<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

越境の映画史 東西学術研究所 研究例会

関西大学東西学術研究所にて、2月9日(土)に「越境の映画史」と題した研究例会が開催されます。映画史におけるさまざまな越境の事例を、4本の研究発表によってふりかえります。謝嘉錕『ブロツキーを探して』をはじめとする関連作品の参考上映も含め、盛りだくさんの内容となっておりますので、みなさまのご来場をお待ち申し上げております。

越境の映画史
東西学術研究所 研究例会(比較映像文化班)

日時:2013年2月9日(土)
場所:関西大学千里山キャンパス 以文館4階セミナースペース

■第1部 参考上映(13:00~15:15)
・ 謝嘉錕『ブロツキーを探して』尋找布洛斯基(台湾、2009年、60分、英語字幕)
・ 岳楓『蕩婦心』(香港、1949年、抜粋上映、約20分、字幕なし)
・ マックス・ランデー主演作品(英語字幕)
リュシアン・ノンゲ『湯壺の失敗』Max prend un bain(フランス、1911年、4分35秒)
アルベール・カペラニ『お伽の森』Vie de Polichinelle(フランス、1906年、7分32秒)
・ ルイス・トレンカー『銀嶺に帰れ』Der verlorene Sohn(ドイツ、1934年、抜粋上映、約
30分、英語音声)

■第2部 研究発表(15:30~18:00)
司会 堀 潤之(研究員・文学部准教授)

・ 菅原慶乃(研究員・文学部准教授)
「中国侮辱映画」への抵抗・ナショナリズム・文化貿易――『危険大歓迎』事件とその前後
・ 西村正男(関西学院大学教授)
トルストイ『復活』と中国語映画
・ 大傍正規(フィルムセンター研究員)
新しい身体性と編集のリズム――越境者マックス・ランデーに注がれたまなざし
・ 竹峰義和(東京大学准教授)
さまよえる反逆者――1930年代のルイス・トレンカーの越境的活動をめぐって

主催:関西大学東西学術研究所
協賛:中国文芸研究会映画の会

詳細(ポスター、および発表要旨等)は以下のPDFファイルをご覧ください。
https://dl.dropbox.com/u/3975873/Poster.pdf
https://dl.dropbox.com/u/3975873/Resume.pdf

大学へのアクセスに関しては、以下をご覧ください(以文館は、2番目のURLの7番の建物です)。
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/access.html
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html
[PR]
by yukiko_sakaida | 2013-01-31 15:28 | 学術交流

中国現代史研究会2013年総会・研究集会のご案内について

1月31日に総会専用メールアドレス(k.modernchina[a]gmail.com) から「中国現代史研究会2013
年総会・研究集会のご案内」をお送りしました。
(一昨年から、郵送ではなく、メールでのご連絡に変更しています)。

返信期限は2月28日です。

迷惑メール等に分類されている可能性もございますので、念のためご確認いただければ幸いに存じます。

届いていない場合は再度送信させていただきますので、まことに恐れ入りますが、上記アドレスまでご連絡くださいますようお願い申し上げます。

メールへの移行中ということもあり、皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2013-01-31 15:07 | 月例会・総会案内

東海地区例会のお知らせ

日時:2013年2月16日(土)13:30~16:30
場所:愛知大学車道校舎K703教室(名古屋市営地下鉄桜通線「車道駅」下車。1番出口すぐ http://www.aichi-u.ac.jp/profile/07.html)

報告者:
①大野絢也氏(愛知学院大学大学院)
「日中戦争期の華中南交通網ー支配と破壊に着目してー」

②村上享二氏(愛知大学大学院)
「1960年代前半の中国の対アフリカ政策状況の確認―第二回アジア・アフリカ会議と第二回非同盟諸国首脳会議をとおして―」

みなさまのご参加をお待ちしております。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2013-01-29 19:54 | 東海地区例会案内

中国現代史研究会例会

中国現代史研究会例会

日時:1月25(金) 18:00~20:00
会場:明治大学駿河台校舎 研究棟4階第5会議室

報告者:藤井元博(慶應義塾大学大学院博士課程1年)

報告題目:重慶国民政府の西南地域における統制強化と軍事作戦―桂南会戦を中心に
[PR]
by yukiko_sakaida | 2013-01-20 17:03 | 学術交流

自由論題報告の募集の件

自由論題報告の募集終了について

会員の皆さま

昨日ご案内しました総会研究会の自由論題報告の募集の件につきましては、
その後、応募者がありましたので募集を終了致します。
ご協力ありがとうございました。

なお、来年度(4月以降)の例会につきましては、発表者を随時募集して
おります。研究発表をご希望の方は、下記までご連絡ください。

問い合わせ・連絡先(#を@に変えてください)
 梶谷懐会員 kaikaji#yahoo.co.jp(メールアドレス)
 三品英憲会員 CQX04640#nifty.com(メールアドレス)


*連絡はできるだけE-mailでお願いいたします。
その他ご存知の事務局員にご連絡頂いても結構です。

以上、よろしくお願い致します。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2013-01-20 17:01 | 月例会・総会案内

第4回 中国世論研究会 公開研究会「鼓動輿論以為外交之助:『北洋外交』的輿論宣傳面向」(1月27日)

第4回 中国世論研究会 公開研究会「鼓動輿論以為外交之助:『北洋外交』的輿論宣傳面向」(1月27日)

日時:平成25年1月27日(日)16:00―18:00
会場:東京大学駒場キャンパス・18号館コラボレーションルーム4
発表者:應俊豪(国立台湾海洋大学副教授)
発表テーマ:「鼓動輿論以為外交之助:『北洋外交』的輿論宣傳面向」

開催概要:
 應俊豪先生は、国立政治大学のご出身で歴史学博士でいらっしゃいます。ご専門は1920年代の輿論と外交です。
著書には、『「丘八爺」与「洋大人」――国門内的北洋外交研究(1920-1925)――』国立政治大学歴史学系、2009年、
『外交与砲艦的迷思――1920年代前期長江上游航行安全問題与列強的因応之道――』台湾学生書局、2010年、等があります。

司会:家近亮子(敬愛大学 教授)
討論者:川島真(東京大学准教授)

報告は中国語で行われますが、適宜日本語訳いたします。参加自由・事前連絡不要です。
お問い合わせ先:
早丸一真 5385588533[at]mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
川島 真 kawashima[at]waka.c.u-tokyo.ac.jp
[PR]
by yukiko_sakaida | 2013-01-20 17:00 | 学術交流