<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

中国現代史研究会 2015 年総会・研究集会のご案内

2015年総会・研究集を下記の要領で開催いたします。奮ってご参加ください。なお今年度は、 1日のみ開催です。



日時: 20 15年 3月 14日( 土)
場所:谷岡学園 梅田サテライトオフィス
〒530 -0011 大阪市北区深町 4番 20 号 グランフロト大阪タワー A(南館) 16 階

1.スケジュール 3月 14日(土) 9:20‐ 受付開始

9:50~10:50 自由論題第1報告:三品英憲会員(和歌山大学)
 「戦後内戦期の共産党支配地域における権力と秩序―1947年を中心に―」
10:50~11:50 自由論題第2報告:張鴻鵬会員(名城大学大学院)
 「元陸軍中将遠藤三郎と『満洲国』-『遠藤日誌』を中心にー」

11 :50 ‐13 :00 休憩
13:00‐13 :30 総会

13:40~13:45 シンポジウム趣旨説明:馬場毅会員 (愛知大学名誉教授)
13:45~14:15 第1報告:
 川村範行氏(名古屋外国語大学、東海日中関係学会会長、元中日新聞論説委員)
 「習近平政権における歴史問題の状況―安倍政権けん制と国際世論形成」
14:15~14:45 第2報告:聶莉莉氏(東京女子大学)
 「細菌戦の戦争記憶とその語り」
14:45~15:15 第3報告:石井弓氏(東京大学)
 「歴史と記憶のせめぎ合い」
15:15~15:45 第4報告:水谷尚子会員(中央大学)
 「中国映画に見る『歴史の記憶』~日本兵や日本人はどう描かれたのか」
15:45~16:00 休憩
16:00~16:30 コメント:
 鈴木隆氏(愛知県立大学)、丸田孝志会員(広島大学)

19:00‐21:00 0 0 懇親会
[PR]
by yukiko_sakaida | 2015-02-26 09:07 | 月例会・総会案内

第4回 アジア市場経済学会・東アジア地域研究会合同研究会のご案内

第4回 アジア市場経済学会・東アジア地域研究会合同研究会
     日時:2015年3月7日(土) 13時~18時
場所:大阪産業大学梅田サテライトキャンパス(大阪駅前第3ビル19階)

         共通論題   
日中関係の現在-歴史、文化、政治、経済の視点から-

プログラム
開会の辞(13:00~13:05):植村泰夫(東アジア地域研究会)

報告(13:05~15:50)  
司会1:小林 守(専修大学)(アジア市場経済学会)
報告1:下野寿子(北九州市立大学)(13:05~13:45、質疑応答を含む)
「現在の日中関係―内政の制約と中国の大国化」
報告2:畢 世鴻(東京大学)(13:45~14:25、質疑応答を含む)
「日中経済関係の現段階-メコン地域を中心として」
時間調整(5分) 
司会2:中川涼司(立命館大学)(東アジア地域研究会)
報告3:水羽信男(広島大学)(14:30~15:10、質疑応答を含む)
「中国近代史から考える日中関係の現在」
報告4:韓 燕麗(関西学院大学)(15:10~15:50、質疑応答を含む)
「文化的視点から考える日中関係の現在」

休憩(15:50~16:10)

総合討論(16:10~17:40)
司会3:西澤信善(東亜大学)(アジア市場経済学会)
司会4:櫻谷勝美(東アジア地域研究会)
パネリスト:報告1、2、3、4の報告者

閉会の辞(17:40~17:45):村松潤一(アジア市場経済学会)

第4回 アジア市場経済学会・東アジア地域研究会合同研究会
     日時:2015年3月7日(土) 13時~18時
場所:大阪産業大学梅田サテライトキャンパス(大阪駅前第3ビル19階)

         共通論題   
日中関係の現在-歴史、文化、政治、経済の視点から-

プログラム
開会の辞(13:00~13:05):植村泰夫(東アジア地域研究会)

報告(13:05~15:50)  
司会1:小林 守(専修大学)(アジア市場経済学会)
報告1:下野寿子(北九州市立大学)(13:05~13:45、質疑応答を含む)
「現在の日中関係―内政の制約と中国の大国化」
報告2:畢 世鴻(東京大学)(13:45~14:25、質疑応答を含む)
「日中経済関係の現段階-メコン地域を中心として」
時間調整(5分) 
司会2:中川涼司(立命館大学)(東アジア地域研究会)
報告3:水羽信男(広島大学)(14:30~15:10、質疑応答を含む)
「中国近代史から考える日中関係の現在」
報告4:韓 燕麗(関西学院大学)(15:10~15:50、質疑応答を含む)
「文化的視点から考える日中関係の現在」

休憩(15:50~16:10)

総合討論(16:10~17:40)
司会3:西澤信善(東亜大学)(アジア市場経済学会)
司会4:櫻谷勝美(東アジア地域研究会)
パネリスト:報告1、2、3、4の報告者

閉会の辞(17:40~17:45):村松潤一(アジア市場経済学会)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2015-02-26 08:18 | 学術交流

第6回セミナー研究会 2015年3月9日(月)

第6回セミナー研究会 2015年3月9日(月)
テーマ:「中国のサイバー戦略の実態と日本の弱点」
【講師】伊東 寛 氏
【進行】野口 東秀
【時間】18時/受付 18時30分開始―20時30分迄

