<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東海地区10月例会のお知らせ

【日時】:10月31日(土)1時半~5時
【場所】:愛知学院大学楠元学舎歯学部基礎棟第2会議室 
 *地下鉄本山駅  徒歩10分

【報告者】:

武内剛氏(愛知学院大学)
「イ族サニ人の形成過程(仮)」

谷川毅氏(名古屋経済大学)
「中国の最近の発禁事情―閻連科・蒋方舟著『両代人的十二月』を中心に」
[PR]
by yukiko_sakaida | 2015-09-28 02:45 | 東海地区例会案内

新外交フォーラム 第11回 福田 潤一セミナー研究会(9月30日)のお知らせ

●第11回セミナー研究会 2015年9月30日(水)
テーマ:米国防総省の「第三の相殺戦略」
【講師】福田 潤一 氏(世界平和研究所 研究員)
【進行】野口 東秀
【時間】18時/受付 18時30分開始―20時30分迄
【場所】東京都千代田区内神田1-18-12 内神田東誠ビル
フォーラムミカサ エコ8階会議室(JR神田駅西口より徒歩5分)
(URL:http://fm-tohnet.com/)

【福田 潤一氏の略歴】
青山学院国際政治経済学部平成14年卒、東京大学大学院総合文化研究科修士課程平成16年卒(国際関係修士)。平成24年3月同博士課程修了(単位取得退学)。平成22年6月から平成24年5月まで外務省国際情報統括官組織専門分析員(米国の安全保障担当)、平成24年6月から平成25年5月まで笹川平和財団事業部研究員(日米同盟事業担当)を挟み、平成25年6月から平成26年3月まで再び外務省国際情報統括官組織専門分析員(極東の安全保障担当)。平成25年4月から平成26年3月まで法政大学法学部兼任講師(演習「現代アメリカの政治と外交」担当)を併任。平成26年4月より現職。平成27年4月から法政大学大学院法学研究科兼任講師(「国際情勢分析論」及び「対外政策研究(米国)」担当)。専門は国際関係理論、安全保障論、米国外交・安全保障政策。


新外交フォーラム事務局
〒106-0032 東京都港区六本木4-3-11-425
URL:http://nd-f.org/
TEL:03-6459-2710
FAX:03-6459-2711
[PR]
by yukiko_sakaida | 2015-09-16 20:56 | 学術交流

中国現代史研究会10月例会のお知らせ

『日本と中国、「脱近代」の誘惑』書評会

 現代中国に関して真摯な発信を続ける梶谷懐氏がこの度出版された『日本と中国、「脱近代」の誘惑』(太田出版、2015)は、現代中国の政治文化の激変に右 往左往する現代日本の知識人を痛切に批判する内容となっています。同時に、戦後70年の日本における東アジア認識の貧困を赤裸々に暴き出すことにも成功しています。
 本書読了後、現代中国研の思想文化の研究に携わる者の1人として、本書が提示する諸問題に真正面から応答する必要性を感じていました。
 この度、三品英憲、山下範久、渡辺直土の3氏のご協力を得て、本書を手掛かりに、混迷を極める日本の現代中国研究をどのように溌剌とした言論の行き交う場に転換すべきかを検討する場として、書評会という形式での共同討議を行うことにいたしました。
 この書評会は、上記の3氏に緒形康を加えた4名による各章のコメントと、本書全体の総合討議の2つの部分から構成されています。
 現代中国は何処に行くのか、その存在は世界の歴史にいかなる問題を投げかけているのかについて、日々思索をめぐらす同好の士が、多数参加されることを期待しています。(企画:緒形康)

 開催日時:2015年10月17日(土)14時〜17時
 場所:神戸大学大学院経済学研究科中会議室(六甲台第1キャンパス第三学舎1階)
                   
 プログラム案:14時〜14時30分 第1章; 渡辺直土氏コメント(30分)
        14時30分〜15時 第2章; 緒形康コメント  (30分)
        15時〜15時30分 第3章; 山下範久氏コメント(30分)
        15時30分〜16時 第4章; 三品英憲氏コメント(30分)
        16時〜17時    共同討議          (60分)

以上
[PR]
by yukiko_sakaida | 2015-09-05 20:25 | 月例会・総会案内