<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

東海地区5月例会のお知らせ

以下の日程で中国現代史研究会東海例会5月例会を開催いたします。
ぜひご参加いただければ、と思います。

【日時】5月28日(土)1時半~5時
【場所】:愛知大学車道校舎K1002教室(10階)
*名古屋市営地下鉄桜通線「車道駅」下車。1番出口そば、徒歩5分
地図

【報告者】:
榊原真理子氏(愛知県立大学大学院 国際文化研究科国際文化専攻 博士後期課程)
「孟京輝の追憶をめぐる考察―中国演劇の『異文化』を視座に」(パワーポイント使用)

王広涛氏(愛知大学国際中国学研究センター研究員)
「日中和解の政治学――『寛容』と『記憶』を中心に」
[PR]
by yukiko_sakaida | 2016-03-17 23:03

日中共同研究「中国当代史研究」第5回ワークショップ(上海)報告者募集 のお知らせ

 中国当代史に関する日中共同研究ワークショップが2016年12月、上海にて開 催されることになりました。この共同研究によるワークショップは、第1回 (2012年7月上海)、第2回(2013年12月京都)、第3回(2014年12月上海)、 第4回(2015年12月京都)に引き続き、今回が第5回となります。このたび、第 5回の開催にさいしても、若手の報告者を公募することになりました。下記の 応募要項を御参照の上、積極的に応募して下さるよう、お待ち申しあげます。
 会の趣旨とこれまでの開催回については、それぞれ第1回ワークショップの 説明関連リンクを参照して下さい。           
                                   2016年3月6日
「日中共同研究 中国当代史研究」日本側世話人会(石川禎浩、久保亨、深町 英夫、村田雄二郎)
   
                        記
1.会議日程・場所:2016年12月3日(土)、4日(日)  上海(華東師範大学)
2.テーマ:「1950-60年代の中国」
3.ワークショップ構想:1950-60年代の中国を中心に、次のようなセッショ ンを設ける予定ですので、それに関連する報告(口頭での報告時間は15-20 分、それに引き続きコメント・討論が30分程度)を募集します。
  ・対外関係(対日、米、ソなど) ・社会主義化をめぐる諸問題 ・ 文 化・思想の「改造」、など
4.募集人員:1-2名程度
5.応募資格:応募時点で、以下のいずれかに相当する方。
 (1) 国内の大学や研究機関に所属するPD研究員・非常勤講師等。
 (2) 国内の大学や研究機関に在籍する博士課程大学院生。
6.経費負担:会議期間中の宿泊費(3泊まで)と居住地から上海までの往復交 通費は、主催者が負担します。
7.使用言語:中国語(通訳なし。中国語での報告、討議をお願いします)。
8.応募期間:2016年3月10日~2016年5月7日(締切厳守)
9.応募書類:
 (1) 氏名、所属、連絡先(メールアドレス、住所、電話番号)
 (2) 報告テーマと報告要旨(日本語1200字程度で、主な論点、構成、史 料などを説明するもの)
 (3) 主要業績一覧(書式随意)
10.応募方法: 応募書類をメールにより世話人会
  (石川 ishikawa[at]zinbun.kyoto-u.ac.jp)に送信。
11.選考方法:世話人会による審査の上、決定。
12.結果発表:2016年5月末日までにメールで通知。
13.準備報告:事前に研究会での準備報告をお願いすることがあります。
14.報告論文:報告論文(中国語)をワークショップ前に提出してもらいます
  (中国語換算1万字程度〔本文と注を含む〕。2016年10月末提出締切)。
15.問合せ先:世話人会(石川ishikawa[at]zinbun.kyoto-u.ac.jp)。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2016-03-09 20:27 | 学術交流