【場所】東京都千代田区内神田1-18-12 内神田東誠ビル
フォーラムミカサ エコ8階ホール(JR神田駅西口より徒歩5分)
(URL:http://fm-tohnet.com/)
【参加費】会員2千円 ※当日受付にてお支払ください。
(会員になっておられない方は別に年会費8千円をお願いします)
※当日欠席の場合は、参加費をお振込みして頂きます。(前日、17時までにご連絡頂ければ結構です)
【振込先】みずほ銀行 六本木支店 口座番号 普通4423667 口座名義 新外交フォーラム

新外交フォーラム事務局
〒106-0032 東京都港区六本木4-3-11-425
URL:http://nd-f.org/
TEL:03-6459-2710
FAX:03-6459-2711
E-Mail:noshimu[a]kne.biglobe.ne.jp 又はinfo[a]nd-f.org

【伊東 寛氏の略歴】
株式会社ラック 常務理事/サイバー・グリッド・ジャパン ナショナルセキュリティ研究所 所長/工学博士
1955年10月15日 京都府 生まれ
1980年3月 慶応義塾大学大学院(修士課程)修了
1980年4月 陸上自衛隊入隊。
2007年4月 株式会社シマンテック総合研究所入社 主席アナリスト
2010年6月 株式会社ラック入社 特別研究員
2011年4月 同 執行役員
2014年4月 現職
陸上自衛隊入隊後、技術及び情報系の指揮官・幕僚などを歴任。
最後の補職は陸自初のサイバー戦部隊であるシステム防護隊の初代隊長。サイバー戦争の第一人者として、官庁、大学、その他公益法人、企業、 各種イベントやセミナーなどでの講演や新聞・雑誌などへの寄稿、テレビや ラジオなどでコメントなど多数実施。

防衛省CDC有識者委員
慶応大学非常勤講師
日本情報セキュリティマネジメント学会常任理事
安全保障危機管理学会サイバー防衛研究部会部会長
情報セキュリティEXPO専門委員 等

書籍:『「第5の戦場」サイバー戦の脅威』祥伝社
[PR]
by yukiko_sakaida | 2015-02-26 08:16 | 学術交流

日中共同研究「中国当代史研究」第4回ワークショップ(京都)報告者募集

  中国当代史に関する日中共同研究ワークショップが2015年12月、京都にて開
催されることになりました。この共同研究は、第1回ワークショップ(2012年上
海)、第2回ワークショップ(2013年京都)、第3回ワークショップ(2014年上
海)に引き続き、今回が第4回となります。
会の趣旨と第1回ワークショップの模様、第2回ワークショップの模様、第3回
ワークショップの模様は、それぞれ下記のURLを参照。

http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~rcmcc/dangdaishi.htm
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~rcmcc/dangdaishi22.htm
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~rcmcc/dangdaishi33.htm

 このたび、第4回の開催にさいして、若手の報告者を公募することになりました。
 下記の応募要項を御参照の上、積極的に応募して下さるよう、お待ち申しあげ
ます。   2015年2月6日

  「日中共同研究 中国当代史研究」日本側世話人会(石川禎浩、久保亨、深
町英夫、村田雄二郎)

                記

1.会議日程・場所:2015年12月5日(土)、6日(日)
          京都(京都大学人文科学研究所)
2.テーマ:「1950-60年代の中国」
3.ワークショップ構想:1950-60年代の中国を中心に、次のようなセッション
を設ける予定ですので、それに関連する報告(口頭での報告時間は15-20分、そ
れに引き続きコメント・討論が30分程度)を募集します。
  ・対外関係(対日、米、ソなど)
  ・社会主義化をめぐる諸問題
  ・文化・思想の「改造」、など
4.募集人員:1-2名程度
5.応募資格:応募時点で、以下のいずれかに相当する方。
 (1) 国内の大学や研究機関に所属するPD研究員・非常勤講師等。
 (2) 国内の大学や研究機関に在籍する博士課程大学院生。
6.経費負担:会議期間中の宿泊費(3泊まで)と居住地から京都までの往復
  交通費は、主催者が負担します。
7.使用言語:中国語(通訳なし。中国語での報告、討議をお願いします)。
8.応募期間:2015年2月20日~2015年5月7日(締切厳守)
9.応募書類:
 (1) 氏名、所属、連絡先(メールアドレス、住所、電話番号)
 (2) 報告テーマと報告要旨(日本語1200字程度で、主な論点、構成、
    史料などを説明するもの)
 (3) 主要業績一覧(書式随意)
10.応募方法: 応募書類をメールにより世話人会
  (石川 ishikawa[at]zinbun.kyoto-u.ac.jp)に送信。
11.選考方法:世話人会による審査の上、決定。
12.結果発表:2015年5月末日までにメールで通知。
13.準備報告:事前に研究会での準備報告をお願いすることがあります。
14.報告論文:報告論文(中国語)をワークショップ前に提出してもらいます
  (中国語換算1万字程度〔本文と注を含む〕。2015年10月末提出締切)。
15.問合せ先:世話人会(石川ishikawa[at]zinbun.kyoto-u.ac.jp)。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2015-02-10 23:00 | 学術交流