<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第8回日韓中国近現代史研究者交流会開催のお知らせ


 今回で第8回目になる日韓の中国近現代史研究者交流会を、以下の会場・日程・内容で開催致します。参加を希望される方は、11月30日までに下記の「プロフィール」を添えて関智英(tomohide52#hotmail.com)までお知らせ下さい。多くの方々のご参加をお願い申し上げます。

◎「プロフィール」について(冊子体の『会議資料集』を作成して掲載します)
・使用言語 中国語(繁体字 Ming Liu)
・内容 氏名(ローマ字表記を加えて下さい)
1.研究課題與方向(現在取り組んでいる課題、将来取り組みたい課題、20文字以内)
2.寄與交流会的期待與希望(交流会に対する期待・希望、100文字以内)
3.主要研究成果(3点以内厳守、日本語のものには中文訳を併記して下さい)
4.所属単位
5.公開可能なメールアドレス(任意)

【例】
上田 貴子 (UEDA TAKAKO)
1,東北亞的華人華僑, 從商人的活動來看中國東北城市社會變化,女性在滿洲的生活歷史
2,我希望與韓國學者討論東北亞、中國的歷史,即以亞洲來為視點的世界歷史。我剛開始研究女性在滿洲的生活歷史,希望構成這方面的研究網絡。
3,
(1)「東北アジアにおける中国人移民の変遷 1860-1945」蘭信三編著『日本帝国をめぐる人口移動の国際社会学』不二出版,2008年(〈東北亞中國移民的變遷1860-1945〉,蘭信三編輯《從圍繞日本帝國的人口移動來看的國際社會學‧緒論》不二出版社,2008年)。
(2)「奉天―権力性商人の成立」安冨歩、深尾葉子編著『満洲の成立』名古屋大学出版会,2008年(〈在奉天經濟界權力性商人的成立〉,安富步編輯《滿洲的成立》名古屋大學出版社,2008年)。
(3)「哈爾濱の日本人――1945年8月-1946年9月」山本有造編『満洲 記憶と歴史』京都大学学術出版会,2007年(〈哈爾濱的日本人 1945年8月-1946年9月〉,山本有造編輯《滿洲 記憶與歷史》京都大學學術出版社,2007年)。
4,近畿大學文藝學部 准教授
5,uedanota#kindai.ac.jp

◎その他
・参加費は4000円です。(昼食代・懇親会費込み、懇親会、昼食不要の方は申込時にお知らせください。)
・会議での使用言語は中国語となります。
・何かご質問がありましたら、関智英もしくは小野寺史郎(sonodera#mail.saitama-u.ac.jp)までお問い合わせ下さい。

第8回日韓中国近現代史研究者交流会

日時 2018年1月7日(日) 10:00~17:00
会場 財団法人東洋文庫
http://www.toyo-bunko.or.jp/about/access.html

プログラム

10:00 開会
セッション1 政治・国際関係
久保茉莉子(東京大学大学院人文社会系研究科研究員)「中国近代法の成立過程――刑事司法制度を中心に」(20分)
朴尚洙(高麗大学校史学科)「近代転換期韓国人の対中国認識の変化とアイデンティティ構築」(20分)
討論(30分)

休憩

セッション2 経済・社会 11:30-
朴敬玉(日本学術振興会外国人特別研究員)「近代中国国境地域社会の変遷――間島地域を中心に」(20分)
李昇娥(漢陽大学校大学院博士過程)「1950年代中国の食糧統制政策と中国糧食公司」(20分)
討論(30分)

昼食

セッション3 研究動向 13:40-
小野寺史郎(埼玉大学)・今井就稔(群馬大学)「2016年の歴史学界:回顧と展望(中国近代・現代)」(各10分)
文明基(国民大学校韓国歴史学科)「2016年韓国の中国近現代史研究の回顧」(20分)

総合討論
閉会式 -17:00
[PR]
by yukiko_sakaida | 2017-09-10 18:55 | 学術交流

第4回アジア・中国学術交流会

第4回アジア・中国学術交流会を行なわせて頂こうと思います。
詳細は以下の通りです。



日時:10月7日土曜日 15時00分~17時30分
場所:新潟大学「ときめいと」
   *新潟駅(南側出口)に直結
    https://www1.niigata-u.ac.jp/tokimate/shisetsu.html

報告者:佐藤若菜氏(新潟国際情報大学 講師)
報告演題:中国貴州省におけるミャオ族女性のライフコースの変化
     -母娘関係に着目して
※会の終了後、懇親会を予定しております。


会の紹介:
本会は新潟近隣で中国やアジアに関連する学術分野
(現在の参加者は、歴史学や社会学、文化人類学、社会科教育など)に
関心のある者が集まり、2017年1月から始めた学術交流会です。
第1回 木下光弘(敬和学園大学 講師)
「考古学研究と少数民族統治-内モンゴル「紅山文化」を中心に」
第2回 鈴木未来(新潟医療福祉大学 講師)
 「現代中国における福祉専門職の位置づけ-福祉施設での聴き取りから」
第3回 吉田涼作(合図若松ザベリオ学園高等学校教諭)
 「世界史によるシティズンシップ教育-外国の教科書を用いて」

「中国」や「アジア」をキーワードにした研究に取り組まれている方々や
 ご関心をお持ちの参加をひろくお待ちしています。
※本会に興味関心をお持ちになりそうな方が周りにいらっしゃれば、
  ぜひご紹介ください。


問合せ先:木下みつひろ  m-kinoshita#keiwa-c.ac.jp
             ℡:0254-26-3636(職場)



何かございましたら、木下までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。


アジア・中国学術交流会幹事
木下みつひろ
[PR]
by yukiko_sakaida | 2017-09-05 00:42 | 学術交流

盧溝橋事件、南京大虐殺事件から80年 日中国交正常化45周年「記念講演会」


 今年は、日本国憲法施行70年、日中国交正常化45周年、日本による侵略戦争を中国全土に拡大する契機となった盧溝橋事件から80年、そして南京大虐殺事件から80年目の重要な節目の年にあたります。日本侵略軍が中国で犯した最も残虐非道な行為と言われている「儘滅掃蕩作戦」が行われた地を訪れ調査を続けてこられた姫田光義先生をお迎えしお話しを伺います。  どなたでもご参加頂けますので多数ご来場下さい。

 日時:2017年10月8日(日)
午後2:00開会
 会場:兵庫県私学会館206号室 
  JR/阪神「元町駅東口」を北へすぐ

「楽器演奏」        
  ひょうたん笛演奏・橋本例子さん ピアノ・村上数枝さん

記念講演:今、戦争と平和の岐路に立ちて―撫順から平和と日中友 
        好の未来を考える―撫順を「世界記憶遺産」に登録する意味
   講師:姫田光義 中央大学名誉教授(神戸市出身) 
         撫順の奇跡を受け継ぐ会代表・「再生の大地」合唱団長
         NPO中帰連平和記念館理事
         著書:「もうひとつの三光作戦」「『三光作戦』とは何だったか」など
資料代:1,000円

主催:日本中国友好協会兵庫県連合会
    〒658-0072 神戸市東灘区岡本1丁目14-10 岡本住宅ビル3F
    Tel&Fax:078-412-2228  mail:okmt50#nicchu-hyogokenren.net
[PR]
by yukiko_sakaida | 2017-09-05 00:40 | 学術交流