近代史研究の現在」シンポジウム

この度、早稲田大学孔子学院はシンポジウム「中国近代史研究の現在」を開催することになりました。20世紀80年代以後の30年間、中国大陸の近代史研究は大きく変貌し、実証に基づく研究成果が多数発表されました。2011年は辛亥革命100周年に当たります。辛亥革命をはさんでの清末史と民国史研究の著しい進展は、中国近代史像の変化をもたらしました。中国歴史学界の著しい変化はどのように起こったのか。中国の歴史家たちがどのようなことに関心を持って歴史研究に取り組んでいるのか。近代史像の変化は中国の学術研究や歴史観にどのような影響を及ぼすのか。そして、日本の中国近代史研究と中国の中国近代史研究との接点はどこにあるのだろうか。今回のシンポジウムは、中国近代史研究の第一線で活躍されている中国と日本の研究者を招いて、このような問題についてとことんまで議論したいと思います。このような日中両国の学術交流が両国の相互理解に大きく貢献するものと確信しています。ご興味のある方は、下記の申込フォームよりご申請ください。多数のご来場をお待ちしております。


時間: 11月27日(土)10:30~17:30(質疑応答含む)
受付開始: 11月27日(土)10:00~
場所: 早稲田大学 早稲田キャンパス26号館多目的ホール
※発表は中国語で行われます(日中同時通訳あり)。

プログラム:
司会者:劉傑 早稲田大学教授
【午前の部】
10:30-10:35 趣旨説明 劉 傑 早稲田大学教授
10:35-10:40 冒頭挨拶 内田勝一 早稲田大学副総長
10:40-11:40 発表 茅海建 華東師範大学教授
テーマ:張之洞档案与戊戌变法の研究
コメンテーター:村田 雄二郎 東京大学教授
11:40-12:40 発表 汪朝光 中国社会科学院研究員
テーマ:新世紀以来中国の民国史研究の概要
コメンテーター:川島 真 東京大学教授
12:40-14:00 昼休憩
【午後の部】
14:00-15:00 発表 王奇生 北京大学教授
テーマ:近年民国史研究資料の動向
コメンテーター:松重 充浩 日本大学教授
15:00-16:00 発表 楊奎松 華東師範大学教授
テーマ:近年新中国建国史研究の新史料と新しい見方
コメンテーター:斎藤 泰治 早稲田大学教授
16:00-16:20 コーヒーブレーク
16:20-17:20 自由討論
17:20-17:30 まとめ
対象: 本学教職員、学生、一般
参加費: 無料
主催: 早稲田大学孔子学院、国際課
共催: 東アジア国際関係研究所
申込:このフォームよりお申込みください
当日参加可
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-11-21 15:47 | 学術交流

第20回近現代東北アジア地域史研究会大会のお知らせ

今回は本研究会発足20周年を記念して、〈近現代東北アジア地域史研究会設立20周年記念大会〉と題し、2日間にわたって開催されます。

日時:2010年12月4日(土曜日)・5日(日曜日)

場所:日本大学文理学部

当日は非会員の方も参加可能です(但し、資料代1000円が必要です)。

シンポジウムの内容等、詳細は本研究会ホームページから御確認ください。

http://www.geocities.jp/tohoku_asia/index.htm
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-11-20 10:10 | 学術交流

11月例会のご案内

日時:11月27日(土) 14時~18時

会場:大阪大学(豊中キャンパス)
法経大学院総合研究棟(地階,セミナー室C)


報告1:永野佑子(大阪大学大学院博士前期課程)

