<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東海地区例会のお知らせ

日時:2012年2月18日(土)
 時間:13:30~16:30
 場所:愛知学院大学 楠元学舎 歯学部第一講義室
    (会場までの詳細は、http://www.aichi-gakuin.ac.jp/access3.html) 

報告者:
  ①林雪星氏(東呉大学日本語文学系教授)
   報告:近代日本と台湾―謝介石と鐘理和との対話から―
   *日本語で報告します。
  
  ②儞仲俊氏(開南大学観光与餐飲旅館学系助理教授)
   報告:日本の植民地体験の記録と台湾人のアイデンティティーの構築

  ③謝政諭氏(東呉大学政治系教授)
   報告:台湾人のアイデンティティーから出た「千層派」

報告者略歴
・林雪星氏:東呉大学東方語文学系文学士、広島大学日本地域研究所国際学修士、東呉大学日本語文学系博士班文学博士。現在東呉大学日本語学科主任。『日本文摘』の編集に携わり、シンガポール大学で教鞭を執った。台湾日語教育学会理事、考試院専門職業及技術人員普通考試導遊人員考試第二口委員を歴任。

・儞仲俊氏:ペンシルバニア大学歴史学博士。開南大学観光与餐飲旅館学系助理教授、中華民国人文科学研究会理事を務める。

・謝政諭氏:国立政治大学法学博士、シカゴ大学、プリンストン大学、香港事中文大学訪問学者。東呉大学発展処処長、中華民国民族主義学会理事長、中華民国ボーイスカウト総会秘書長を歴任。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2012-02-09 23:54 | 東海地区例会案内

神奈川大学中国語学科主催シンポジウム

311以後の日本から中国を語る

日時: 2012年2月10日(金)14:00~17:30
会場: 神奈川大学横浜キャンパス 23号館205
 横浜市神奈川区六角橋3-27-1(東急東横線「白楽駅」から徒歩13分)
 

開催趣旨
急激な経済成長を続けてきた中国は、今、大きな転換点を迎えようとしているよ
うに見えます。しかし、ここ日本において中国を語る際、その社会矛盾の噴出
や制度上のきしみを対岸の火事として高見の見物を決め込むことはできないで
しょう。「日本」という場自体もまた、大きくゆらぎ、構造変動のまっただ中
にあるからです。では、この現代日本という場から中国社会について語る時、
どのような可能性と問題点があるのでしょうか。
 本シンポジウムでは、マクロな構造分析とシステムに翻弄される人々への共
感、理論と実証、現状分析と歴史研究をつなぐ斬新な切り口で中国を語 る、
今、最も先端的な中国研究者・梶谷懐さんを基調報告者としてお招きします。
また、梶谷さんの近著を手がかりに、意欲的なフィールドワークを行う3人の
気鋭の研究者から問題提起を行なって頂き、上記の問題について、考えていき
たいと思います。

プログラム
第一部 14:00~14:55
14:00 開催趣旨説明
14:05 基調報告
 梶谷懐「東アジアにおける「公共性」の可能性―「中国特殊論」を超えて―」

第二部 15:00~16:20
報告 梶谷懐『「壁と卵」の現代中国論―リスク社会化する超大国とどう向き合
うか―』(人文書院、2011年)をめぐって
1.阿古智子氏(早稲田大学)
2.大澤肇氏(人間文化研究機構地域研究推進センター、東洋文庫)
3.水谷尚子氏(中央大学兼任講師)

第三部 16:30~17:30
16:30 梶谷氏から書評報告への応答
16:45 総括討論
17:25 閉会の辞

司会 村井寛志 (神奈川大学外国語学部准教授)

参加無料、申込不要

主催 神奈川大学中国語学科
共催 中国公民社会研究会、神奈川大学経済学部グローバリゼーション研究会
企画協力 麻生晴一郎氏、本田親史氏
[PR]
by yukiko_sakaida | 2012-02-08 22:09 | 学術交流

東洋文庫近代中国研究班主催 公開シンポジウム「華北の発見」

 日 時:2012年2月12日(9:20〜17:30)
 場 所:㈶東洋文庫 2F講演室

 報告者・報告タイトル:
(開会挨拶・全体司会; 本庄比佐子)
 第1部 地域概念としての華北(司会;内山雅生)
 【報 告】
「華北地域概念の形成と日本」 久保 亨
「「外地」の日本語刊行物からみる華北:『朝鮮及満洲』を事例として」  松重充浩
「新聞記事からみる華北認識」 富澤芳亜
「「西北」概念の変遷」 吉澤誠一郎
「中国における華北史研究の現状と課題」 張 利民(天津社会科学院)
「独中関係史からみた華北」 浅田進史
 【総括的コメントと自由討論】
 コメンテーター; 光田 剛(成蹊大学)

 第2部 華北の農村と社会(司会 久保 亨)
【報 告】
「戦中期日本の中国農村研究と「華北」」 内山雅生
「近現代華北農村経済の特質について:華北とはどこか」 弁納才一
「民間信仰からみる近代江南社会と華北社会:祠・廟を中心に」 佐藤仁史
「旅行先としての「華北」:「鮮満観光」から「鮮満支観光」へ」 瀧下彩子
「農村工業化と華北」 Linda Grove(ハーバード燕京研究所)
「中国交通システムの形成と華北の都市化過程:1881-1937」 江 沛(南開大学)
「村檔案から見た現代華北農村社会の変容」 張 思(南開大学)
【総括的コメントと自由討論】
 コメンテーター;笠原十九司(都留文科大学)
 総 括 討 論(司会;久保 亨)

 ※参加自由・入場無料・通訳あり。報告タイトルは一部変更となる可能性があります。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2012-02-02 14:29 | 学術交流

1950年代中国研究会


日時:2012年2月18日(土)午後4時~6時
場所:東洋文庫会議室

報告:
「中国における1950年代中国史研究の現状―復旦大学・ハーバードイェンチン研究所共催トレーニングプログラムに参加 して」

報告者:大澤 肇氏(東洋文庫現代中国研究資料室研究員)
懇親会:研究会終了後、東洋文庫ミュージアム・レストランにて。奮ってご参加ください。なお、東洋文庫ミュージアムをまだ訪れて いらっしゃらない方は、ぜひこの機会(研究会の前の時間)をご利用ください。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2012-02-02 12:07 | 学術交流

中国現代史研究会例会


日時:2月17日(金) 16:00~19:00

会場:東洋文庫 7階会議室

報告者:王頴琳氏
(日本学術振興会外国人特別研究員(東京大学社会科学研究所客員研究員))

報告題目:中国における紡織機械産業の発展‐1980~2010年における綿紡織機械製造業を中心に‐
[PR]
by yukiko_sakaida | 2012-02-02 12:06 | 学術交流