地球規模課題対話「ワールド・アジェンダ2016」 

※定員:200名/日英同時通訳
日時 2016年3月27日(日) 13:30~17:30 (開場13:00~)
会場 国連大学3階 ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
内容 13:30~15:30 第一セッション「国際秩序の不安定化と世界の行方」
15:45~17:30 第二セッション「世界経済のリスクと主要国の役割」
参加費 無料
パネリスト
◇海外シンクタンク代表者など
   インド:サンジョイ・ジョッシ(オブザーバー研究財団所長)
インドネシア:フィリップ・ベルモンテ(戦略国際問題研究所所長)
   カナダ:ロヒントン・メドーラ(国際ガバナンス・イノベーションセンター総裁)
   フランス:トマ・ゴマール (フランス国際関係研究所(IFRI)所長)
   ドイツ:ハンス・G・ヒルパート(ドイツ国際政治安全保障研究所(SWP)アジア担当部長)
   米国:調整中(外交問題評議会(CFR)) 他 
◇日本人パネリスト
   川口 順子(明治大学国際総合研究所特任教授)
   近藤 誠一 (近藤文化・外交研究所代表、前文化庁長官)
   田中 明彦 (東京大学東洋文化研究所教授、前JICA理事長)
   長谷川閑史 (武田薬品工業株式会社取締役会長、前経済同友会代表幹事)
   藤崎 一郎 (上智大学国際関係研究所代表、前駐米大使)
   ※他、日本・海外より数名を予定
============
ご参加いただける方は、下記お申込みフォームにご記入の上、
forum[a]genron-npo.net  までご返信ください。
何卒よろしくお願い申し上げます。

===【言論NPO】3月27日(日)お申込みフォーム===
お名前       (                      )
フリガナ   (                      )
PCメールアドレス  (  )
ご所属   (      )
部署・お役職   (  )
お電話番号   (  )

【3月27日(日) 地球規模課題対話「ワールド・アジェンダ2016」】
   (    ご出席   ・    ご欠席  )
[PR]
by yukiko_sakaida | 2016-03-01 21:30 | 学術交流

緊急討論会「アメリカ大統領選の行方とアジアの将来」 

※定員:200名/日英同時通訳
日時 2016年3月16日(水) 14:00~17:30(開場:13:30~)
会場 ホテルオークラ東京 別館 地下2階「アスコットホールⅡ」
    東京都港区虎ノ門2-10-4 
内容 14:00~15:30 第一セッション「アメリカ大統領選の行方とアジアの将来」
15:45~17:30 第二セッション「北東アジアの平和的な発展と日本の役割」
参加費 無料
パネリスト
◇海外からのジャーナリスト
   デビッド・ナカムラ(米「ワシントン・ポスト」ホワイトハウス担当記者)
   デビッド・フェイス(米「ウォールストリートジャーナルアジア版」論説委員)
   オレン・ドレル(米「USAトゥデイ」国際情勢担当記者)
   マイケル・デン・タント(カナダ「ポストメディアグループ」コラムニスト)
   デビッド・ムンク(英「ガーディアン」アジア太平洋地域国際ニュース編集者)
◇その他パネリスト
   グレン・S・フクシマ(米国先端政策研究所上席研究員)
渡辺靖(慶應義塾大学SFC教授)
宮本雄二(宮本アジア研究所代表、元駐中国大使) 他調整中

※お席に限りがありますので、参加者多数の場合は抽選とさせていただきます。参加者の皆様には、3月9日(水)以降にメールで確認証をお送りいたします。何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

【3月16日 緊急討論会「アメリカ大統領選の行方とアジアの将来】
http://www.genron-npo.net/society/docs/160316_journalist.pdf

ご参加いただける方は、下記お申込みフォームにご記入の上、
forum[a]genron-npo.net  までご返信ください。
何卒よろしくお願い申し上げます。

===【言論NPO】3月16日(水)・27日(日)お申込みフォーム===
お名前       (                      )
フリガナ   (                      )
PCメールアドレス  (  )
ご所属   (      )
部署・お役職   (  )
お電話番号   (  )
【3月16日(水) 緊急討論会「アメリカ大統領選の行方とアジアの将来」】
   (    ご出席   ・    ご欠席  )
[PR]
by yukiko_sakaida | 2016-03-01 21:28 | 学術交流