「古跡指定に見る台湾の歴史認識とその変容―日本統治時代の建築物を中心に」

【報告要旨】
1982年文化資産保護法が公布され台湾における歴史的建築物等が古跡に指定されることになったが、その条文には「中華文化の発揚」が目的であると明記されていた。翌年に第一級古跡
、1985年に第二級、第三級古跡が指定されるが、条文通りその中に日本統治時代の建築物は一つも入っておらず、その後も1990年代に入るまで同様の状況が続いた。1991年、日本統治時代の建築物として初めて台南地方法院が第二級古跡に指定されて以降、日本統治時代の建築物も古跡に指定されるようになったものの、1998年に至るまで、古跡に指定された日本統治時代の建築物はわずかであり、また日本統治時代の建築物が第一級古跡(1997年以降は国定古跡)に指定されることもなかった。本報告では1998年以前に古跡に指定された日本統治時代の建築物に着目し1991年に第二級古跡に指定された台南地方法院と、1994年に第三級古跡に指定された桃園県忠烈祠(旧桃園神社)の保存運動や古跡指定をめぐる論争や経緯を元に台湾における日本統治時代に対する歴史認識について考察する。台南地方法院をめぐる保存運動は1990年に起き、保存の手段として古跡の指定
が検討され 一度は認められなかったものの翌年古跡に指定された。桃園県忠烈祠をめぐる保存運動は1985年に起きたが当時はその歴史的価値を認めるものの古跡ではないとされ、古跡の指定が検討されることはなく1994年に古跡に指定された。

報告2:渠桂萍(太原理工大学政法学院副教授)

「国家、権力、隠形的支配力:20世紀華北郷村権力主角的社会分層及生成邏輯)」
(*中国語発表、原稿付)

【報告要旨】
清末の“地方自治”以来,村落権力の主役の地位・階層・所属は国内外に多くの論述があるが主要な成果は村の指導者エリートと土豪・ならず者の二大グループについてのものである。
その原因は,プレセンジット・デュアラの洞察に富んだ解釈やこれに反対するフィリップ・ホアン、李懐印らの学者の先行研究の存在であろう。筆者は、これらの先行研究に対し清末の新政から20世紀3、40年代以来、村の行政員のイメージは決して“郷紳”と“土豪”の2つでは単純に描くことのできないものであると考える。本報告では、“エリート”“郷紳”の他にもその社会的地位が、外部の特殊な能力による“能力型”の人材が公職を担い、また普通の貧民も脇役として参加したことを明
らかにする。また20世紀3,40年代には、多くの村が依然として“保護型”リーダーのエリートが公職の役割を担ったことを指摘し、フィリップ・ホアンや李懐印らの解釈とは異なる視点を提出し、国家の圧力と見えない支配力の間の緊張関係から新しい解釈を試みたい。最後に、従来の研究では、単純なマイナス評価しかなされなか った土豪やごろつき達に対し、彼らも村にある種の特別で非日常な“保護”を提供したこと、もし村の暗黙の了解、同意がなければ、彼らの意図は容易に思いどおり
にならなかったことを明らかにしたい。

報告3:史桂芳(首都師範大学歴史学院教授)

「詩歌と中日戦争:西南大後方の抗戦詩歌を中心に」


【報告要旨】
中日全面戦争勃発後、多くの知識人が重慶、昆明、桂林等西南大後方に移り住み、時代感覚に富んだ詩歌を創作した。詩歌は抗戦文学の庭の一輪の奇花であり中国近代文学史上に残る重要な一頁であるにとどまらず、中日戦争研究の重要な内容でもある。本文は中日戦争時期の西南大後方の詩歌を考察対象とし西南大後方の詩歌の形成、内容、特徴と作用を中心に分析し、新たな角度から中日戦争を理解するものである。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-11-16 08:45 | 月例会・総会案内

中国現代史研究会例会

日時:11月26日(金)18:00~21:00

報告者:吉見崇氏(東京大学大学院)

報告題目: 「戦後中国における警察と検察」

会場:明治大学駿河台研究棟3階第10会議室
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-11-12 09:48 | 学術交流

京都民科歴史部会共催シンポ

【日時】11月21日(日) 13時~18時
【会場】京都府立大学 本館・合同講義室棟3F 第4講義室
(地下鉄烏丸線「北山駅」下車 南へ600m)

【報告】
西村成雄氏「20世紀中国の党・国家・政府体制と正統性問題」

コメント1
中川涼司氏「中国経済政策における党・政・民
―経済政策分野において党・国家体制は継続しているか」
コメント2
三品英憲氏「中国社会の構造からみた党・国家体制」

最近の中国の経済発展と国際政治におけるプレゼンスの急激な上昇は目覚ましいものがあります。しかし、それは一体どうして可能なのか、その性格はどう規定できるのか、体制はどのようなものなのか、いろいろな議論が出ていますが、その全体像はつかめていないのではないでしょうか。これまで欧米日などの先進国は中国経済が発展し、中間層が形成されていけば、いずれ専制的な党・国家は維持できなくなり、民主化するか、崩壊せざるを得ないと見ていました。欧米日、あるいは東アジアNIESなどの経験からの類推ですが、今のところ当たっていません。むしろ最近中国の政治指導部は民主化ではなく、党・国家体制を維持しつつ、その主導のもとに経済開発を推進する方向を明確にしているようです。国際的にも 世界的な政治的リーダーシップを強め、先進国、とくにアメリカへの対抗面を強めつつあるように思われます。

こうした世界と中国の現状から、中国の国家体制をどう捉えるのか、歴史的にその性格をどう規定したらいいのか。それはどのような条件のもとで形成されてきたのか、歴史学にとっての基本問題であり、欧米日の既成の理論では解けない問題であると思います。また、現状分析と歴史分析を結びつけることが必要です。もちろんこの大問題はすぐに解けるようなものではありませんが、このシンポジウムで集中して議論したいと思います。会員諸氏の参加を期待します。


お問い合わせは 京都民科歴史部会事務局(京都府立大学文学部小林啓治研究室)
075-703-5254 
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-11-07 08:48 | 学術交流

webサイト引越しのご連絡

中国現代史研究会のウェブサイトは、fc2のサーバー全般が中国側からアクセスできなくなったため、旧URLに再度引越しをいたします。
会員のみなさまにはご不便をおかけしますが、再度ブックマークの変更をお願いいたします。

引越し先 http://modernchina.rwx.jp/
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-11-06 11:16 | その他

孫文研究会 秋季研究例会のご案内

孫文研究会 秋季研究例会のご案内

孫文研究会秋季研究例会を下記のとおり開催いたします。ご出席の方は、Fax(078-785-3440)でお知らせください。多数のご参加をお待ち申し上げます。



(1)日  時 2010年11月20日(土) 15:00~17:00
(2)会  場 中華会館 6階 第2会議室(地図ご参照)
(3)報 告 者 坂元 ひろ子(一橋大学大学院社会学研究科教授)
(4)題  目 「辛亥革命におけるジェンダーと表象」
(5)コメンテーター 磯貝 真澄(神戸大学人文学研究科学術推進研究員)

《会場案内》  中華会館:神戸市中央区下山手通2-13-9   TEL:078-392-2711

                             

孫文研究会秋季研究例会 参加申込票
                            
        
氏名:                   
    
TEL :               所属:    

申込日:      年    月   日

宛先:孫文研究会
FAX:078-785-3440
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-11-06 00:29 | 学術交流

日本現代中国学会関東部会研究会

日時:12月4日(土)14:30-17:00
■場所:法政大学市ヶ谷校舎
58年館2階・キャリア情報ルーム(2階を左手に進んだ突きあたり)
■テーマ:劉暁波「現象」をめぐる論争
(司会:中村元哉会員)
14:30-14:40 企画趣旨説明(関東部会代表理事・趙宏偉会員)
14:40-15:05 第一報告
坂元ひろ子会員(一橋大学):「中国知識人としての「劉暁波」とどう向
き合えるか」
15:05-15:20 第二報告
代田智明会員(東京大学):「六四天安門事件と劉暁波」
15:20-15:45 第三報告
及川淳子会員(法政大学):「劉暁波『現象』と政治体制改革をめぐる言論
空間」
15:45-16:00 休憩
16:00-17:00 自由討論
※タイムスケジュールに間違いはございません。
※報告タイトルには変更の可能性があります。

<連絡先>お問い合わせ・ご質問のある方は中村先生のアドレス宛にご連絡下さい。

*関東部会執行部*
趙宏偉(代表理事)
中村元哉(総務)

阿古智子・佐藤普美子・丸川知雄(事務局)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-11-04 13:31 | 学術交流

■中国現代史研究会 本サイトのご案内

中国現代史研究会の本サイトはこちら

http://modernchina.rwx.jp/
[PR]
by yukiko_sakaida | 2010-11-04 13:30 | 現代史研究会・本サイト